情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-19-Tue-23:59

初場所・10日目

平日で満員御礼は出ませんでしたが、割と客は入っていたと思います。
全体的に騒がしかったかな。一見さんが多い日だったのかも。
力士弁当は今場所で最後となる千代大海弁当にしました。
スポンサーサイト
2009-11-20-Fri-22:29

九州場所・初日-3-

魁皇しか見てないと揶揄されちゃう九州場所のお客さん。噂どおり魁皇大好きでしたよ。他の力士達は九州出身だとアナウンスされれば拍手する程度。豊真将は人気がある方かも。あと、幕下に落ちた双大竜も結構拍手を貰ってました。彼の出身は福島なのですがw
垣添の応援団は手作りの幟を持って桝席の間を走り回ってました。その盛り上げ方はどうかと思うよ。
1115-6.jpg 1115-5.jpg
西側からの観戦だったので、協会ご挨拶はこの向きで。
2009-11-16-Mon-21:47

九州場所・初日-2-

地方場所の良い所って入り待ち・出待ちがやりやすいこと。
2009-11-15-Sun-23:35

九州場所・初日

早起きして飛行機で行ってまいりました。
1115-1.jpg
2009-01-11-Sun-21:09

初場所・初日

日帰りで国技館へ行ってきました。

最近始まった親方握手会。私が国技館に着いた時にはもう整理券の配布は終了してました。整理券配ってたのは知りませんでした。9時半くらいだったかな?これでは朝早くに来た人しか握手できないよね。200円ちゃんこみたいに時間を決めて並ばせれば良いじゃない?と思うのですが・・・。



2007-08-10-Fri-21:21

夏の思い出~仙台場所2

070804-4.jpg稽古
十両力士のぶつかり稽古で保志光に胸を出した安馬。簡単に土俵を割らず、ちょっといじわる。でもこれくらいやらないとネ。
保志光の廻しは昔懐かしい四股名が書かれたものでした。朱色の墨で手形を押しただけのものとか最近とんと見なくなりましたなぁ。
ぶつかり稽古は豊響が一番元気でした。力余ってた?(笑)ぶつかる前に気合と勢いをつけるために廻しを両手で叩くんですが、豊響のは誰よりも力が入ってて気持ちよかったです。ぶつかり方も本場所で見るのと同じ感じでまっすぐに。稀勢の里はぶつかり用の体力が残っておらずヘロヘロでした。
北桜は土俵に上がらず、桝席の間にある通路をうろちょろ。写真撮影やサインをするためにうろついてたとしか思えない(笑)
土俵に上がる前に、1階席の後方にあるスペースでじっくりストレッチをやっていたのは岩木山と海鵬。
琴欧洲が土俵の縁を使って腕立て伏せ。それを見た千代大海が琴欧洲の足を持ち上げるイタズラ(笑)千代大海は十両の力士に胸を出した後割りと早くに引き上げてきました。
申し合いでの豊真将はまだワンテンポ遅く、腕を高々と上げてアピールしてるわりに買ってもらえません。後半に白鵬とやらせてもらえて良かったわ。ぶつかりは寶智山と組んでました。
高見盛は相変わらずいじられ役。申し合いで買ってもらおうと近づく力士が高見盛の顔や喉輪を押すので高見盛は相手をうまく指名できないんです。2階席からは誰がいじってたのかよく見えなかったのですが高見盛が何やら大声出してたのは聞こえました。あーまたいじられてんなー・・・ってくらいにしか思ってなかったんですけどその様子が新聞記事に。もうそろそろこういういじり方すんのやめようよ。
仲が良い雅山と豊ノ島の2人は稽古を切り上げるタイミングも一緒。

070804-5.jpg  070804-6.jpg

HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。