情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-05-Fri-21:37

大相撲この1年2006

去年の暮れに放送されたのをやっと見た。

横綱意外審議委員会としてたっぷり物申してやる座談会。
参加者はデーモン小暮閣下、やくみつる、舞の海、北の富士。

全体的に期待通りじゃなかったです。1年を振り返るVTRを挿入しなくてはいけないため座談会を時間内に収めるのが難しく、結局盛り上がりに欠けた放送になってしまったように思います。私は閣下が聖飢魔IIのライブでどんだけお喋りしてきたかとか先日東北大でやったトークショーを生で聞いてきたとかがあるから余計に感じるんだろうなぁ~。くそー。
・朝青龍について
閣下:集中力を欠く場面もあったが持ち前の闘争心が他の力士と違うんだな、と。腹の据わり方の違いを感じた一年。
北の富士:他の力士は朝青龍の気迫に負けてる。
閣下:舞の海さんは稽古が足りないと言ってましたが?
舞の海:朝青龍自身、進化してるとは感じない。
北の富士:(稽古は)むしろ減ってる。
舞の海:手がつけられない状態だった時に比べると相撲が丸くなった。心配してたのが、いつかやるぞと思っていた立合い。とりあえず胸を合わせて組みますね。そこがいつかつけこまれるんじゃないかと。
閣下:(2006年)九州場所初日の露鵬戦はつけ込めない露鵬を何とかしろと言うのか、あそこからちゃんとする朝青龍を褒めるのか難しい。
やく:あのリカバリーは芸になりつつある。
北の富士:たしかに動きは速い。立合いは前ほどの踏み込みはなくなったが速い。
舞の海:みんなに聞きたかったのが「けたぐり事件」事件というか(苦笑)
やく:あり。キレの良い技を見せてもらったと喜んだ。否定する人が出るとは思わなかった。
閣下:別に反則でもなんでもなくて立派な決まり手の中にある技だし、独特の、相手がこうきたのを咄嗟に動いた結果と捉えているので。確かに横綱としては珍しい横綱だとは思うけどそれ以上の否定は無い。
北の富士:何でもやれる人だなと感じた。普通は出来ない。それと稀勢の里に対して危機感があったんだね。元横綱としてあれはやってもらいたくないなと一応言うよ(笑)

北の富士さん、「一応」をちょっとトーンを上げて目立たせて言ってました。
閣下の発言はどんだけカットされたのかなぁ~。気になるわ。あの後いろいろ言ってると思うのよぉ~。否定は無いと言ったけど、あの言い方は褒めてもいない。「立派な決まり手云々」は内館女史の発言に対してだと思うわ。

白鵬について
北の富士:期待が大きかったからね。若いよねまだね。プレッシャーあったでしょ。
やく:受けの強さが逆に出た。長所が短所になる。攻めに転じる時の瞬発力が及ばなかったのかな、と。
閣下:心技体それぞれ必要なんでしょうが、技術を見ればこの1年で最も成長したのが白鵬。本人も強くなってきたと思ってたと思う。その過信が前半で下位の力士に星を落とすことになったり萎縮した相撲になったり。自信があるのと無いのとコントロールの仕方がまだだなと感じた。
北の富士:力士としての資質はいい物を持ってる。コレだけ揃ってる力士は珍しい。
舞の海:名古屋場所での昇進。させてたらどうなってたか?たらればなんですけど。待ったかかって良かったんですかね?
北の富士:結局良くなかったでしょ。あれで昇進しとったら今頃・・・朝青龍と優勝を争ってるでしょう。
やく:黙ってても13勝くらいすると、それくらい評価してたから一場所くらい遅れてもって。
閣下:周りはみんなそう思ってたんだな。ところが本人は意気消沈しちゃった。

えぇ・・・舞の海は質問する側の人なんですか?(^_^;) 事前にコレを言えと打ち合わせしてたのかとも思える展開なのですが。三瓶アナに言わせても良いような台詞じゃないかぁ~ヽ(`Д´)ノ

三瓶:次横綱に上がるのは・・・
北の富士:白鵬しかいないじゃない。(即答)
やく:琴欧洲がね。
北の富士:あー・・・そう。
やく:どこまで元気になって・・・まだ日が浅いから。
北の富士:元気が無い。それこそ爺臭いな(笑)
舞の海:取り口が完成されて上手いなと唸るとこもあるけど面白い無いと思うこともある。右四つ→上手投げ→じわじわよってく。たまには柏戸みたいな出足・・・。
閣下:そんな急に変わるわけ無いじゃいですか(笑)
北の富士:白鵬はアレでいいのよ。そういうのは他の力士に求めればいい。
閣下:今は左の上手を取ると言うことに心が行き過ぎてるから駄目だった時の対策が無い。右からの技術を会得するといいかも。おっつけを覚えるといいと思うんだけどなぁ~。

舞様何言ってるのぉ~。自分こそ「相手の脇に食いつく→左下手→投げるor切り返し」ばっかりだったじゃないか。それ以外にもいくつかやったけど、何と言っても左が入らないと相撲にならなかった。それでもあなたはたくさん拍手貰ってきたでしょ。晩年だって土俵入りで拍手貰ってた十両力士はあなたくらいしかいませんでしたよ。面白くないなんて誰が思いますか?仮にも解説者なんですよ。自分の相撲に対する取り組み方を参考にするのは当然のことだけどそこら辺の女性みたいな自分の好み優先で語るのはやめて。お願いだから私を困らせないで(T-T)
北の富士さんは白鵬が好きなので琴欧洲のことは眼中に無かった様子(笑)
閣下が右のおっつけに拘る理由はトークショーのエントリで輪島-貴ノ花の項目を読めばわかるかと。

さまざまな話題について・・・
・露鵬、3日間の出場停止
閣下:あまり取り上げたくないけど取り上げざるを得ない話題。最近、外国からやってきた力士が物凄い速さで番付を駆け上がって、相撲がどういう競技なのか。文化としてどういうものなのかをしっかり教えないうちに関取になっちゃって教育する時間が無くなっちゃうというパターンが何か改善策があってもいいのかな。
北の富士:暴行はたらくのはいかん。昔の話だけど支度部屋ではしょっちゅうけんかしてましたよ。取り組み終わってから張った張らないとかって。そういうのオレ見てるから。土俵の上で下でもめたの・・・喧嘩両成敗だよね。2度とやらないからいいでしょ。
やく:相撲のなんたるかみたいなところってのは・・・ペースは遅いかもしれないし遠回りするかもしれないけど神妙な面持ちで彼らは聞いてると思う。いろんな意見をね。なんでこんな格好してるんだろとか。段々学んでいくとおもうんだよね。さすがに。

舞の海の発言はさっくりカット(゚▽゚*) この中で最も現役に近いのにぃ~。競技としての相撲と文化的側面のバランスをどう考えながら取っていたのかという貴重なご意見はいただけなかったんでしょうか・・・。いや、翌日の一番を無事に取り終えられるかの心配ばかりしていた舞の海にそこまで余裕は無かったかもしれません。
北の富士さんが言った支度部屋での部分は我々外野が見えないとこでならやっても良いと思います。それくらいの気性が無いとやってられない世界だもん。紳士のスポーツと言われるサッカーだって選手が頭突きやっちゃうんだよ(笑)
だが今はマスコミの猛追が激しいのでどうやってもバレてしまうんだろうな。ちと可哀想。

・ブログ力士急増。
北の富士:(ブログの説明を受けて)暇なんだね(笑)
閣下:北の富士さんだってレコード出してたじゃないですか。
三瓶:ブログ意外にも北桜が花道奥でファンサービスしたり。
やく:個性として昇華していくとアリかな、と思うようになってきた。
閣下:しかも理事長の部屋の力士というのが面白いね。

・今年活躍した若手について:スペシャルゲストは安馬
安馬を紹介するVTRでバックに流れていた閣下の曲は"LE MONDE DE DEMON"の「土俵の魂」かしらん。このCD持って無いので予想です。
三瓶:今年1年は?
安馬:いい勉強になりました。
閣下:秋場所は優勝争いに最後まで参加できたが?
安馬:横綱には負けました。まだ力が足りないのかなと思います。
閣下:ファンとして、安馬が横綱大関と対戦だと聞くと「これは面白いな」と思うようになった。期待通りの相撲なんじゃないのかな。
舞の海:立合い、変化しようとか考えてない・・?
北の富士:余計なこと言うなよ(笑)本人はまともにいきたいんだから。
安馬:立合いの音が好きなんで。良い相撲をとった後の気持ちが良い。
閣下:昔の力士のビデオを見て研究したりしてるの?
安馬:全部持ってます。
閣下:貴ノ花のどこが好き?
安馬:足腰の強さと粘り強さ。

安馬の発言だけ字幕ついてるぅ~。
ここでも舞の海のアホ発言が(/ω\) イヤン 安馬に思いっきり否定されてるし。もー泣いちゃう。・゚・(ノд`)・゚・。

安馬以外に成長した力士をあげるとすると?
閣下:稀勢の里。まともな相撲で小技に拘らない。一歩ずつゆっくり階段を昇ってるけど今年はその一段が大きくなった。三役になんだかんだいって定着してるわけで。来年は楽しみ。
やく:9月に横綱に勝った相撲を見てるとキてるな。と。早く上がりすぎたので見極めがで来てなかったが上を狙える人だと確証を得た。
北の富士:把瑠都って言いましょうかね。あの体と足腰のよさと。課題も見つかったけどね。立合い直すのは大変だろうと思う。
三瓶:直した方が良い?
北の富士:当然。
やく:変な言い方だが貴ノ浪まではいくんだろう。
閣下:(笑)
舞の海:やっぱり九州で大活躍した豊真将も。石橋を叩いて渡る取り口だが石橋を駆け足で走るようになって、型から外れてくると面白い。
やく:上で定着したら、構図も変わってくる。
北の富士:師匠と二人三脚が良いね。期待通りに弟子が強くなってくっちゅーのは師匠としてはこたえられないね。
やく:あえて琴奨菊。早くに出世してきたけど、頭打ちになっちゃう可能性もあるかと思ったががぶり寄りで新境地を見出して。古色蒼然とした味わいがある。困ったような顔つきが昭和っぽい。そこが好き。
舞の海:身長あと5センチくらい欲しいなと思うんですけど。
閣下:シリコンだ(笑)←身を乗り出し舞の海に向かって。
やく:それを補うのががぶり寄り。身長がいくらか増したような効果があるんでしょ?

琴奨菊は179センチあるんですよ。四捨五入したら180センチ。舞様より9センチも背が高いんだからこれで十分なのっ。その人その人に合った身長・体重というのがあるんです。そりゃあなたも身長が低くて辛いと思ったことがあるでしょう。でもその体で幕まで上がったんです。それで良いじゃないですか。親から貰った体を否定するのはいけません。もー駄目。舞様壊れてる⊂⌒~⊃。Д。)⊃

安馬の新年の目標:やることやってもっと上を目指して頑張りますので応援よろしくお願いします。
収録後「凄く緊張しました。」と言い両手でOKサインを作った時の笑顔がキュート♪

2007年への期待
舞の海:横綱同士の優勝決定戦
見たくてたまらない。プライドの激突。


私の記憶になる横綱同士の優勝決定戦というと、千代の富士-北勝海&若貴の同部屋横綱の決定戦なんですよねぇ~。だからそれほど見たい!!!とは思ってないです。千秋楽の結びの一番で勝った方が優勝という展開で良いです。
だってさ。横綱同士で優勝決定戦となると、千秋楽の本割りで片方の横綱が負けて星が並ぶってことでしょ。もう片方の力士は14日目までに1つ誰かに負けてなきゃいけないわけじゃないですか。それなら14連勝してきた横綱同士の結びの一番で決着つく方が良いわ。
なんか舞の海に凄い噛み付いてる私σ(^◇^;)

北の富士:白鵬の横綱昇進、日本人力士の活躍、観客動員
       若手の中に日本人の名前が出てきて明るい見通し。


閣下:年末に違うコメントが言えるように
    おそらく2人とも去年の暮れも同じことを仰ったと思う。そんな気持ちを込めて。おそらく一昨年も同じこと言ってませんか?

舞の海:九州場所の千秋楽で同じことはウンザリみたいなコメントをしたときは正直そうだな、と。

やく:優勝割当予想:モンゴル4、欧州1、日本1
   残り1枠を雅山の奮起か。稀勢の里の大化けか。ここで魁皇ら(日本人の)大関と言わないのが寂しいところですね(笑)


それはしょうがないだろう。もう役目が違うから。

収録を終えて・・・
舞の海:北の富士さんとの対戦が面白かったです。来年も頑張ります。
やく:相撲面白くてしょうがない。職場でご家庭で1日最低15分は相撲の話をいたしましょう。
閣下:番組は50分くらいだと思うが収録は3時間半やってたんだね。相撲の話はどんなにしても実に楽しい。ではまた会おう。ふへははははは。

舞様、無理に対戦挑まなくていいです。もっと自然体でお願いします。

12月の冬巡業の映像が出たー。しかもドルジと豊真将の稽古よ。きゃー嬉しい。
部屋で稽古をする白鵬の映像も出してくれました。取的同士の稽古に声かけしてました。2回目の優勝を目指して努力したいと言ってました。
スポンサーサイト

COMMENT



TBお願い

2007-01-05-Fri-23:52
SUSANさん、明けましておめでとうございます。初場所楽しみです♪

「大相撲この1年」の記事待ってました~TBさせてください。
楽しかったけど、VTRに45分、トークに45分、かけてほしいですよね。
BSで完全ヴァージョン放送してくれないものか…もう年が明けたから、ダメですけどね。
ラストの砂まみれ豊真将かわいがり映像ナイスです(笑)

やくみつる

2007-01-06-Sat-00:36
明けましておめでとうございます。
「収録には三時間半やったのだ」との閣下の発言に、「ああっ完全版が見たい」と私も思っておりました。凡百の相撲番組に比べたら満足なのですが、駆け足感は否めなかったですね。
舞様の舞上がり発言はどうしたのでしょう。あの三人の前で奇をてらおうと思っても難しいですよね。SUSANさんほどではないけれど、私も困らせないで…
豊真将が色黒で稽古映像がっぷりですごいコントラストになってましたね。

SUSANさん情報を補足して興味深く思い出しました。ありがとうございます。今年もよろしく。

no subject

2007-01-06-Sat-10:45
あけましておめでとうございます。おはようございます。
>舞の海:横綱同士の優勝決定戦
舞の海さんは、千秋楽本割りでの14勝VS14勝での取組みを優勝決定戦と言ったのではないでしょうか?舞の海さんって、ファンにわかりやすいように言い方をたまに変えてりするじゃやないですかぁ~。だからきっと、本割りで優勝が決まる事をわかりやすいように、優勝決定戦って言ったんだと思います。って私が舞の海さんをサポートしてる。(笑)これはSUSAN様のお役目のはず。

ご存知かとは思いますが、皇室の番組に舞の海さん出てましたよ。愛子様のことおっしゃっていましたね。それと、私、初めて舞の海さんのCM見ました。お風呂に入ってました。かわいいですね。

今年もよろしくお願いします。

明けました。めでたいな。

2007-01-06-Sat-10:48
>なつさん
今年もヨロシクです。
再放送の多いNHKだから、リクエストが多ければ再編集してやってくれるかも!?
閣下が初場所に再びいらっしゃるんだからありえなくないです。

>いとさん
同じ完全版でもカメラの入ってない完全版のほうがいいです。そんなん絶対無理だけど(笑)
豊真将は色黒なのに加えて背中にべっとり砂がついてたから余計にコントラストがはっきりでしたね。
今年もヨロシクです。

>Gacktohさん
本割のつもりで言ってるのかなとも考えたのですが、深読みしすぎるかと思いやめたんです。
「戦」とつけてしまっては意味が変わってきちゃいますからねぇ。
舞様は前から「決定戦」という言い方しかしてなかったし。言い方を変えてるようには見えなかったんですよ。
皇室アルバムは見てなかったです。
天覧相撲の様子が出るとは聞いてましたが舞様が出ることまでは聞いてなかったので。くそー。

座談会の感想

2007-01-06-Sat-15:43
舞ちゃんのコメントは、ワイドショー風になってきてる、と思いました。(笑)
ある種のファンには受けるかもしれませんけど、相撲話としては面白くなかったです。
やくさんの頭打ち発言、その気持ちはとてもよくわかりました。稀勢の里も琴奨菊も、わたくしはまだ信用していませんけどね。(笑)

番組としては、とりあえず、座敷に置いてあった看板を出演者の近くにセットして欲しかったです。
胡座が丸見えで、空間が寒寒として気が散りました。(笑)
お茶でも出して座卓を囲んでくれれば済むことなんですけど。
時間が足りないし、話題がぶつ切りになるのでVTRは別枠にして欲しかったです。

初日

2007-01-07-Sun-16:47
初めまして&新年おめでとうございます。

天皇杯観に行かれたのですね!国立での初観戦は数十年までになるけどわたしもサッカーは大好きです。
いよいよ、初場所が始まりました。
初日注目の市原が白星スタート。十両でも門元改め豊響が勝ちました。
今日はこれから安馬-豊真将の割も組まれているのでたのしみです。
では、またオジャマさせていただければウレシイです。

no subject

2007-01-08-Mon-08:30
>ちょきさん
そうそうそう。北の富士さんの胡坐丸見えは萎えたよぉ~。
テーブル出してたら思いっきり肘ついちゃうだろうけど、北の富士さんなら許す(笑)

>sahaさん
Diaryのほうにもコメント有難うございます♪
これからもどんどん書き込みお待ちしてます!

コメントの投稿

TRACKBACK


2007-01-05-Fri-23:54|Il quaderno d'Estate

「大相撲この1年」を見て

ええい、こうなったら年末にスポーツネタ三連投です!昨日(29日)NHkで放送された「大相撲この1年」を録画したDVDを見て、もう何度も爆笑。最近のNHkは、相撲とフィギュアに限っては、はじけまくった放送してますねー。今年の「大相撲この1年」は、面子がすごすぎ。藤
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。