情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-10-Sun-21:37

クラブW杯 Auckland City FC vs Al Ahly(0-2)

時間が無いので後半だけ見ました。テルも途中出場だったので丁度良かった(笑) Auckland Cityを含むニュージーランドのサッカーはプロリーグじゃありません。そんなチームがこんな大会に出てくるなんて記念参加みたいであんま好ましくないと思うのですが・・・。天皇杯じゃないんだしさ(^_^;) オーストラリアがオセアニアから出たいなどとぬかすから。ったく。

このチームは、テルが言ってた通りひたすら前方しか見てません。サイドがら空きだよぉ~。テルが左サイドでボールを貰おうとしてるのに完全無視してヘナチョコドリブルからカットされて一気に形勢不利。凄い。ホントにひたすら前なのね。
でも1度だけ右サイドでワンツーからPAへ進入して相手を揺さぶる場面がありました。でもあれ1度だけ。まぐれだったのかしら・・・?どうやって前半0-0で折り返したんでしょうか(^_^;)

テルは相変わらずテルでした。懐かしいぃ~。FKやCK蹴る時のボスッという独特のキック音がたまらんっ!最初は左サイドで張ってたのを監督の指令で徐々に中央へ移動してました。でもクロスを上げる相手がいない。・゚・(ノд`)・゚・。 テルはクロスマシーンなんだよぉ~。誰でも良いから背の高い人を前線に立たせておいてくれよ。ニュージーランドなら2mmの電柱とかいるでしょ?このチームのFW全員180cm未満なんですけどぉ。1人くらいデカイのおいとかなきゃ。

右サイドでDF頑張ってた選手が1人。彼は良いと思う。

選手インタビューは勝利したアル・アハリの選手を差し置いてテルが先って何だよぉ~。どんなにテルが好きでもこの順番はいただけない。テルを無理矢理英雄に仕立て上げるのはやめて。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。