情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2002-09-25-Wed-11:02

私は何故相撲が好きなのか?

「最近のお相撲って面白くないよね?」
千秋楽の日にある人から言われたこの言葉が頭から離れません。私が相撲好きであることを公言し、専門誌を定期購読してるだけでなく自分で大相撲関係のサイトも持っていることを知っててよくそんなあっけらかんとした表情で言えるわね。しかも今私は中継を見ている最中なのよ。ゴルァ!という思いは置いといて。
スポンサーサイト
2002-09-15-Sun-11:03

生輝

「夢メッセ」で、ベガルタ仙台のテル、ポイチ、ザイのトークショウ(「ウ」がポイント(笑))に行ってきました。
いや、別に行くつもりじゃなかったんですけど、ラーメン食べた後やることが無いしたまたま会場のそばを通りかかったのでぷら~っと行ってしまったのです(^_^;)
旅行代理店によるイベントの中の企画だったので、トークの中身は旅にまつわる話。MC2人の進行が上手ではなかった為テルはすぐに飽きてしまい、隣のザイと勝手にお喋り。ま、いつものことなんですけど。
2002-09-14-Sat-11:04

ベガルタvsマリノス

 やってきました、逆天王山(笑)2連敗中のチームの対戦でございます。前節の浦和との試合はまぁまぁ調子が上がってきてる感じだったそうなので、今日もなんとか頑張ってほしい!対するマリノスはウィルが監督とケンカしてベンチ入りしてないし。これで負けたら自信喪失しちゃいます。
2002-09-13-Fri-11:05

心配事。

 十両の取組にて。隆の鶴対北桜。ダラダラと時間だけが過ぎていきなかなか勝負がつきません。ヘトヘトになりながら追い込んだ土俵際、1度目の取り直しでは北桜が張り差しにいくも隆の鶴が攻め込み、土俵際まで持っていったが隆の鶴の足と北桜の倒れる体が同時と見てまたもや取り直し。合計3度目となる取り直しでやっと決着がつきました。もっとキビキビ動いてくんないかなぁ~?途中で飽きてそっぽ向いてしまいましたわ。
 休場明けの寺尾は春ノ山との一番で初日を出しました!良かった、良かった(*^_^*)寺尾が土俵に上がった時のフラッシュの光といったらもう。人気の高さがわかりますよね。勝ち越し目指して頑張ってください!といってもすでに3敗2休。残り9日間を7勝2敗ですごすのはちょっと・・・・・。
 ご贔屓の五城楼は安美錦と対戦。土俵際で上手くかわされ送り出しの●。なんかなぁ~。やっぱ体調悪いのかなぁ~。心配だよぉ~。安易に叩きにいく場面が多いです。ううう。他の郷土力士は伊達錦、朝花田、畑山が3連勝中です。
 大関陣では、千代大海がフライングぎみの立会いでしたが、そのおかげで(?)闘牙を一気に土俵の外へ押し出しました。魁皇は土俵際の逆転で貴ノ浪に負け。もう2敗だよぉ~。親方の為にも頑張るって言ってたじゃんかぁ~。一昨日なんかいい表情してたのにぃ~。朝青龍は高見盛を押し出して6連勝。高見盛はまたしても白星お預けです。今場所は苦しいのぉ~。でもくじけるなよぉ~。
2002-09-11-Wed-11:05

4日目。

 十両の豪風vs金開山。豪風が押し込んだが土俵際で金開山が回りこんで廻しに手がかかり形勢逆転。金開山が出ると首投げぎみに豪風が身をひるがえし2人同時に土俵の下へ。身を翻し逆転を試みた豪風に流れがあったように見えたが行事軍配は金開山。そして物言いは無し。豪風は少々不満げな表情で土俵を去りました。赤房下のN親方、自分の目の前に力士が落ちてきて勝敗が良く見えてなかったはずなんだから物言いの挙手したって良かったんじゃないのかしら?確認の為の物言いも有りなんですよ。不安そうに周囲の親方を見るのはやめましょう。もっとしっかりしてください。力士がかわいそうです。
2002-09-08-Sun-11:06

9月場所初日

 ジャズフェスを見てたので、大相撲中継は幕内しか見ておりません。しかも料理しながらなのであんまし凝視できんかったっす。あうう。貴乃花の土表入りも見てないんですの。ニュースでは見ましたけど。足はけっこう上がってましたね。でも上半身の傾きは相変わらず。あれがあんまし好きじゃないんですけど・・・・。もう少し垂直にできませんかしら?仙台の星・五城楼は黒星。久しぶりの幕内ですからねぇ~。とはいえ立派なベテランの部類に入る(よね?)んですから気合入れなおして明日頑張ってくださいませ。新大関・朝青龍は危なげなく白星スタート。先場所優勝した千代大海は立会いの当たりに失敗し土佐ノ海に負け。もう黒星ですか!左肘は大丈夫そうですがそれじゃぁいけませんな。せっかくマスコミの注目が貴乃花に向いてて綱取りのプレッシャーが無いんだから最初からかっ飛ばして欲しかったな。直後に皇太子ご夫妻のお姿が映ったのですが後ろに座っていた理事長のとっても厳しいお顔も一緒に映ってましたわよ。おぉ~怖。休場明けの武双山は調子が良さそう。力を感じましたです。反対に武蔵丸は首の怪我が影響してるのか重力に逆らえないからか、動きが悪かったっす。しかも貴ノ浪との対戦はギネス級の対戦回数だというのに貴乃花の白星に全てもっていかれて消化試合ならぬ消化相撲。を~い、大丈夫かぁ~・・・・・・。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。