情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-14-Sun-18:24

初場所・中日=2=

今日は、相撲ファンが日頃抱いている素朴な疑問を閣下が代表して高砂さんにぶつけてみよう♪という企画が根底にあるような気がしました。
例えば・・・・
普天王-豊ノ島
閣下:普天王は攻めが遅いと指摘されてる。今も左をこじ入れたとの時に出れないもんなんですか?
高砂:本当はそこで出るとこなんですけどねσ(^◇^;)

栃乃花-安壮富士
閣下:口をすっぱくして前に出ろというのは何故?
高砂:相撲は守りに入ったら勝てない。

栃乃洋-垣添
閣下:みんなも知っててあの人には左を差させちゃいけないと思ってやってて。それをまたどうやって差せるかというのは技術。
高砂:その通り。 黒海-出島
閣下:黒海が最終的に上手を取る形で出てきましたが
高砂:あれ測ってるんですよね。お互いが。
閣下:黒海の側から見たときに、いつのタイミングで上手を取りながら前に出ようかと・・
高砂:取った瞬間に出ようと。息を吸ったり吐いたりしますよね。ほんとは一息がいいんですけど今みたいに止まったら呼吸を整えてからいくわけですね。
閣下:相手の呼吸も分かりますよね。
高砂:相手より自分です。相手のことは考えないです。自分の呼吸を整える。

露鵬-雅山
閣下:ある意味相撲が開花したわけじゃないですか。なんで一旦出来る様になった事がまたできなくなるのか?
高砂:ここが不思議なんですよ。それがちゃんとできるひとは番付が上に居るんですよ。それを極めた人が横綱になっていく。


鶴竜突っ張ったが高見盛に捕まっちゃったぁ~。今場所は全くと言って良いほど目立たない鶴竜です。

豊真将が左太股にサポーターをつけて登場。俵に打ち付けたかなぁ~。
本人曰く:足はなんでもない。
また廻しが深い。右はおっつけできてない。土俵際で残ったのはエライけどそれだけだぁ~~(ーー;)
閣下:勝っても負けてもきちんと礼をするのが気持ち良い。
明日はついに頭の低さ対決、安美錦との対戦です。

「礼」つながりで把瑠都について
閣下:把瑠都があの怪我をした一番の時に、抱えられて花道を下がる時自分からちゃんと、普通なら抱えられながら下がるとこをちゃんと振り返って土俵に礼をした。あれを見て我輩は「把瑠都立派だな」と思いました。日本人だとか外国出身だとか言う人多いですけど、外国から来てもしっかりしてる人はしっかりしてるんだということを分かってあげないと。

岩佐:後半で優勝争いだぞ?と思うと二桁に届かない琴光喜。
というふりから過去2場所と今場所の成績を字幕で紹介されました。
今日は雑念を捨ててぶちかましたら時天空は胸で受け止めながらも左に動いて避けたら琴光喜が勝手に崩れた(笑)自滅です(ノ∀`)アチャー 毎場所1回はこういう相撲取りますなぁ~。
閣下:調子がいいといわれてる場所や実際に調子のいい時に上半身に物凄く力が入って、足がその速さについていってない相撲が多いんじゃないかと。
高砂:上半身と下半身のバランスが良くない。だから泳いでしまう。土俵を歩いてしまうんですね。やはり摺り足でないと。

露鵬フワッと立って廻し取れず。引いてるうちに雅山に掬い投げ。露鵬は全然力入ってないじょ。どっか体おかしいのかなぁ。高砂さんは考えすぎじゃないかと言ってましたが、過去に足とか故障個所があった時の相撲ってこんな感じでしたよね。

安美錦勝ったけど右膝痛そうぅ~。栃東も膝を庇ってて、痛々しい2人だわ。
閣下:栃東を見ていると、おっつけるのにいかに下半身が大事かというのを感じる。
大関に勝ったということで安美錦にインタビュー。お。耳にイヤホンつけてるということは・・・・閣下から質問する予定でしたが時間が足りなくなってしまい終了ぅ~。

琴欧洲と安馬がなかなか手をつかずに見詰め合うので何かやるなぁと思ったら安馬が左に変化。安馬が1場所に2回変わるのは初かな?
閣下:安馬が変わったことも驚きましたよ。貴ノ花を見習って変わりたくないということをつい先日聞いたのに。
(昨年暮れに放送された「大相撲この一年」にゲスト出演した際、安馬が変化はしないということを言っていた)
高砂:今日は上手くいきましたが、本人が変わらないと言ってるのならそれを押し通した方が良いと思います。
閣下:今場所、安馬は気の毒なこともあってとにかく勝ちたいという意識がいつもに比べてあるんでしょう。
なんか、コメント優しいぞぉ~。

安馬インタビュー。なんかバツが悪そうな表情の安馬です。
閣下:去年「大相撲こと一年」で変わらないと宣言してたのに。
安馬:変わるというより横から攻めようと思って・・・
閣下:咄嗟に?あれは変化ではないと。
安馬:一応当たって横から攻めようと思った。

琴奨菊は2回突っ掛けちゃってもーダメ。集中がキレて千代大海の一方的な相撲となりました。2回目の待ったの後の琴奨菊の顔と言ったら( ̄m ̄*) 小さくため息ついてヤバイ!!!って顔してたもんねぇ~。
閣下:立合いの駆け引きが全て。
高砂:琴奨菊は若い。千代大海は場数を踏んでる。

白鵬について
閣下:左足が回復してると聞いているが、リズムの面で左足の出が悪いなと見ている。もっと左を速く送れれば。まだ慣らし運転の段階なのかな。
今日の白鵬は、随分落ち着いてやり易そうに見えました。同じ一門の魁皇は稽古やってる回数も多いからかな。

結びの一番は大注目の朝青龍-稀勢の里
岩佐:黙って見つめていても気分が高揚してくる仕切りですね。
閣下:そういう仕切りが理想。いつ立ってもおかしくない気迫が出てくると良い。
閣下:これだけ強い横綱ですが師匠はドキドキするんですか?
高砂:私はしますね。
右で肩口を受け止め左差して右上手速い速い速い。稀勢の里も左四つ右上手の形になったが下がりながらなので突き落としっぽい動きも抵抗したうちに入らないなぁ~。サッサと西方の二字口へ運んで寄り切った。稀勢の里が足は出ていたのにしぶとく右上手を掴んでいたのでドルジが思わず駄目押ししちゃった。気合たっぷりのドルジは今場所初。
でもドルジ手刀めちゃくちゃよ。どんなもんだい!という満足気な表情はやんちゃ坊主が戻ってきたって感じ。

高砂:厳しい立合いしましたね。やはり今日は絶対こういう相撲取りたいと言う相撲が取れたのかと。
岩佐:具体的に。
高砂:相手を自分の陣地に入れないよという立合い。頭から当たりながら押す。右上手も速かった。ひきつけながら前に前に。
岩佐:3敗まで後退することは無いですから。もう20回目の優勝への形を作りつつあると。
閣下:出島に敗れた相撲を見た時にひょっとしたら2つ3つ負ける可能性もあるのかと思わされたが、段々相撲が良くなってる。もう3敗はしないなと。
高砂:中日でトップに立ったということは朝青龍ペースになった。
閣下:師匠に聞くのはなんですが、大関朝汐が朝青龍と対戦するならどういう相撲を取ります?
岩佐:もう頭からぶちかますしか無いでしょう(笑)
閣下:(笑)
岩佐:ひと言バツっと。
閣下:まだまだ後半戦見逃せないので毎日見ましょう。皆さん。
岩佐:有難うございました。
閣下:今年中にまた呼んで下さい。

最後は太鼓のBGMを重ねながら慌しい終わり方。18時きっかりに終わるのはNHKらしいけど、最後にゆっくり語る時間が欲しかったなぁ~。

あ。「また会おう。むはははは」が無かった。
スポンサーサイト

COMMENT



閣下と高砂親方

2007-01-15-Mon-15:05
こんにちは~。 昨日の解説は非常に面白かったです。いつもはさーっと聞き流す解説も(というより、よく聞き取れない事が多い)じっくり聞いてしまいました。
閣下は本当によくお相撲を知っているし、高砂親方も正直に(!?)いろいろしゃべってくれて楽しかった~。 もっと頻繁に閣下にゲスト出演していただきたいですわー。

中日

2007-01-15-Mon-15:45
いつもはよく聞き取れなかったり、あまり喋ってくれなかったりつまらない解説もありますからねぇ(苦笑)
この落差は大きいですわ。
高砂親方はいつもより饒舌だった気がします。のせられたかな?

no subject

2007-01-15-Mon-21:10
>安美錦勝ったけど右膝痛そうぅ~。栃東も膝を庇ってて、痛々しい2人だわ
なんだかケガすると本当に大変だな~としみじみ思わせるシーンでしたね
二人とも休場しないのが見つけ物みたいな感じ

デーモン小暮閣下と高砂親方いい取り合わせでしたね~
安馬の変化しようとしたんじゃなく横から攻めようと思ったっていう
インタビューが意外でしたね~おもしろい相撲心がけてる安馬だから・・・
でもそうは見えなかったw

コメントの投稿

TRACKBACK


2007-01-15-Mon-14:02|スポーツ瓦版

両国に悪魔が再降臨

デーモン閣下が大相撲の初場所が行われている両国国技館に再降臨し国技の相撲と悪魔の異色コラボレーションが実現だ悪魔は×億4×代の歳だが相撲の歴史に親方が舌を巻くほど詳しくて親方より饒舌な話術で解説が分かりやすく良かった昨年に続き再降臨だが1年1....
2007-01-15-Mon-23:18|Il quaderno d'Estate

SOIノーカット放送、大相撲中継、大河ドラマ

テレビいっぱい見ました。午後2時から6時までBSジャパンの「Stars On Ice in Japan」ノーカット版と大相撲中継をいったりきたり、晩は夕食食べながら大河ドラマ。
2007-01-16-Tue-00:03|False Start

大相撲1月場所2007:中日

体操ワールドカップファイナルをみているマイク松ですこんにちは。フィギュアスケートGPSにもファイナルがあるように、体操にもあるんですね。ブラジルで開催されているのですが、ブラジルは遠いからと世界のトッ〓..
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。