情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-19-Sat-20:56

夏場所・7日目

海鵬の動きが良いです。右上手で重たい大真鶴を這わせました♪これで5勝2敗。
白乃波もなかなか良いんだよねぇ~。
気になるのは隆乃若。4日目に国技館で聞いた「どすこいFM」で隆の鶴親方が解説として出てまして、やはり元気が無いと心配してました。具体的にどこが悪いのかとか細かいことは言ってなかったけどね。

幕内中継のゲストに栃東が登場。「どすこいFM」で3日目の放送に出演し、既に解説デビューはしております。その時も凄く喋ってました。淀みなくスラスラ綺麗な東京弁で喋るため、メモするの大変だったんだから。
2007-03-25-Sun-23:43

春場所・千秋楽

これより三役だけ移動中の車内でラジオ。と言っても買い物のため乗ったり下りたりの繰り返ししてたから全部は聞いてないの。結びまでに家に帰ろうと思えばできたけど予定変更して生活必需品の買い足しにうろうろしてました。
結果的にリアルタイムで映像見なくて良かったかも。急いで家に帰ってあの相撲じゃなぁ~・・・・ヽ( ´ー`)ノ

とりあえず、感想としては・・・・

2007-03-24-Sat-20:17

春場所・14日目

白乃波の左肩にあるテーピングがまた大きいものに戻ってました。立合いで踏み込みはしましたが栃栄の突き押しに後退。丁度テーピングをしている部分を何度も押されたし、左肩を気にする仕草が見られたので結構我慢して取ってるっぽいな。
豪栄道が高見藤に勝って11勝目。高見藤が諸手でふんわりと立つところに頭から突っ込む豪栄道。立合いのスピードがまるで違います。勝負がついた直後の気合たっぷりな表情も良いねぇ。

里山:叩かれても自分でも不思議なくらい落ちない。押し相撲で決めようという気は無い。立合いに集中。言葉で上手く説明できないが何か掴んだ気がする。優勝よりは入幕を。優勝を意識するというのがどういうことか良く分からないσ(^◇^;)
今日は光法の注文にさっくりはまってしまいました(T-T) 里山は3敗に後退し、豪栄道と星が並びました。明日の対戦がまだ発表になってないのですが、豪栄道との直接対決見たいなぁ~。

海鵬負け越した(´-ω-`)
寶智山は7勝7敗で明日に望みを繋ぎます。

2007-03-21-Wed-18:59

春場所・11日目

豪栄道が勝ってたわぁ~。でも映像見たら内容悪かったにゃ(^_^;) あの叩きをこらえようと宙に浮いた光龍にびっくり。
里山は再三皇司の叩きを堪えたのですが、結局左廻しが取れなかった。右ひざにテーピングが見えるけど、大丈夫かな?

中入り「小兵力士」
北葉山、旭国、鷲羽山、に続いてやっぱり出ました舞の海。でも紹介に使われた取組はまた曙戦。NHKなんだからこれ以外に取り組み映像持ってるでしょという思いと、今の曙がアレなだけにもう流すのはやめてよという思いと、でも舞の海がブレークするきっかけになった一番だからこのチョイスで正解かもしれないが、なんか、こう・・・ね。足取りや切り返しで勝った相撲の方が「技のデパート」という紹介に合ってたんじゃないかにゃー。
2007-03-16-Fri-19:56

春場所・6日目

再十両の白乃波が今日も勝って4勝2敗。相撲は見れませんでしたがなかなか順調ですねぇ~。
豊響-琉鵬の一番は、琉鵬の寄りに豊響が突き落としで応戦し微妙な倒れ方。
刈屋:向正面の溜まりに座ってるお客さんが右手上げてましたんで。お客さんが物言いつけても物言いにはならないのですが、それほど微妙な一番でした。
録画を見直したけど手を上げたお客さんは発見できず。

豪栄道が高校の大先輩・栃栄を押し出して6連勝。左の廻しを取るとすぐ出し投げを打って栃栄の体を崩し右から押し出しました。良いよ良いよぉ~♪

2007-03-15-Thu-19:52

春場所・5日目

今場所初めて見た白石改め白乃波。左肩を痛めてテーピングしてるのね。左を差して右は上手を狙うが取れない。旭南海に頭をつけられるが腰を振って廻しを切ってから押し出し。上手さを見せた一番。
豪栄道は片山の突進を受けて上半身が少しグラついたように見えたが足元は動かず。片山の勢いを利用してあっさり叩きこんで5連勝。このふてぶてしい態度は稀勢の里じゃなくドルジっぽく見えるのは私だけでしょうか(笑)
隆乃若に初日が出ましたよ。北勝力のツッパリが空振りし後ろに回り込んで優しく送り出し。
北桜の当たりが強くて前褌が取れなかった海鵬ですが右に体を開いて突き落とし。海鵬は今場所も体がよく動いてる。むひょひょひょぉ~♪
里山は長身で懐が深い寶智山と。里山が低い立ち合いから前褌を狙って手がかかるんだけど寶智山が何度も切って突き返す。里山がしぶとく回りこみながら勝機を探る。寶智山の右腕を取ってとったりから正対しようとその場でターンした寶智山の後ろについて送り出し。寶智山も背の低い里山をよく見て取ったと思うのですがすばしっこさでは里山が上かな。
あと、里山ってお辞儀する時に両手をお尻にまわすのね(笑)
十両の勝ちっぱなしは皇司、豪栄道と里山です(*^_^*)

RREVHOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。