情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-10-Fri-14:45

相撲とことんトーク(本編):6

「相撲のこれから」
・人気回復の秘策
デ:大相撲というのはスポーツであり文化。平安時代から続いてる伝統文化が土俵の上で守られている。
  単なるスポーツ競技ならいらないものもある。文化だから受け継がなければいけないものもある。
  受け継がなければならないものは受け継ぎ、時代に合うよう変えるべき所を変える。どこを変えるのかが難しい。

内:全く同じ意見。何を守って何を変えるかを明確にしてないと時代の流れは怖い方向に流れる。
  煽られて協会が変えてはいけない部分までも変えてしまったらどうなるか。大衆は移り気。来なくなる。
  女人禁制。個人別総当り制の問題。土俵祭りという儀式をやめてしまえとか。見る側も煽りにのってはいけない。
  歩く日本文化の様な相撲のどこを守って改革すべきか考えないとめちゃくちゃになる。
三瓶:監督は東北大でそれを研究された?
内 :そう。原点は「何故女性が土俵に上がっていけないのか」という問題で、
  私は上がらなくて良いという考え。あれは差別ではない。それをもう少し学問的にやりたいと思った。
  結局、文化を全部開いて勉強し直すことになった。

三瓶:それがまもなく本になって出ると(笑)
デ:文化に抵触しない所で変えられそうなのは、幕内の時間帯。取組の時間を2時間位ずらしても良いかも。
  昔1回やったが生活サイクルが狂ってやりづらいからと批判が出てやめた。続ければ慣れる
  15日制になったのはここ40年ほど。それまでは晴れてる日だけ10日など飛び石だった。
  そこで考えたのが、初日を金曜日にして土・日と続ける。途中休みの日を入れて
  日曜日に終わらせられるようにしたらどうか?
  勝ってる力士は休まず取りたいとかあるだろうが、出来そう。

内:土俵の大きさを変えるという話も出てくる。かつて13尺だったのが15尺になった。二重土俵もあった。
  スポーツとして見る分には体格に合わせて土俵の大きさを変えるというのもある。
  プラス面が出れば面白い。いつ何尺に変えるのかというのも考えるべき。
  1つ崩すとあっという間に崩れる危うさも持ってるのが相撲。

デ:我輩は土俵の大きさを変えても良いと思ってる。1回花相撲で試してみればいい。
  16尺でやってみたらどうなるか。今まで押し出せてたのがまだ30センチくらいあるわけだから。


金曜日から初めて最後を金土日の3連続で終わらせるためには・・・・5日やって1日休みにするのが一番落ち着くかしら?できなくないと思うけど、15日間ぶっ続けでやる勢いが好きなんだよねぇ~。でも休みいれた方が力士は少しはラクになるかなぁ。幕下以下は更に休みが増えちゃうね。9番取る事にしちゃう?外出する頻度が高い金曜日開催を増やそうというのは面白いアイディアだと思います。

私は文化に抵触してなくても取組の流れや空気を壊す恐れのある改革は御免です。あんまり書くとトークショーのレポから外れてしまうのでまた今度。

Q.穴場はどこですか。相撲好きな家族をいつか国技館に連れて行きたいので良く見える席を教えてください。
三瓶:世を忍ぶ仮の姿で見に行かれるんですよね?
デ:人目を忍んで行く。
  (質問者は)まだ国技館に行ったことがない。子供が見に行きたいと言ってるのなら早く連れて行って。
  鉄は熱いうちに叩け。そうしたらこうなるから(笑)
→と自分を指差す。
  席はどこでもいい。とりあえず一番安い席を買って早い時間に行く。13時半とか。
  前の方が空いてるので勝手に土俵溜まりに座っても怒られない。
  目の前でやってる相撲はドスドス音がして、相撲の醍醐味が味わえる。
  そのうちそこの席の人がくる。するとまだ横が空いてるから(笑)で、ずれてずれて・・・・
  結局桝席正面で最後まで見ちゃったということが何度もある。

内:OL時代全部それ。今でもやってる人はいる。相撲協会も厳しくない。
  出方さんが来て、座布団を動かし合図をしてきたら横や後ろにずれる。お勧め
  出来るだけ早く行くこと。電光掲示板にのってるお相撲さんがどれだけ偉いかがよく分かる。

三瓶:内館さんは勝負審判の横で見てますね。
内:自分で買ってる。一番偉い審判のすぐ後ろが奇跡的に開いたといわれて手を打った。
  行く行かないに関わらずお金を払ってる。自分が行けない時はお友達に行ってもらう。
  力士が落ちてくる席。去年の9月場所で千代大海と魁皇が落ちてきてあばら骨を折った。
  隣のおじさんはぺっちゃんこ(笑)
  「これが相撲の醍醐味ですね」だって。これぞ相撲好き。

デ:土俵溜りって土俵に向かって声を発してはいけないという暗黙のルールがある。
  あそこから神聖な場所だから。
  前に観戦した時、その場所最後という呼び出しさんがいて声をかけたら隣の客に注意された。

内:子供も駄目。差別と言う人もいるが決して差別じゃない。聖域だから。あとカメラも駄目。
  力士がぶつかる時の力は1トンと言われる。それを見るにはやはり溜まり席。


私もたまにお2人と同じことやってます。関東に住む友人はいつもその手を使ってます。昔っから相撲協会は放任なんですよね。本当はいけないことだし、中にはマナーの悪い客がいてムカつくこともあります。でも溜まりなんて空席が出来ない限り一般発売してません。もともと相撲協会維持員という人達のための席なので欠員が出ない限り空かない席なんです。でも溜まりで朝っぱらから結びの一番まで15日間ずっと座って見てる人なんてなかなかいないから、ほんの一時我々もそこを味わうくらい良いじゃないかと。取的さんだってお客さんが居てくれた方がやる気出るだろうし。
だが横審が堂々とお勧めしちゃうのはまずいかな(笑)
幕下以下なんて知ってる力士なんかいないって思うでしょ。それでもいいんです。何気なく見てればそのうち好みの力士が登場してくるんだから。「この人面白い相撲とるわね」「カッコイイ」なんでも良いの。関取弁当でもつまみながら、それこそ人様の桝席でゆっくり見れるわけですよ。(サッカーのスタジアムなんて座席狭いとこが多いから食べるの大変なんだぞぉ。)でもって早い時間帯は客が少ないから呼び出し、行司、審判達の動きもチェックしやすい。普段テレビでなかなか気づかない部分を目の当たりに出来るチャンスでもあるのです。

「一番の魅力」
2人に予め色紙に書いてもらいました。
内:気配、つまり空気
デ:呼吸
内:凄い。
デ:婚約する?
内:魔女になろうかしら(笑)
  国技館のしつらえから土俵、力士のあり方、
取り囲んでいる空気など全てが見所。
デ:相撲は日本社会の縮図。役員を決めるのは自民党総裁を決めるのと同じやり方で派閥もある。
  最も違うところは呼吸。2人で対戦する形式の他の格闘技と何が違うか?
  相撲は戦う2人で始める瞬間を決める。他の競技はゴングなどの合図で始める。最も大事なのは立合い。呼吸が重要。



一見同じことを書いてるように見えたけど、説明を聞くとちょっと違うのよね。
以上、長々となりましたがトークショーの大筋です。2人とも相撲が大好きで大好き話し出したら止まりません。それこそ私が酒飲みながらサシで話を聞きたいわ。
スポンサーサイト

COMMENT



一気に読ませていただきました♪

2006-11-11-Sat-16:17
内館さんに閣下だなんて、すごいトークショーだったんですね。しかも三瓶アナだなんて、最高じゃないですか!
詳しいレポート、お疲れさまでした&ありがとうございます。
明日から始まりますね。白鵬が休場っていうのが残念ですが、盛り上がってほしいです。

有難うございます。

2006-11-11-Sat-22:40
読んでいただき、こちらこそ感謝です。
三瓶アナも随分リラックスして言葉が砕けちゃった場面もあったんですよ(笑)
白鵬の休場は残念ですが、若の里って出るんですね。
ドルジは3日以上も連続で稽古を休んだと言うし、もうよくわかりません(ヲイ)

>内:魔女になろうかしら(笑)

2006-11-13-Mon-00:34
すでに魔女の域だと思いm...

>相撲は戦う2人で始める瞬間を決める。他の競技はゴングなどの合図で始める。
>最も大事なのは立合い。呼吸が重要。

同感同感同感っ!

レポ、お疲れ様でした。ホント、こりゃ、TVじゃ出来ないわ…(笑)

いや妖か・・

2006-11-13-Mon-10:44
それは北海道に潜む輩か(笑)

ね、テレビじゃ無理でしょ。
でも全国にネットワークのあるNHKの力を利用して他の地域でもこういうイベントやるべきっ。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。