情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-01-Wed-10:11

相撲とことんトーク(本編):1

三瓶:3時までの予定なんですけど、ホントに3時で終わるのかどうか、不安なんですが・・・。
まずは西の横綱、相撲部監督、脚本家の内館さん。
そして東の横綱はミュージシャン、相撲に非常に詳しいデーモン閣下です。お2人の土俵入り。どうぞ!


前出の甚句会の拍子木による先導で、閣下と内館監督が会場の中央にある出入り口から入場。手に持ったマイクで話そうとするが音が入ってないので聞こえない(笑)口パクで客席の通路を通って壇上へ。

デ:マイクが入ってない・・・・あーやっと入った。挨拶しながら入ってこようと思ったのに。
三瓶:何を言いたかったんですか?
内:お子さん、お孫さんは東北大相撲部へ是非。
デ:東北大に集まってる諸君、元気かあぁ!
  そろたぁ~そろいましたよぉ~♪と(甚句を)歌いながら出てこようと思ってた。

三瓶:監督と言う紹介をしましたが・・・
内:あそこにビビリながら部員が控えてます。
  もし立合いで変化でもしようものならすぐ呼んで「チキン!」とひと言。
  人生は年取ってからいくらでも逃げることができるんだから。

デ:監督は怖い?
部員:(即答)怖いです。→さて、相撲部員が2人、廻し姿で壁際に直立不動。
        何故座って話を聞いていないのでしょうか?

三瓶:閣下には今年の初場所中日、大相撲中継の解説でご登場いただきました。
  (客席前方のスクリーンにその時の映像が流れる)
三瓶:出てからの反響は?
デ:大きすぎちゃって、今年の仕事の半分は相撲関係。
  今までも毎場所見てたけど解説が何を言ってるかまでチェックして、何を聞かれても大丈夫なようにしてる。


内館監督は直接技術的なことは指導できませんので専ら精神面の強化。ただ相撲が好きなだけでなく厳しい目を持った人に睨みをきかされてるのが相当効果があるようです。
技術面は近くの東北学院大相撲部の監督がやってくれてるんだと思います。もともと土俵を貸してもらってた仲だから。
今日も午前中の子供向け相撲教室の指導もその監督と学院大の学生さんが中心になってやってました。

仙台相撲甚句会の歌より閣下の相撲甚句の方が聞きたかったな(ボソリ)
我々素人は中継を見るとき必ず実況&解説付きで見るしそれを頼りにするのが当たり前。
でも閣下は仕事柄生中継をリアルタイムで見るのが難しいし(それでも楽屋にこもって見てたりするんだけどw) そんなの無くても自分で考えられるからいちいちテレビで言ってることなんて覚えてないはず。
なのに「○日目の取組で△△がこんなこと言ってましたけど・・」なんて聞かれるんでしょうね。

参加希望者は往復はがきで申し込む際、連絡先の他に相撲に関する質問を書くことになってました。
ここから先のトークショーはその質問への答えが随所に出てきます。

「相撲を好きになったワケ」
内:幼稚園の時、虚弱体質でいじめられっ子、トイレにも1人で行けない手のかかる子だったため
  6ヶ月で強制退園。いじめられてた私を助けてくれたのが力道山似の大きな男の子。

デ:力道山じゃないの?
内:違う(笑) 大きい男は優しいという原体験。
  家でラジオを聴いては星取表を作って、相撲の無いときは紙相撲を作って叩いていた。
  体が大きいと言うだけで男に騙され続け今日にいたる(笑)

デ:世を忍ぶ仮の祖父が旅順工科大学で相撲部だった。
  その祖父とコミュニケーションの1つとして一緒に見るとかしてた。見れば見るほど面白くなっていくから。

内:私、4歳だったんです。鏡里が理想の男。
デ:初めてそんな人に会った(笑) 会った事は無いの?
内:亡くなる直前に「理想の男でした」って手紙を出しました。
デ:NHKで番組にすればよかったのに。
内:亡くなった後で奥様が「主人が喜んでました」って本を贈って下さったの。

祖父のお話は初場所の中継の中でも言ってたエピソードですね。大学の相撲部なのに「カノウザン」て四股名までつけて取ってたお祖父さん。当時はそれが当たり前だったのかしら。
内館さんの力道山似の男の子の話もどっかで聞いたことがあるような気がするわ。

ここで鏡里の現役時代の写真がスクリーンに出てきたんですが・・・鏡里の太鼓腹を示すのにうまくない写真でした。
三段構えで綺麗にお腹がはってる写真があったはずなんだけど、あれは引きの絵だから後ろの席の人が見づらいかな。アンコ型が好みじゃない私でもあのお腹は良いと思います。

Q.廻しの長さはどれくらい?
ここで袖に立っていた相撲部員の出番。舞台に上がって実際に廻しをほどいて見せてくれました。
デ:お代官様あぁれぇ~♪
内:事故が起こらないようにね。
部員:(小声で)自信ありますから。
内:相撲部のモットーは「いつでも脱げる体にしておく」

舞台の上で背中の結び目をほどくとそのまま端を持ってくるくるくるぅ~。ホントに「あぁれぇ~」をやってくれました(笑) 人前でやるんだから中に褌締めてきてるんだろうと思いきやつけてない!寸でのところで自信があると言った体全部を披露するには至らず。
因みに廻しは購入時は6m。その後体格にあわせて切って使い、腰には4周ほど巻きつけます。素材は綿。
スポンサーサイト

COMMENT



あちゃ~

2006-11-02-Thu-08:54
内舘さんのご幼少話の頃から好きなタイプ変わってないんだ~w
SUSANさんの質問も取り上げられたのかな

私と全然違います。

2006-11-02-Thu-15:09
子供の頃の体験って強烈に残りますからねぇ~。

私の質問、話の流れで偶然答えが出てきましたよ。ラッキー♪

no subject

2006-11-02-Thu-20:14
こんばんは。
閣下の仕事が相撲関係に傾き始めているのは、見ていたらわかりませすよね。
閣下を歌手として好きな方のブログに、閣下がテレビに出るのは嬉しいが、「閣下=相撲」のイメージは、悲しいと書いてあって・・・。なるほど、なんて思っていたところでした。
続きも楽しみにしています。

no subject

2006-11-02-Thu-21:46
私が相撲にここまでのめりこんだもの、4分の1程度は閣下のおかげなので全然悲しくないですσ(^◇^;)
むしろ、相撲ファンにもっと閣下のことを知って欲しい!と思ってます。
VANVAN相撲界で連載してた頃からだいぶ年月が流れ、それを知らない人も増えてますからね。

でも閣下の歌声が好きで相撲に興味が無い人には寂しいんだろうなぁ。
そうでなくてもテレビで彼の歌を聴く機会が減ってますんで。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。