情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-15-Mon-19:12

初場所・9日目

右上手の豪栄道。光法に下手投げで振り回されましたが膝に余裕があり、何度も残します。最後は上手が外れながらも片方の手で光法を足を取って倒しました。決まり手は小づま取り。
海鵬はおかみさんが作ってくれた靴下を身につけて寝るんだそうです。足首を保護するように、指先は開いてるんだとか。若の里との一番は若の里の攻めに土俵を丸く使って逃げたんだけど前のめりの若の里に引ききれずに飛んでった海鵬。物言いの結果、同体取り直し。取り直しの一番は海鵬が左差して寄り切り。右も取れてたのかな?
寶智山が栃煌山に勝ったぁ~。寶智山は右も左も廻しが取れなかったのですが右は差した状態、左は絞って堪えました。栃煌山の出し投げでつま先が蛇の目に着いちゃうんじゃ無いかと思いましたがギリギリで踏みとどまりました。ふぃ~。
北桜-琉鵬はなんと時間前に立ちました!関取で時間前の立合いは何年ぶりですか。福田アナも北桜の気合が乗ってきたところを察知してました。四つに組んだ状態で土俵の上をぐるぐるぐるぐる・・・・。木村恵之助も負けじとぐるぐる。力士も頑張ったが恵之助も頑張った。力士の邪魔をせずうまく逃げました。良かったです。勝負の結果よりそっちが心配だったよぉ。
里山勝ったぁ~~~!!!!!
今日は幕の初口で皇司と対戦。左は差したものの小手に抱えられてるし頭をつけても起こされる。右の前褌も嫌われてなかなか十分な体勢にさせてもらえません。皇司がどんどん前に出てくるのを必死に堪えてかなり体力消耗したと思ったのですが、皇司の上手投げを右足で残して逆転の掬い投げ。皇司の上手が切れたのも良かったのかなぁ。なんにしても幕での勝利は嬉しいのだ。
刈屋:スタミナは・・・
皇司:大丈夫です。全然大丈夫です。
毎場所年長力士であることを言われている皇司。老け込んだと言われたくないというプライドが垣間見えます。

嘉風が1敗の玉乃島を一蹴。嘉風の当たり勝ち。玉乃島の体を起こすと一気に電車道。お見事。

理事長懇談会が開かれました。
・朝青龍が安定した成績を残してるので他の力士がついていけるのか?気合入って取ってましたからね。20回目の優勝は濃厚。
・玉春日が35歳と言う年齢で、体が動いてる。下がる相撲もあまり無い。

豊桜が諸手突きから横に動いて潮丸を泳がしますが、調子の良い潮丸はこれを残します。豊桜がもう一度突っ張りに行くのですが下半身が伸びきってしまい潮丸に突き落とされてしまいました。潮丸は6勝3敗。勝ち越せそうな雰囲気です。

痛めた首の影響から、まだ本来の力を出せずにいる岩木山。
舞の海:親方、今日はどういうふうに行ったら・・・?
境川:どーもこーも無いっしょ。前に出るだけですからね。
知らない方も居ると思うので念のため言っておきますと、この2人は大学の先輩後輩です。現役時代も出羽海部屋で一緒でした。岩木山は入門するか迷ってた時に舞の海が相談にのりましたし、寶智山は舞の海が早々に声をかけて入門させた力士。というわけで境川さんと舞の海はお付き合いが長いのです。上記のやりとりがちょっと冷たいように感じたかもしれませんが、2人は良く知った仲なので、気にしないで下さい。

玉春日の押しに手を宛がって堪え下がらない豊ノ島。玉春日のお株を奪うような突き押しで7勝目♪花道レポによると、左ざしを狙ったが差せなかったのでそのままいったそうです。明日は勝ち越しをかけて玉乃島と対戦。あちらも勝ち越しをかけての土俵です。どーきどーき。
豪風は十文字の出足が無い分、距離がすぐに縮まらず当たりに影響が出るかな?と思いましたが私の心配は杞憂に終わりました。右筈決まって十文字を押し出しました。
諸手で立った安馬は栃乃洋の体を起こすと右前褌。休まずに頭をつけて出し投げから寄り切り。腰が良く下りてて良かったです。

豊真将と安美錦の一番は楽しみにしてたのに翌日の取組紹介に仕切りの時間を奪われあっというまに立合い。互いに頭で当たると豊真将の左おっつけで前へ。今場所はおっつけがなかなか炸裂しないんだよね。結局今日も差されて左は深いところで上手。右で安美錦の肩周辺を押して中に入らせませんでした。先場所は廻しに手が届かなかったんだからそれに比べたらやっぱり進歩してるのかな。だが安美錦がもっと元気だったらあの上手投げは残されてたんじゃないかな?
理事長も懇談会の中で「健闘している」と言っていたそうです。

稀勢の里-琴奨菊の一番は短時間ながら見応えのある相撲でした。稀勢の里に右上手を取らせないよう考えた琴奨菊ですが稀勢の里が肘を上手く使って上手を取りました。琴奨菊の右は稀勢の里の下がり。稀勢の里の廻しを切ろうとするができません。がぶり寄りもまったくできず、稀勢の里の上手投げに倒れながら琴奨菊は稀勢の里の足を掴んで粘ろうとしたのですが適わず。2人の勝負にかける思いが伝わってくる熱戦。

琴欧洲は久しぶりの対戦となる高見盛の動作に戸惑うことなく冷静に勝ちました。土俵際まで行ってそのまま寄り切るのかと思いきや逆に振るなんて、できるのは琴欧洲だけじゃない?(笑)

突っ張っても横綱があまり下がらなくなってきたと語る雅山。今日の立合いはドルジは下がらず中央で受け止めて一旦停止。右四つ左上手の形になって左から出し投げ。でもこれが真横に泳がすだけだから私はヒヤリとしちゃうのよ。雅山が苦し紛れに小手に振ろうとするとこをすかさず腰を落としてよりたててドルジ勝ち越し。

1敗の玉春日と玉乃島が2敗に。朝青龍が単独トップに立ちました。
スポンサーサイト

COMMENT



管理人のみ閲覧できます

2007-01-15-Mon-20:14
このコメントは管理人のみ閲覧できます

今場所初観戦

2007-01-16-Tue-14:28
きのうは塩チャンコ食べてきました。こちらは内臓系醤油よりも万人向き。
鶏肉も厚揚も大ぶりでした。

9日目

2007-01-16-Tue-15:52
昨日ということは、十両の時間前の立合いに稀勢の里が勝った一番も生で見てきたってことですか?
良いなぁ~。昨日は良い相撲が多かったから。

コメントの投稿

TRACKBACK


2007-01-15-Mon-20:45|道楽者の徒然日記

朝青龍単独トップ(初場所9日目)

●玉春日(押し出し)豊ノ島○  玉春日は好調の豊ノ島に破れ連敗。豊ノ島の突き押し
2007-01-15-Mon-22:03|マレーシア 今日考えた事&思った事

2007年 初場所 9日目

 9日目 「前半戦の取組から」【解説】正面(幕内)舞の海秀平向正面(幕内)境川【アナウンサー】正面(幕内)三瓶宏志東:岩佐 西:刈屋<副音声>【実況】ロス・ミハラ  取り組み結果幕下以下 幕下以下の詳しい解説は、あみだ様のブログでどうぞ。時大竜vs前乃雄..
2007-01-15-Mon-22:06|銀河後悔日誌

本場所を 稽古代わりに 優勝だ

 ここは九日目。・幕下 5連勝を決めたのは、保志光(東42)・柳川(西32)・境澤(西19)。東10枚目格付け出し市原は境澤に●、“一発十両昇進”は夢と消えた。 下田(東28)・霧の若(東23)・猛虎浪(西4)・北勝岩(西3)勝ち越し。・十両 新十両同士は白馬○3勝目、
2007-01-15-Mon-23:24|未知の駅ぽんちゃけ峠

【初場所】9日目:イヤーンがうそー!?、わーいに

序ノ口で舛名大が勝ち越しを決めたとか。まさか学業のために残り休場なんてしないよねと思ったらサンスポのHPの記事によると6勝1敗を目指すとか。三段目で三島市出身の栃飛龍にやっと初日が出たそうでよかったー。☆幕下☆下田が勝ち越しを決めました。今場所はなかな..
2007-01-16-Tue-02:54|kojiro-railway-blog

市原に土-大相撲初場所2007・9日目

なんともう9日目である。 今年の相撲系の最初の記事になるわけですが、大相撲関連の
2007-01-16-Tue-04:29|GRAND SUMO blog

結局こうなるのか……初場所9日目

久々に時間前に立つ相撲を見せてくれた十両の北桜と琉鵬。もう来るぞ、来るぞ――って感じが画面を通して伝わってきて、琉鵬も北桜の気合に乗ってくれたので、「うっひょ~」―って感じ!ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ互いにマ
2007-01-16-Tue-11:26|好きなものは好き。

九日目!!

魁皇、4敗・゚・(ノД`)・゚・。 アイラブりゅーじ、7敗・゚・(ノД`)・゚・。 ハイ今日は校了前日なので、いつものごとく見れてません、中継。魁皇-千代大海戦のみアクオス携帯でチェックしましたが……_| ̄|○
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。