情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-02-28-Tue-19:15

「ユアスタ」と言ってもyourではない

ベガルタ仙台のホームである仙台スタジアムがネーミングライツにより名称が変更になります。ネーミングライツを買ってくれた会社名にちなんで「ユアテックスタジアム仙台」→略して「ユアスタ仙台」になります。
でも私は馴染みの「仙スタ」でいきます。そう簡単に直りませんって。直す気が無いというほうが正しい(笑)

チア・カードって日本代表の試合で配ってるあの青いのと同じやつかな?だとしたら欲しいじょ。
スポンサーサイト
2006-02-27-Mon-20:32

新番付(一部改)

嘉風が幕内残留ですよ♪先場所痛めた足の具合はどうですか?初場所生観戦した時は気に入った写真があなたのだけ撮れなかったのでせめて相撲で活躍するとこをテレビで見せてください。
豊真将は十両5枚目。目標は二桁勝利で幕へ。君ならできる!


安馬が東2枚目♪今場所は立合いどうするんでしょうねぇ。ここまで上がると対戦相手も百戦錬磨の役力士が勢揃いしてるので呼吸云々じゃなくなってくるかもしれませんが、本人は張り切りまくるでしょうね。そういうとこが好きだなぁ~。直ぐ下の3枚目にいる兄弟子・安美錦といっちょ暴れてくれると楽しくなる。
新小結の露鵬は早速ハマーを購入。日本の狭い道でハマー走らせるなんて迷惑なんじゃー。誰が運転するんだー(力士は運転禁止)。地方場所は宿舎と会場が遠いので車必須になるのはしょうがないですけど東京ではどうするんだろ。「傷つけないでね」なんて言ってるけど無理無理(笑)
潮丸が幕に帰ってきたので北の富士さんの機嫌も多少は良くなるはず。良くして下さい。(勝手にウッシーにお願い(笑))
琴欧州とドルジに関する記事が見当たらない。栃東と白鵬に注目するのは分かるけど、こっちの2人にも少しは注目してくらさい。でないと緊張してない琴欧州が暴れますよ。
白鵬は親方が80%以上の確率で大丈夫と言ってるんだから大丈夫なんでしょ。早く相撲が見たいな。とっちーもやけに落ち着いてるのが怖い。

新十両の寶智山はお尻の14枚目。境川部屋のブログにはできたての幟が掲載されてました。玉力道、お帰りなさい。把瑠都は何勝するのか楽しみです。

幕下の筆頭は出羽鳳と高見藤。出羽鳳は普天王の付け人なので名前だけは知ってるという人も多いでしょうね。私も相撲を実際に見た記憶は無いのですが。昇進スピードがドルジとほぼ同じということで雑誌に取り上げられたことがある有望株ですよ。高見藤は学生相撲出身ですが、ここまで来るのに時間かかりましたなぁ~。幕下付け出しだったのに2年もかかってます。なんで?
あと5枚目に澤井、景山は7枚目。玉ノ井部屋の渋谷が14枚目。

錣山部屋の力士が改名してました。
・高野→寺尾丸
・金澤→寺尾翔
分かりやすいとか覚えやすいとかいう次元を超えてると思うのは私だけでしょうか?親方のネーミングセンス、かなりやばい・・・・・。

お。中尾が若孜に戻してる。
2006-02-25-Sat-23:06

トリノ五輪(男子・回転)

なんと1956年の銀メダル以来の入賞
入賞者が2人も出たんだからマスコミはもっと騒げぇ~!!!
荒川静香の金メダルも凄いことだけどこっちの方が快挙なんですよ(>_<)
どれくらい凄いかというと、ん~・・・・豊真将が琴欧州を負かしちゃうくらい凄い。(えー?)
回転ってアルペンの中で最も憧れる種目です。真っ直ぐつっこんでポールを弾き飛ばす力。緩斜面でのしなやかなターン。コースの下見はできても滑ることはできないため超変拍子な現代曲を所見演奏するかのような緊張感と似たものがあります。(この例えは分かりにくいだろうな・・・・)
今回は前出の1956年の回転で銀メダルを取った猪谷さんが表彰式に出ることになってたのでなんとしても日本選手からメダリストが出て欲しかったと解説の木村公信も言ってました。猪谷さん、今はIOCの副会長なんですって。こっちも何気に凄いじょ。

孤独な個人競技ですが、今までも日本代表は毎回3,4人出てたんですね。ただ雪山を求めて世界中を渡り鳥のように移動し続けなければならないというハンデが大きいこともあり、なかなか成果が出なかった。だから有望選手1人に的を絞って強化する作戦できてました。ですが今回は「チーム」として行動することによりライバル心をうまく煽ることに成功したんだそうです。夏の五輪で競泳チームが好成績を収めたのも種目は違えど同じメダルを目指す仲間としての意識を持ったから。アルペンも同じことをやって成果が出ました。ハーフパイプのアメリカ代表達も凄く仲が良いですよね。やっぱ仲間って必要なんですよ。日本のハーフパイプの面々も見習った方が良いかも。
2006-02-25-Sat-20:00

前泊

ホーム前日はホテルへ

 J2仙台は今季、仙台スタジアムで行われるホーム試合の際、メンバー入りした選手とスタッフ数人が一緒に、仙台市内のホテルに前日から宿泊する方法を取り入れる。これまでホームでは、重要な一戦などを前に宿泊したことはあるが、シーズンを通して前泊するのは初めて。
 選手の体調を管理し、最高のコンディションで試合に臨むのが狙い。昨季までは、試合前日の宿泊はアウエー試合(一部の試合を除く)に限られていたが、「(ホーム試合でも)選手を試合に集中させたい」というサンタナ監督の強い要望に、フロント側が応えた。



ほほう。Jリーグ創世記の頃、ヴェルディがやっていたという話を聞いたことがあります。結束力を強める為だそうで。アウェーの試合ではtotoも絡むので八百長を防ぐためという意味もあって前日入りしてます。ベガルタも昨年1回だけホームで前日お泊りやりましたよ。でもたった1回だけじゃ効果は無いやねー。監督アレだったしなー。
毎回やってくれるのではれば良い流れにまとまると思う。J1時代にいたあるFWはクラブハウスの駐車場で車に乗ったままコンビニで買ったサンドイッチを朝ごはんとして食べてたという噂も流れてましたから。あと天皇杯前日の夜中に某レンタルビデオ屋でMF(今年から別のチームへ移籍)を見かけたこともありましたし。そんな無自覚な選手は一っ所に集めて指導してやらんといかんね。
この作戦が上手くいきますよーに(-人-)
2006-02-24-Fri-20:17

プレスカンファレンス

東京でカンファレンスが開かれました。夕方のニュースで映像を初めて見たのですが、監督紹介をした後はブースに分かれてひたすらマスコミからの取材を受けるだけのイベントだったようです。ヨーロッパで選手の代理人達が集ってフロントと交渉する集まりみたいだなぁ~。

うちの監督の写真を発見。
マフラーつけてます。ニュース映像ではこのマフラーをつけたままだったのはうちのサンタナ監督だけ。しかも黄色だから目立ってました。KHB(東日本放送)なんか調子にのって「ゴッドファーザーのテーマ」をBGMにつけちゃって。うん。確かにその曲似合ってる(笑)
2006-02-24-Fri-20:16

トリノ五輪(女子フィギュアFS)

しーちゃんやりましたぁ~!!!!彼女のオフィシャルサイトがダウンしかけてました。日中はなかなか繋がりませんでしたよ。

1位:荒川静香(191.34)
2位:S.Cohen(183.36)
3位:I.Slutskaya(181.44)
4位:村主章枝(175.23)
5位:J.Rochette(167.27)
6位:K.Meissner(165.71)
7位:E.Hughes(160.87)
8位:S.Meier(156.13)




15位:安藤美姫

2006-02-23-Thu-19:37

油そば

今夜の晩御飯は「ラーメン専科 めんこい」で油そば。

前は違う名前で旭川の味噌ラーメンを出してたんですがいつのまにか変わってました。でも塩・味噌・醤油を出すのは前と同じ。トッピングなどメニューを増やしてリニューアルということなんでしょうか。油そばが今のイチオシらしいので今日はそれを注文。これが美味しい♪油そばでは宝華がお気に入りなのですが、今日食べた油そばも負けてませんよぉ~。
2006-02-22-Wed-23:59

日本vsインド

これってアジア杯の予選だったのか。キックオフまで気が付かなかったよ。
寿人が入ってることしか頭に無かったもので。ってまた寿人ベンチスタートだしヽ(`Д´)ノ 出せっ!寿人を今すぐ出しやがれぇ~ヽ(`Д´)ノ
寿人が居ない代表なんて今の私は見る気がおきないのでオリンピック中継(スノーボードのパラレル大回転)とかフィギュアの再放送とか見てました。
後半の残り15分でやっと寿人。前の試合はアウェイだったのでグレーのユニでしたが今日はホームだからあの青いユニですよ。寿人カッコイイィィィィィイ!!!!ダイレクトで久保にパスを出してアシスト1個つきましたよ。素敵。喜んでたらついに初ゴールキタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!
ごめん。寿人のA代表初ゴールということでうかれてますんで今日ばかりはこのAA使うの許してください。普段はちゃねらー丸出しのガキみたいにならないよう気をつけてますが寿人だけは別腹よ。あたしゃ、テレビの前で飛び跳ねてました。背の高いDFに挟まれながらも裏を狙う動きはフィンランド戦の時よりも良かった。こぼれ球を狙ってGKに詰め寄ったりDFへプレッシャーかけようと全力疾走したりと寿人らしいプレーが見れて満足。



ヨーロッパ遠征には呼ばれませんでしたか・・・・残念。
2006-02-22-Wed-18:58

トリノ五輪(女子フィギュアSP)

注目の女子ということでNHKも地上波で生中継。これなら全選手見れる。第1グループでは技の名前、要素、加点システムなど解説をしながらの実況。我々素人に優しいNHK。有難う。
このグループのウォーミングアップで後頭部に花が刺さった人がいるなぁと思ったらフィンランドのPoykioでした。寄りの映像で見ると長い髪の毛を夜会巻きにしてたことが判明。遠くから見るとショートヘアに髪飾りをぶっ差してるように見える・・・・。
カナダのRochetteの演技をVTRで振り返りながら刈屋アナが「氷に白いコスチュームが溶けそうです」って本当に溶けたら大変だぁ~(゚▽゚*)

2006-02-21-Tue-22:32

名跡変更

相撲協会:浅香山親方が「玉垣」へ名跡変更

変えちゃった・・・・。玉垣って借りですか?それとも持ち?
浅香山の株がついに持ち主のもとへ戻ることになるんでしょうか。
これだけを読んで深読みしちゃいけないんだろうが。
本人はまだやる気あるって言ってたし。

でも。でも。
2006-02-21-Tue-22:32

男脳女脳診断

先日友達が診断したという話を聞いたのでやってみました。
私が診断したサイトはここ

結果は0ポイント。
マイナスポイントが出ると男脳、プラスポイントが出ると女脳らしいのですが、私はなんと0ポイントだったのです!
解説は以下の通り:
「あなたは、極端な考え方をせず中性的な考え方を持っており、融通が利くため、問題解決の時とても役に立ちます。冷静で論理的に物事を考える男性的な部分と、感情豊かにコミニュケーションをとれる女性的な部分を、両方持っており、また、考え方が理解できるため、異性、同姓を問わず、たくさんの友達ができます。ただし、恋愛に関してはポリシーをもって友達で終わらないように注意しましょう。」

女性は右脳で行動するから何でも感情で判断してしまいがち。基準は好きか嫌いか。善悪では無い。みたいなことを高校生の頃に聞いたことがありまして。そんな人は嫌だなぁ~と感じて気をつけてたらこんな大人になりました(゚▽゚*)
普段しっかり者にみられることが多い私ですが、初場所観戦の時みたいに仕出かすし(笑)方向音痴だし(滅)
会社に勤めてた頃は他の女子社員とノリが違うので付き合いづらかったのは確かだ・・・・。男性社員といた方が楽でよかったわヽ( ´ー`)ノ
あと一人っ子で人見知りするからコミュニケーションは下手だじょ。
2006-02-21-Tue-20:18

男子アイスホッケー・予選

やっとアイスホッケーが見れました。カナダとチェコの試合です。チェコのGK、D.Hasekが見たかったのに初戦で怪我をしてもう治療の為イタリアを出てしまったんですって。残念。でもカナダのGK・M.Brodeurが大活躍したから良いわぁ~。
第1ピリオドに3得点をあげたカナダ。立ち上がりはチェコペースでカナダのパスがほとんど繋がりません。パックが収まらないの。前の試合も無得点で調子が悪かったらしいのですが今日の試合も悪かった。なんで3点も取れたのよ?(苦笑)3点も取ったのに試合の主導権握れないってどーよ!?ゴール前でパスが繋がり崩す場面もあったが得点はミドルレンジからのシュートによるもの。
チェコも第2、第3ピリオドは主導権を握って速いパス回しや分厚い攻撃を見せてくれたものの逆転ならず。カナダの守備が良かったからなぁ~。
2006-02-21-Tue-13:38

トリノ五輪

アイスダンス・フリー
ロシアのナフカ・カスタマロフ組が使用した「カルメン」はどこのオケの演奏ですか?ハバネラってあんなにねっとりしたものでしたっけσ(^◇^;) この曲って聴き比べしたこと無いからなぁ~。また手拍子やってる人いるし。黙って見ててもらえませんかねぇ(-_-;) 自分のCDを聴いてみようと思ったら、いつの間にか売りに出してたらしい(滅)指揮者とオケが気になって気になって演技に集中できませんでした。1位の演技だったというのに。あーだめね。曲が気になって演技見れなくなるんだから私はもうフィギュアを見ちゃいけないのかもしれないな・・・・。

カーリングは決勝進めず残念でしたぁ~。前回のソルトレークでは2勝7敗でしたが今回は4勝5敗。順位も8位から7位に上がってます。それよりも地上波で放送された影響でこの競技への関心を高めることに成功したという功績が大きいです。カーリングの専用競技場が少ないので今後に繋がるかは難しいとこですけどねぇ(^_^;) 普通のスケート場ではフィギュアを楽しむ人達と一緒にやるのが難しいし、リンク整備とかいろいろ・・・・。もっと気軽に楽しめたら良いのになぁ。私もやってみたいなと思わされた1人です(笑)
2006-02-20-Mon-16:27

Olliの怪我

ハノーファーとの試合で太ももを痛めたってぇ~∑( ̄□ ̄;)
火曜日には大事なCLの試合が控えてると言うのに。
今のOlliは結構調子良かったし。
太ももの内出血とはいえあんだけ痛そうな表情してるの見ちゃうと心配です。
2006-02-18-Sat-21:22

日本vsフィンランド

Zicoの馬鹿ぁ~。練習で寿人いっぱい使ってたのにいきなり本番で変えるとはどういうことだぁ~(T-T)ニュース映像でも寿人がいっぱい映ってたし(しかもゴール決めてた)記事にも先発濃厚と書かれてたから期待してたんだぞぉ~。
今日は後半28分頃。広島で一緒にプレーしている駒野からボールを貰って隅を狙うもGKが体に当てて防いでしまった。シュートチャンスはそれだけ。前線にはりついてチャンスを伺っていたが良いクロスが入らない。寿人のプレーをもっと理解してください。代表初ゴールとジーコジャパン100ゴールの両方を取り損ねてしまったよ(T-T)
次のインド戦では是非!!!
2006-02-18-Sat-13:01

トリノ五輪(スノーボードクロス女子)

難関コースは男子より脚力が劣る女子に転倒が多く出てます。そして転倒した女子の落ち込みようが激しいよ。ヘルメット被ったままなのにションボリしてるのが凄く伝わってきます。抱き合って慰めてる光景が目に付きました。

準々決勝に15位というブービーで進出した藤森。スタートに失敗し、直後のテーブルで大きく遅れを取り4位。2位争いを繰り広げる選手2人がもつれてスピードが出せずにいるというのに藤森も慌てたのか後方で1人、勝手にバランスを崩して更に差がついた。自滅。もう駄目だと思って見ていたら最後のジャンプで2位争いをしていた選手2人が揃って転倒→コースアウト。その脇をすり抜けて藤森が2位でゴール。8人に残ることができたのでまず入賞確定。これぞクロス!
準決勝では女王ジャコベリスと同じ組。スタートに失敗。前のレースより更に悪いスタートでした。スピード出ないしし先頭はジャコベリスがぐいぐい引っ張ってスピード出るしで離される一方。途中から画面に全く写りませんでした。5位~8位決定戦に回ります。

9位以降の順位決定レースは2本続けて転倒♪選手の皆さんには申し訳無いが完璧第三者の目線で楽しんで見てました(゚▽゚*)

5位~8位決定戦。1人欠場のため3人でのレースとなります。またスタートダッシュに失敗。うううぅぅぅ。そして直後に前の2人が転倒。その隙にトップに位って欲しかったが出れなかった。別角度のカメラから見たらコースアウトしてたことがわかってDSQ。うわぁ~。勿体無い。

決勝。T.Frieden(スイス)、D.Maltais(カナダ)、M.Ricker(カナダ)、L.Jacobellis(アメリカ)の4人。スタートダッシュはRickerだったがテーブルもジャンプですすすと前に出てきたのはJacobellis。次のバンクでインを付いて先頭に。2位争いをしていたFridenとMaltaisが接触→が転倒してネットに激突。その後もJacobellisがスピードを上げて余裕の独走を続けるが最後のキッカーでグラブを入れるとバランスをくずして転倒!ほんのちょっとのミスでしたがこれでFriedenが抜き去り逆転の金メダル。アメリカ・ボード勢は全種目制覇ならず。

地上波で放送されたおかげでこの競技の面白さを知った人がたくさんできたはず。これからもこの競技をよろしくおねがいします。日本国内での競技人口はまだ少ないですから上位に食い込むチャンス大有りです。スカパーが見れる人はESPNでこの競技が見れますんでそちらもどうぞ。



スケルトンの越さんは無事ゴールできたのね。良かった良かった。順位より無傷で帰ってくることの方が大事なコースでしたから・・・。
2006-02-17-Fri-16:18

トリノ五輪(男子フィギュアFS)

今日の放送は各選手の曲目を字幕付きで紹介してました。SPでお咎めあったかな?ただ画面右下に残り時間を表示するのは興ざめだからやめて欲しかった。

1位:E.Plushenko
 最終組の第1滑走てあんた、次に滑る人がみんなカスミソウになってまう。ジャンプが一箇所2回転になってしまったが後はノーミス。ステップ踏むだけで場内大歓声。この人のトリプルアクセルは物凄く高さがあるので4回転しちゃってるんじゃないかと目を疑いたくなる完成度です。素晴らしい。サーキュラーステップの中で頭を抱えて回る瞬間があるのですが闘牛士ごっこの牛役に見えたのは内緒だ(笑)
2006-02-17-Fri-00:10

トリノ五輪(スノーボードクロス)

大雪降ってますねぇ~。ここまで多いと「何か」起きそうですね。ウッシッシッシ(笑)おまけに今回のコースは難関コースだとか。X-Gameはこうじゃなきゃ。(いやここは五輪だから)

予選の上位はFont、S.Wescot、Holland、J.Anderson、Huser、Delerue兄弟、にスペイン代表のFontなど。この人は31番スタートでトップタイムを叩き出しました。ワックス何使ってるの?
Delerue兄弟の片方は1月に靭帯断裂してるのに出場してるそうです。うへぇー。そこに立ってるだけで奇跡ですって。勝利への執念ってやつですね。

2006-02-16-Thu-03:40

トリノ五輪(男子モーグル)

ノルディック団体複合が悪天候のため明日に順延。したがってテレ朝の放送もモーグルの予選に変更。やったぁ~。ノルディックよりモーグルの方が好きぃ~♪

予選:
日本代表は尾崎、上野、附田の3人。上野は決勝進出したが綺麗に滑りすぎ。尾崎は力から言って決勝に進むのが一番の目標の子。ターンは日本人らしからぬ攻撃性がある。エアーの着地が乱れて中間部のターンに影響を及ぼしそのまま強引に滑って予選落ち。附田はスタート直後のターンの入りで失敗しリズムに乗れず予選落ち。
イタリアからは4人がエントリー。後半の2人はまずまずだが最初の2人は・・・・。W杯にも出たこと無い選手らしいから仕方ないか。上半身ブレまくりでターンの仕方から訓練し直しだなぁ~。ま、地元開催だからね。頑張れやぁ~ヽ( ´ー`)ノ

決勝はD.Begg-Smith(オーストラリア)とToby Dawson(アメリカ)の一騎打ちになると思っていたら2位にMikko Ronkainen(フィンランド)が滑り込んできましたよ。21秒87という猛烈に速いタイムで得点を稼ぎました。速さを優先させたためターン点は低かったですがエアー点はBegg-Smithよりも上。あの速さでエアーのミスが無いのは素晴らしい。着地にもなんら影響無かったし。
私が注目していたのはToby Dawson。W杯の試合を2回見たのですがどちらでも勢いがあって他を圧倒してたんです。予選では少々バランス崩してましたが決勝では集中して見事な滑り。第1エアーはアイアンクロスのダブルヘリ+グラブ。第2エアーはコークスクリュー720。攻めのターンでしたが大きなエアーを飛んだのでタイムはMikkoより遅かった。うーん。正直銅は意外でした。滑り終わった後ヘルメットを取ったら堤下が出てきたよ!!!(笑)(笑)旦那と2人で大笑い。ごめん。でも好きな選手です。
金メダルはDale Begg-Smith。カナダ生まれですが、いろいろあって国籍をオーストラリアに変えました。彼の持ち味はスムーズなターン。長い足が全く邪魔にならない美しさがあるんです。スキーの板が雪面からほとんど離れません。モーグルのウェアは膝に大きなマーカーという継ぎ宛のようなものが着いてます。ターンの動きを良く見せるためのものでして、両膝がぴったりとくっついて揃っているかどうか審判が注目する部分でもあります。Begg-Smithは膝から下の動きとてもしなやかで、足が開かないからマーカーもぴったりくっついて1本足みたいに見えるんです。だからターン点が誰よりも高かった。これが優勝の理由です。

久しぶりに素晴らしい滑りをたくさん見ることができました。うぅぅ。またスキーやりたいなぁ~。うちは旦那様がボードもスキーもやらないから雪山に行けないんですの。とほほ。
2006-02-15-Wed-16:53

トリノ五輪(男子フィギュアSP)

1位:E.PLUSHENKO(RUS)90.66
 この大会に賭ける意気込みが伝わってくる演技。得点はパーソナルベスト。しょえぇ~。もう金メダルあげちゃって良いですよ。万歳。お手上げ!
2位:J.WEIR(USA)80.00
 TBSが掲げたキャッチフレーズは氷上の王子様。(男子シングルの選手は皆さん王子様系だと思うんですけど。)まぁアメリカ人スケーターにはあまりいないタイプですな。美しい。
2006-02-14-Tue-14:18

トリノ五輪(スピードスケート男子500m)

いつのまにか1日で2本滑るルールに変わったんですね。そんなに早く終わらせたいのか(笑)
カナダのテレビ中継の解説はルメイ・ドーン。アメリカの解説はダン・ジャンセンですって。ブースも見たかった!

2006-02-13-Mon-16:01

トリノ五輪(男子・滑降)

アルペン競技は長いこと見て無いので今は誰が強いのかとかデータが全くありません。とりあえず、佐々木明は回転の選手だということはわかってるぞ(笑)

え。L.KJUSとA.AAMODTてまだ現役だったんだ!KJUSの方は今シーズンで引退だと中継で紹介されてました。うわぁ~。懐かしい。しかも国の代表で五輪に出るなんて。凄い。

2006-02-12-Sun-22:37

トリノ五輪(スノーボード)

男子スノーボード・ハーフパイプ
こちらもメダル獲得の期待があった競技ですが、予選落ち。
4人エントリーしましたが4人ともランディングや回転などどこかしら減点対象となる動きがあり、他の選手と比べると明らかに劣ってました。4人の中で一番点が高かったのは前回のソルトレーク五輪で5位に入賞した中井。その彼でも今回は36.8が精一杯。他の3人は若さが売りだったけどそれだけじゃカバーしきれないんだなぁ~。まだ普通の人間だったか。
優勝したアメリカのS.ホワイトは前評判通りの圧倒的強さを見せ付けました。予選の1本目は力抜きすぎてたけど(笑)

2006-02-12-Sun-03:56

トリノ五輪

女子モーグル予選
クレーンで選手を追いかける横からの撮影が多すぎてエアーをなかなか正面から見ることができません。コザックやスプレッドイーグルは真横から見てもつまらないんだぞー。おまけに第1エアー以降は斜め後ろからの映像になるからターンも見づらい。むぅ~。

2006-02-11-Sat-15:49

日本代表vsアメリカ代表

国際親善試合なのに会場はサンフランシスコのボールパーク。LAにサッカー専用競技場があるのに使わない。
ボールはアディダス製の公式球じゃなくてNIKE製。
でもアカデミーを作って英才教育をやってるし、
ドイツやイギリスなど海外のリーグでプレーする選手は日本よりずっと多い。
FIFAランキングも日本より上。
だが国内リーグMLSの盛り上がりはイマイチ。
しかもリーグ戦ではサッカーをX-Sportsと勘違いしてるのではとツッコミたくなる荒いプレーばっかり。
普通ならイエローが出るプレーも審判は無視。観客もブーイングしないで見てるだけ。

アメリカサッカー界はサッカーをやる気があるのか無いのか?
2006-02-11-Sat-10:02

トリノ五輪開幕

開会式はオノ・ヨーコからしか見てません(゚▽゚*)
夜にまたダイジェストやるからそっちで見てみようっと。

ピーカブ全然声出てないでやんの。歌の上手さを二の次に考えるイギリス人だからそれはアリなんですけど。私はフィル・コリンズの方が好きですわ。
あとパヴァロッティ!引退したのに出てきちゃいました。歌ってる姿を拝めただけで良いですわ。有難う。最後まで歌いきることができてホッとしました。70歳ですよ。70歳。私が東京ドームで聞いた時に比べるとはっきり言って衰えてました。でもあれより酷い歌声でもステージにしがみ付いてる人だっているのに自分の力を見極めて醜態を晒す前に引退する。その決断は正しかったんだと感じました。・・・・・って開会式見ながら考えることじゃないですなσ(^◇^;)

注目の聖火ランナーはアルペンのイタリア代表選手達で固めてましたね。流石イタリア。メダリストはトンバ・ラ・ボンバだけじゃない。コンパニオーニが懐かしかったわぁ~。


今回私が見たい競技は・・・できれば全部なのですが。BS無いので無理。1つ挙げるとすると新競技となったスノーボードのクロス。昨年の冬にスカパで偶然見かけたX-Sportsの冬バージョンでボードとスキーのクロスを両方やってたんです。それがとても面白くて。五輪の正式種目になったと聞いて喜んでおりました。ボードのクロスは日本からも女子で1人エントリーしてるのでテレビで紹介されてるのを見た人がいるかもしれませんが簡単に説明しますと、4人ずつ障害物レースをやって勝ち抜けた人が優勝。ジャンプ台やヘアピンカーブを4人で滑りぬけるんです。ボードって構えが2種類あるじゃないですか。カーブの曲がり方によって姿勢も変わってるくるのでどうしてもぶつかるんですよ。わざと狭くコースを作ってたりするとそこで絡み合って転倒します。押し合いへし合いがスケートのショートトラックより激しいです。アメリカ人が考えただけのことはあります(笑)
個人的にはスキークロスの方が好きです。こっちは両手にストックを持っているので更に危険です。
2006-02-09-Thu-20:36

か、可愛いぃ~♪

普天王のブログに載ってた嘉風の写真が凄く可愛いの。
しばらく見とれておりました。
自分のPCに保存しても良いでしょうか?
二次配布しませんからぁ~(゚▽゚*)
2006-02-06-Mon-16:20

本場所観戦記

舞の道」内の"本場所観戦記"に初場所の分を掲載しました。
まだ途中ですがご覧くださいませ。
2006-02-05-Sun-21:36

大相撲トーナメント

見ませんでした。録画もしませんでした。
だってぇ~、ブンデスの試合が見たかったんだもーん(゚▽゚*)
それに民法のトーナメントなんてインチキ生中継で見れない取り組みたくさんあるし。十両は全く見せてくれないし。みのもんたムカつくし。とにかく見た気になれないから初めから見ないようにしてるんです。

まさかドルジが優勝してるとは思いませんでした(笑)
決勝だけ見たかったかも。

トーナメントはチケット買って会場に行くのが一番楽しいっすよ。
テレビはだーめ。
2006-02-04-Sat-23:48

vs Leverkusen

開始2分半にいきなりKahnの見せ場。
左サイドから上がったクロスをパンチでクリア。低いクロスで目の前に何人か選手もいてごちゃごちゃしてましたがボールを良く見てました。流石♪
前半はLeverkusenが積極的で、中盤でのプレッシャーも激しかったためバイヤンはゲームを支配しきれてませんでした。
35分。バラックが胸トラ→左足で隅にゴール。サニョルからの速いクロスも美しかったがバラックのシュートも見事。何気なく決めてましたがあれは難しいじょ。この得点まで全く目立ってなかったバラックですが、その消えっぷりが逆に良かったのかも(笑)

後半は両チームぼろぼろ。試合前からピッチがぼろぼろだったのである程度は仕方無いのですが、ボールキープができずとにかく落ち着かない。相手に取られないようひたすら蹴る蹴る蹴る・・・。65分過ぎ位から少し落ち着いてきてたかなぁ。でもイエローが出始めて険悪に。ただ1人冷静に見つめてたKahnがさりげなくコントロールしてましたがね。
シュバインシュタイガーは決定的チャンスを3度も貰いながら全部失敗(ノ∀`) W杯は大丈夫なんでしょうね?
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。