情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-12-Tue-21:32

大相撲バトン(二日目)

発案者は出人さん
初代大相撲バトンはこちら

1)平成18年思い出の一番。

●朝青龍-○白鵬@名古屋場所千秋楽
自然と何か思い出すだろうかと思ったが何も出てこず。仕方なく星取表をパラパラめくって決めました。
ドルジは先場所に右腕の靭帯を痛めての休場明け。前半は右腕を極力使わずに凌ぎながら後半の大事な一番のために力を温存。場所前は白鵬の横綱昇進ムードむんむんだったのに、ドルジがいつの間にか話題の中心に躍り出て優勝をさらって行きました。
14日目に優勝を決めたドルジにとって、白鵬は有終の美を飾るに相応しい相手。ただでさえ疲れが溜まっているはずなのにどこにそんな力を残していたんだろうかと思うような素晴らしい熱戦でした。負けたドルジがサバサバした表情だったのが印象的。
でも白鵬は横綱昇進ならず。横綱に勝てば、優勝を逃していても大丈夫だろうと思っていた大方の予想を裏切られてしまったのです。その後白鵬はあちこち痛めて年内の横綱昇進すらできませんでした。ドルジは7月~11月まで3連覇達成。
この一番が分かれ道だったみたい。

2)平成19年相撲界はこうあってほしい。

豊真将:三役定着。
里山:幕内定着。
白鵬:横綱昇進。
朝青龍:できればもう一度連勝記録を作って欲しい。


3)普段、どうやって観戦してるの?

BS入ってないので地上波+スカパーの「激戦!大相撲」で。
平日は自宅でお茶を飲みながら。レビューも同時進行で書いてます。書ききれなかった分は後で録画を見直しながら。そのため放送が始まる前に晩御飯を作り終えてます。この時期は煮物が多くなる(笑)
土日はリアルタイムで見れないこともあります。


4)まわしについて語れ。 

一番好きな締め具合は横綱・若乃花 勝の緑色の廻しです。
相手に取られにくくするため水を含ませて硬く締めた廻しは結び目も付け人ですらほどけないんじゃないかというくらいピシッと結んでありました。幅の広い廻しを6つ折にして使うからある程度厚みが出来るんですけど、お兄ちゃんが巻いてたのはあまり横にはみ出てないんですよねぇ。凄く体にフィットしてたんですよ。他の力士より1周少なく巻いてるのかと思うくらい。
貴闘力や海鵬も水を含ませて硬く締めてるんですが、同時に廻しの厚さも凄く目立つんです。分厚いとかえって取られやすくなるんじゃないのかなと思ったりなんかして(^_^;) お兄ちゃんの廻しはそうじゃなかったんだよなぁ~。

舞の海はどちらかというとユルフン。しかも長い相撲が多いから終わると一番外側の廻しは胸まで持ち上がってました。外から2周目の廻しはお腹の辺り。頭をつけて取るから大銀杏も乱れまくってて、大一番をこなした力士って感じがするんだけど舞の海にとってはそれが当たり前だったという(笑)


5)気になる力士の癖とか仕草。

舞の海が塩を持って相手を待ってる時の左手。
体パチパチ叩いたりとか大げさな動きをしない力士でしたので、塩に別れた後は割りとあっさり塩を持って早く向き直ってました。ゆったりした動作の力士が相手だとそのまま待ってることになるわけですが、その時舞の海の左手から塩がこぼれていくんです。流石に全部落ちちゃったということはありませんでしたが(笑) 「塩なんかよりこの一番をどう戦うかに集中してるんだわ♪」なんて勝手にときめいてました(゚▽゚*)

朝青龍は千代の富士っぽく腕を水平近くに持ってってからパァッと塩を撒きます。でも時間一杯、最後の塩だけ撒き方が違うことに気づいてましたか?多分塩で滑ることが無いよう気にしてるのかと。
時と場合によって撒き方を変えてる力士が他にいるかもしれません。誰か気づいた方教えてください。

そーいえば最近は安馬が自分で撒いた塩の行方を見る仕草を見てなかった。
あ。安馬といえば、塵手水を切る時の仕草で確認したくてもなかなかできないものが1つ。両手を左右に開いた状態からを中央に持ってくる時に土俵を撫でてるように見えるとこ。本当に触ってるのかギリギリ回避してるのか!?


6)さて、このバトンをどうしますか?
前回とは違う方に回したいと思います。
戯玖璃さん、しぇりーさん、ぷりとちさん、hagishihoさん、タマローさん
スポンサーサイト

COMMENT



頂いていきます・・・

2006-12-19-Tue-07:30
風邪を引いていしまってしばらくご無沙汰している間にバトンを回してくださっていたんですね。ありがとうございます~。 時間を見つけてやってみますね。年内には無理かもしれないけど・・・・

no subject

2006-12-19-Tue-10:37
全然急ぎの話題じゃないのでごゆくっりぃ~♪

no subject

2007-01-09-Tue-18:48
TBありがとうございます。
千代の富士。。。何とか取っていたとき覚えてますけどだいぶ小さかったもので・・
舞の海そういやそうだ~なんて思いながら読ませていただきました!!

no subject

2007-01-09-Tue-19:35
いらっしゃいませぇ~。
ブログ拝見しましたがtweetyさんてまだ学生さんなんですよね。
お若いわぁ~。

コメントの投稿

TRACKBACK


2006-12-13-Wed-07:57|マレーシア 今日考えた事&思った事

大相撲バトン(二日目)

大相撲バトン(二日目)相撲ネタが少ないこの時期に、相撲バトンはありがたいです。出人さんから回ってきました。因みに前回は、December30,2005こちらです。早いものでもう一年。1)平成18年思い出の一番。初場所10日目対雅山March29,2006にもエントリーしましたが...
2006-12-17-Sun-21:08|恐怖!まわし男(仮)

大相撲バトン(二日目)

SUSANさんからバトンを受け取っております。実はバトンものって初めてだったりします。1)平成18年思い出の一番。 ベタながら秋場所の○安美錦-白鵬●で。去年ドルジをも仕留めた鮮やかな外掛け。ご贔屓が勝つという予感(いや確信)が的中したのもこの取組が印象に残ってる
2006-12-19-Tue-13:06|シネマと寝言の日記

大相撲バトン(二日目)

出人さんのところから拾ってきました。相撲観戦歴1年の私ですが。私なりに書かせていただきます。1)平成18年思い出の一番。大阪場所初日【琴欧州○(寄り切り)玉乃島●】生まれて初めての生観戦の日でした。ワクワクした気持ち以上に不安がいっぱいでした。この場所の
2007-01-02-Tue-14:26|滑稽本

大相撲バトン(2日目)

1)平成18年思い出の一番。 ・野口五郎の後ろのおっぱい。・デーモン小暮閣下。・夏場所2日目の玉春日VS豊真将 頭に玉ちゃん乗っけても落ちずに勝った豊真将、これで豊真将の「落ちない相撲」というイメージがガッチリ頭に入りました。2)平成19年相撲界
2007-01-03-Wed-01:09|【Search-A's Enjoy Life】

大相撲バトン(初場所バージョン&二日目)

何故かウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2007テレビ鑑賞記へ TBいただいたのですが(^^;)恥ずかしながら当ブログもついにバトン・デビュー! 滑稽本さんより回ってきた “大相撲バトン(二日目)” を、 ネタ元である出人さんの “大相撲バトン(初場所バージョン)
2007-01-16-Tue-20:35|未知の駅ぽんちゃけ峠

【新年】大相撲バトン(二日目)

滑稽本さまから大相撲バトンがまわってきました。ご指名ありがとうございます。うちの猫の首輪の変更についての記事にTBされていましたがちゃんと設問に「まわし」についての質問が!今日はあいにくの雨でしたが楽しく回答させていただきますね。1)平成18年思い出の..
2007-01-25-Thu-02:27|奈緒の日記

朝青龍

朝青龍朝青龍 明徳(あさしょうりゅう あきのり、1980年9月27日 - )は、モンゴル国ウランバートル|ウランバートル市出身の力士で、第68代横綱。モンゴル人。本名(Dol
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。