情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-22-Sun-23:58

名古屋場所・千秋楽(後)

ドルジを2場所連続で破ったことが評価されて殊勲賞受賞の安美錦。雅山の諸手をまともに受けながら左差しを狙うもうまくいかず右を差して深く廻しを取って頭をつける。左もおっつけながら前回しに手がかかり、下手捻りを見せながら前に出たが下がりを掴んでいた雅山の突き落としに屈す。安美錦が徐々に形を作っていただけに悔しいわぁ~(>_<)

琴光喜が土俵に上がり、勘太夫が四股名を呼び上げると館内から琴光喜コール。今日はタイミングが早いな。場所の前半は彼の性格を考えてか静かに見守るスタンスの客が多かったのに後半はもう我慢できなくなっちゃったのね(笑)
稀勢の里が存在感を見せた一番。何故三賞の候補にあがったのかよくわからないのですが、今日は左右のおっつけがとても強かったです。勝負がついたあとの稀勢の里の背中。表情はわかりませんでしたが背中に「どうだ!」と言わんばかりの気迫が見えました。立合いに頭同士でぶつかった時の衝撃音にしびれたわ。あの鈍い音がたまらんっっ。
北の富士:まだ終わったわけじゃないからね。気を取り直して四股でも踏んどった方が良い。
花道を引き上げる琴光喜がタオルで顔を覆う。泣くな!んもー。ドルジが負けて決定戦になる可能性がまだ残ってるのに完全に諦めちゃった様子。そういうところがやっぱり琴光喜ヽ( ´ー`)ノ


スポンサーサイト
2007-07-22-Sun-20:40

名古屋場所・千秋楽(前)

地上波が始まる前に必ずニュースが入ります。その中で、審判部より理事長へ琴光喜の大関昇進を決める理事会召集の要請があったというニュースが流れてきましたよ。こりゃめでたい。ひょっとして琴光喜優勝フラグ?いや、それはちょっと・・・。

2007-07-21-Sat-21:02

名古屋場所・14日目

豪栄道11勝目をあげました。左の張り手はヒットしなかったけど右四つで保志光の横につくとあっという間に前に出て切り返し。幕内が更に近づいた。
境澤がまた勝ったよ。明日も勝ったら十両に残れますね。
旭天鵬が3敗に。若麒麟の変化に一度はついていったけど、若麒麟の方が腰が備わってた。一瞬間が空いたけど先に攻めて押し出し。
岩木山は2敗をキープ。豊桜の諸手に立合いまけしたがツッパリで応戦。豊桜も気迫が凄いので岩木山が吹く場面も。豊桜の引きに乗じて岩木山が腕を抱えながら前に体重を浴びせて寄り切り。力水をつけるために土俵下に下りた岩木山は花道の奥から見つめる付け人に頷いてました。

12勝2敗:岩木山
11勝3敗:豪栄道、旭天鵬

2007-07-20-Fri-21:44

名古屋場所・13日目

玉力道に遅れて立った白乃波。左を巻き替えてさぁこれからというところで足がついていかず。また白乃波の膝がカクンと落ちたぁ~。怖いよ。
1敗の旭天鵬は豪栄道と。豪栄道が前褌狙って低い立合いから両差し。旭天鵬は一度後退するが左上手を取って残す。その間に両廻しを取っていた豪栄道が左から一度投げで崩しての右下手投げ。2人とも倒れましたが旭天鵬が少し先に落ちたので豪栄道の勝利です。
将司を睨みつけ、威圧する岩木山。将司が右から張り差しにくると岩木山はラクに左を差して一気の出足。

十両の成績上位者
11勝2敗:岩木山、旭天鵬
10勝3敗:豪栄道

2007-07-19-Thu-23:52

名古屋場所・12日目

白乃波は勝ったけど勝負がついた直後にしかめっ面。腰痛いのかな・・・。でも霜鳳の横に着いて攻め方はGOOです。
岩木山10勝目。諸手で立ちましたが若麒麟の変化に距離が開いてしまいます。若麒麟の喉輪攻めも平気な顔して叩き込み。ベチャッって強い叩き込みでした。

2007-07-18-Wed-22:38

名古屋場所・11日目

左肘を怪我した境澤が再出場。全くといって良いほど使えない状態なのに強引に勝ちをものにしました。
安壮富士が変わり気味に上手を取りに行き出し投げで白乃波に勝利。
白馬に対して突っ張りを選択した若ノ鵬。でも下手だから段々的を狙えなくなって引いて自滅。白馬が二本差して逆転勝ちです。若ノ鵬は突っ張りを覚えたいなら部屋の大先輩・浜風親方(五城楼)に教わってきなさい。むしろガバッと簡単に上手取りにいく相撲より突き押しやらせた方が良かったのかもしれないという考えがよぎってます(^_^;)
旭天鵬は余裕の勝利。早く幕に帰っておいで~。

HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。