情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-10-28-Sat-20:44

ベガルタvsモンテディオ山形(0-0)

主審は野田・・・・。
山形のプレスに苦しむ前半。これはいつものことなんで、私はあまり気にしてません。サイドの攻防で洋介がいっぱいボールに触るのが嬉しい♪洋介守備上手くなったなぁ~。この程度の成長なんて、傍から見たら代表にゃ入れないし勝利を導くヒーローにもなれないのは分かってるんだけど嬉しいんだよ。
左サイドの磯崎は佐々木とマッチアップでスピードへの対応が辛そう。
19分CK付近からのFKで非常に惜しいプレーが続けてありました。ここで点欲しかったなぁ~。やっと巡ってきたチャンスだったから。それ以外はずっと山形ペース。決定力不足のお陰で助かってるだけ。あ。1回小針のファインセーブがあったな。チアゴが凄く上がってて、直樹はDFに吸収。クマが残った広大なスペースを埋めなくちゃいけないんだけどこれクマきついっす。チアゴがもうちょい守備してほしいんだけど、やりすぎると前線に人が足りないというジレンマに陥るわけで。
25分以降だったかな?うちも少しずつ攻めの動きが出てたのは。シュートがGK正面の容易いものばかりなのが残念。今のところボルジェスに対するプレーの判断が殆どあちらのファウルになってるのは有難い。他の試合では100%ボルジェスのファウルだかんね。野田にしては良い事じゃないか(笑)
前半は最後の方がようやくダービーらしい展開。山形のサポもヒートアップしてて面白かったじょ。
ハーフタイム。勝ち点の計算なんかしてないで目の前の45分に集中することが大事と早野が最もなことを言った直後に勝ち点計算表を画面に出すNHK。あんたら事前の打ち合わせできてないだろーw

後半は山形の運動量の落ちるのが早かった。そんな指示は出てないと思うんだけど自陣に人が増えてる。
18分にユーキがチアゴと交代して入ってから洋介との絡みで攻撃が増えた♪サイドチェンジをしてほしくても無視されてしまう場面も数回ありましたがこれは去年もあったから構わない。フレッシュなユーキが動いてスペースを作り息を吹き返したベガルタ。今のうちに点が欲しいなぁ~。
37分にキンちゃん投入。これは練習で試していた形だわ。早速キンちゃんがプレスをかけて更に前へ飛び出す。ロペスから良いパス貰ったけど決めきれず。この2人って物凄い息合ってるよねぇ~。入ってすぐにこれが出るんだもんなぁ。パフォーマンスが落ちてる大柴に代えて頭から出すという手もありですぞ。私はキンちゃんが前線にはってるだけでヨダレ止まらん(笑)あー素敵。
こっから試合終了までミスからカウンターやられながらもずっとベガルタペース。1点でよかったんだけどまた取れずにドロー。

直樹が右足の付け根を押さえてたけど大丈夫かしら。洋介も足を押さえて倒れる場面があったし。みなさんあちこちガタきてますね。来年もう1チーム増える予定だから益々体調維持が大変になります。今のうちにJ1に上がった方がラクかもしれないが、上がったら上がったで代表戦のたびにリーグ戦がお休みになるから中途半端に暇なのよね。ほら、自分とこから代表選手が出ないから。リーグ戦もホーム&アウェイで2回しか対戦ないから物足りないんじゃないかなぁ。ナビスコねぇ・・・ぽてち貰えるだけじゃん(コラ)

まったり見れるJ2って魅力的だよね。

別に上がりたくないわけじゃないんだけどさぁ。今のうちはまだ準備が足りてないからさ。←この期に及んで言うことじゃ無いな(滅)
今のチームでも私は十分楽しませて貰ってますよ。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。