情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-25-Sat-19:13

九州場所:14日目

幕下の若ノ鵬と白石が勝ち越してる。若ノ鵬は東の筆頭だから十両昇進決定だな。BS無いので全然見れて無いんですけど、少しは相撲上手くなりました?紹介された今日の一番は懐の深さだけで勝った相撲。以前国技館で見た時の印象は怖いもの知らずが悪い方に出てそうな感じで、ちょいと心配。髪の毛フサフサで大銀杏のボリュームは欧州出身一ですな(笑)
今場所から改名した大翔山は負け越してるのか。効果無かったね。というか、何故今この四股名を復活させたのか意味不明・・・(滅) 十両は3敗の若の里が豪栄道に負けて4敗に後退。トップを行く十文字が勝って優勝を決めました。なんて地味な優勝なんでしょう。
里山が膝を痛めて休場。勝ち越しといて良かったわぁ~。場所後に冬巡業があるのに全治3週間の怪我は痛い(>_<) 地元の皆さん楽しみにしてるだろうに。
春日錦の押しに海鵬は土俵下。海鵬が隆乃若の上に落ちてしまいました。踏ん張りきれず隆乃若は仰向けに。後ろのお客さんも数人煽りを食らったみたいです。水をつけるために土俵下に立った春日錦も気にして隆乃若に謝ってました。
時間前の仕切りで寶智山がフライング。立つ気の無かった玉力道を土俵下にふっ飛ばしてしまいました。時間前でも両者の気が合えば立っても良いのがルールですが、あれはどう見ても玉力道に立つ気が合ったとは思えない・・・。でも踏み込んだ寶智山。何故?寶智山には師匠からカミナリ落としてもらわないといけないね。更に負け越して良いとこ無しじゃん(ーー;)
栃栄に中に入られないよう脇を締めて当たった嘉風が一気の出足で7勝目♪明日勝って幕に戻ろうぅ~(^O^)/

井筒親方と阿武松親方が花道奥でとても楽しそうに談笑してました。誰か、読唇術で読み取って(ヲイ)

今日は2番目の取組という極端に前の方に出番が回ってきた豊真将。今日は懸賞ついてるぅ~。是非ゲットしてください。花道奥で潮丸の後ろに待機してるところからずっとカメラが捉えてます。長いです。そのまま入場して潮丸に水をつけるために桶のそばに立つとこまでノンストップ。
刈屋:支度部屋の外の通路で立合いの稽古を入念に。昨日よりは落ち着いてると思う。
豊真将:一番一番に集中する。いつもどおり。

最後の塩でなんと豊真将への声援と手拍子が!!!うっそー。気持ちは分かるが勘弁して。
左おっつけて玉春日を受け止める。力が入ってるから今日は簡単には下がりません。おっつけでじわじわ攻める。頭もつけて良い形。左おっつけで更に攻め立てるが玉春日もそう簡単には引きません。あちらも宛がって堪えます。右おっつけで玉春日の体を起こしかけるが失敗、一呼吸置いてまたおっつけて出るとやっと玉春日の体が起きて体が離れる。そこを更に押して出て12勝!!!
やったぁ~。今場所一番の相撲だぁ~~~。・゚・(ノд`)・゚・。 もー私放心状態(笑) 立合いで押し込まれなかったのが良かった。ちょっと下がったけど今までの取組に比べたら動いた距離が全然違う。明日で本場所が終わるのが勿体無い。あと1週間くらい本場所が続いたら踏み込める立合いができるようになるかもしれません。いやマジで。どんなに稽古しても本番でやり遂げなきゃ自分の実にならないもんなんですよ。
豊真将:コールには驚いたが集中していたので気持ちは動かなかった。
     引いたら悔いが残る。我慢。辛抱してチャンスを伺い前に出ようと思った。
     12勝は嬉しい。


あ。黄緑の彼が来てる!(当ブログではこの表現でいきます)

安壮富士は豊桜の諸手をまともに受けてしまい負け越し。兄弟力士はこれで2組が負け越し。残るは露鵬か。
がっぷり四つに組んで怪力対決となった北桜-春日王。北桜がモロ出しになりそうでヒヤヒヤでした。同じ廻しの引き付けあいでもドルジ-白鵬はあそこまで緩むことはなかった。何が違うの?

音羽山親方に把瑠都の胸の当たりを押して行けとアドバイスを受けた琴奨菊。把瑠都が胸を出して立ってくるところをサッと両差しからガブリ寄り。把瑠都が肩越しに上手を持っていても止まらず攻め立てたのが良かったです。
安馬の不振の原因は腰を痛めたことにあったようです。
露鵬は勝ち越しのかかる一番。相手は出島。やるなよ。アレやるなよぉ~(>_<) と思ったら左からの張り手と斜め前方に伸び上がるような立合いで勝ちました。(ノ∀`)アチャー 廻しを取りに行ったようには見えなかったんですけどぉ~・・・・。
兄弟力士3組のうち、露鵬・白露山組が唯一勝ち越しを出しました。更に露鵬は小結の地位を守ることにも成功。稀勢の里&雅山の成績次第では・・・ってことも!?

何ムキになってるの、琴光喜ぃ~(笑)せっかく雅山をつかまえたのに振りほどかれると上体グラグラでうわづっぱり。3連敗でまだ8勝のままですよ。
稀勢の里がまた右に動く立合い。魁皇は一瞬膝が入ったが堪えて左四つ。先に上手を取った稀勢の里が廻しを引きつけて魁皇を倒しました。
栃東は右おっつけで千代大海を料理。

結びの一番は朝青龍-琴欧洲。ドルジが勝てばここで優勝決定です。相変わらず懸賞が結びに偏ってるなぁ。
黄緑の彼がまた右手で握りこぶしを作ってドルジに声援送ってる。これも彼なりのゲン担ぎなのかも。
フワッとした立合いで琴欧洲を組みとめ頭をつけます。廻しはドルジが左下手をもう取ってます。琴欧洲が出ようとする力も利用して右から叩きながら下がって左の投げ。琴欧洲に何もさせなかった、ただそれだけの相撲。ちょっと不満だけど今のドルジにはこれしかないか。
引き上げてくるドルジに手の平を向けてハイファイブを求めるファンが結構居ました。祝福の黄色い声も聞こえてきたじょ。黄緑の彼に触発されたのかなんなのか、意思表示をするドルジファンが目に付きます。

刈屋:おめでとうございます。
ドルジ:ありがとうございます。
刈屋:14日目の優勝です。
ドルジ:今日は絶対勝ちたかった。
刈屋:横綱も縁起が良いと言ってた九州で3年連続、50回記念の場所での優勝。
ドルジ:大変嬉しく思います。一番一番努力するのが大事だと思う。
刈屋:縁起が良いですね。
ドルジ:あぁ、、いいっすよ(笑)←めちゃ笑顔。
刈屋:序盤は本来の相撲では無かった?
ドルジ:そうですね。足がバタバタしたり、場所前背中を痛めたりかあった。勝ちたいという気持ちが強かった。
刈屋:中盤は上位陣が安定して優勝争いいがもつれると思ったのでは?
ドルジ:ま、一番一番勝つのが大事だから。それで優勝を味わえて嬉しい。
刈屋:後半はライバルがいなくなって寂しかった?
ドルジ:いやいや自分の気持ちがライバル。自分の気持ちに勝ちたかったし。必死です。
刈屋:20回目の優勝が近づいたが?
ドルジ:目指していきたいです。
刈屋:全勝優勝の期待もかかる。
ドルジ:気楽に取りたいです。

琴欧洲の奮闘に期待したんだけど、黄緑の彼が来てる時点でもうドルジが勝つんだと思いました(゚▽゚*) 明日は手負いの千代大海と。先場所は千代大海が勝ったけど明日はどうかなぁ~。内容良くないから誰かミソつけて欲しかったのにぃ~。ぐぐぐ。
スポンサーサイト

COMMENT



管理人のみ閲覧できます

2006-11-25-Sat-23:07
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006-11-26-Sun-01:17
>内容良くないから誰かミソつけて欲しかったのにぃ~。ぐぐぐ。

同じくちょっとあまのじゃくなファンとしては
こうも独走していくのが段々つまらなくなってきました
白鵬期待してたけど豊真将が追い上げていくかも~
誰でもいいからもう少しドキドキさせてw
ココだけの話

14日目

2006-11-26-Sun-09:22
>Kさん
勘違いです。直しときました。
今場所は間違いが多くて自己嫌悪ですわ・・・。


>ITさん
体調が悪いなりに白星を重ねていくのは凄いことなんだけど、
そろそろ15日間通してきちんと見せて欲しいのよね。
35連勝した頃の輝きをもう一度見たいの。
だから奮起させるために誰かがミソつけないといかんのです。

コメントの投稿

TRACKBACK


2006-11-25-Sat-19:34|銀河後悔日誌

相撲史上最後の横綱が、50回目の九州場所を制して自身19回目の優勝を決めたのでありました。

 今週はあまり仕事が忙しくなく、今日は14時で退勤してしまった。 すぐに帰れば幕内に間に合うが、買い物をしてから帰ると16時50分頃になった。 と言うわけで、平成18年11月場所14日目。・幕下 大翔山は3勝4敗で終えた。「大翔山」って襲名するような名前かな(失礼)。
2006-11-25-Sat-20:13|マレーシア 今日考えた事&思った事

2006年 九州場所 14日目

 14日目 「きょうの注目取組から」【解説】正面(幕内)武蔵川向正面(幕内)不知火【アナウンサー】正面(幕内)吉田賢ラジオ:岩佐英治<副音声>【ゲスト】デビッド・シャピロ【実況】ヒロ・モリタお薦めのブログ⇒贔屓力士別リンク 取り組み結果幕下以下 幕下以..
2006-11-25-Sat-20:50|道楽者の徒然日記

朝青龍V19(九州場所14日目)

 今日は私は用事があって外出したので、相撲はライブでは見ていない。今録画を見なが
2006-11-25-Sat-21:26|未知の駅ぽんちゃけ峠

【九州場所】十四日め:3勝3敗、磯部と杉田は!?

リアルタイムで中継を見ることができる日は節電のためにもビデオ録画はしません。しかし部屋は寒いので電気ストーブが足元に。今日は幕下で勝ち越しのかかる一番がたくさんあったのでちゃんとテレビの前に正座してハラハラドキドキしようと思っていたのですが実際に見るこ..
2006-11-25-Sat-21:45|バナナ山とバナナ海が待ったなし

大相撲九州場所十三日目ーそして伝説へ…

若  の 里 orzいや、まあ予想は出来たことなんですけども。また12勝できなかった…多分今場所の琴光喜こそは大勝ちする!!今場所は違う!!と騙されてしまった人と思いは同じくですよ。多分。まあ何かと琴光喜ファンと似たような思いをすることは多いのですが。最強関脇の
2006-11-26-Sun-00:21|なんでも。

強すぎです。

スポーツ ドルジさん 大相撲九州場所14日目(25日、福岡国際センター)朝青龍が琴欧洲を下手出し投げで退けて14連勝。1敗力士がいないため、千秋楽を待たずに3場所連続19度目の優勝を決めた。朝青龍は九州場所の3連覇も達成。千秋楽の千代大
2006-11-26-Sun-07:12|kojiro-railway-blog

朝青龍優勝-大相撲九州場所2006・14日目

九州場所14日目。 朝青龍が優勝を決めた。 唯一追いかけていた豊真将はこの日も勝
2006-11-26-Sun-09:09|スポーツ瓦版

朝青龍が九州場所を制覇

横綱の朝青龍が九州場所を無敗で制し19回目の優勝を飾った今場所は大関陣は白鳳が欠場し面白みに欠けた場所になったが朝青龍に敵は無く来年も朝青龍の優勝が続きそうな感じだね大関陣は普天王に栃東・千代大海・琴欧洲が黒星とダメだった        ...
2006-11-26-Sun-10:56|Kio -朔北-

青の優勝

弱者が強者を破って、座布団を投げる。これは観客の喜び。でも、今日の青の優勝による座布団の投げ込みは、観客の喜びには、見えなかった。私だけだろうか?本当に心底、相撲をしているのか?心技体とも認められて綱を張っているのか?はなはだ疑問である。
2006-11-26-Sun-12:30|日々感動!

九州場所十四日目 決めた!

幕下の若ノ鵬○{/v/}北勝岩● はたき込み ちょっと受けたけど、懐が深いね 幕下筆頭で4勝3敗 来場所十両昇進決定的{/ee_1/}若の里●{/v/}豪栄道○ 寄り切り ( ̄~ ̄;) ウーン若手にやられた大真鶴○{/v/}猛虎浪● 寄り切り 4勝目だ玉力道○{/v/}宝智山● 寄り
2006-11-26-Sun-19:01|テレビの褌

九州場所十四日目

朝青龍関が19回目の優勝を3場所連続の14日目で決めました。一方十両でも十文字関が新鋭栃煌山関を寄り切って優勝を決めました。しかし、場内は優勝決定ということに気がついていないのか拍手もまばら...十文字関は十両優勝を手土産に来場所は返り入幕。○豊真将 - ●玉春
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。