情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-14-Wed-08:31

Bulls Cup

Red Bull Salzburg、Bayern Munch 浦和レッズの3チームによるフレンドリーマッチ。
1試合45分の総当り制。を1日で消化してしまうというスケジュール(笑) しかも人工芝のスタジアムに到着したばかりってレッズむちゃくちゃ不利じゃん。

第1試合Salzburg-Reds(3-1)
オーストリアも得点が入るとスタジアムDJと観客で掛け合いやるんですね。これはドイツと同じだわ。声量から察するに、フレンドリーマッチと言えどもけっこうお客さん入ってる。だがレッズサポが全く映らないのでいるのかいないのかさっぱり。ゴール裏に弾幕らしきものは見えるんだけど最前列に人がいないの。
方屋シーズン真っ最中、方屋来月の開幕に向けて組織の構築中。これでは試合内容に差が出て当然。レッズはDF3枚の動きがちぐはぐで、2点目なんかは止められたんじゃないかなぁと思います。
相馬が時折見せた左サイドのドリブル突破は効果的でした。31分にレッズが返した1点はそのドリブル突破から。仕掛けたのは山田でした。

第2試合Reds-Bayern Munchen(0-3)
GKはRensing。RoqueSanta Cruz久しぶりぃ~♪しかも2得点。どちらも恐ろしいまでのどフリーになってたじょ。3点目はPizarro。Karimiからの縦パスをズドン。山岸が一度はじいたのですがシュートのほうが力が強く、大きくバウンドしてゴールの中へ。日本じゃあそこまで強いシュート打つ人はいないからなぁ~。
Bastiも先日のリーグ戦はお休みだったからこちらに登場。ミドルシュートは・・・・まだ調子落としたままって感じ。相手選手を乱暴に倒すのは相変わらず。親善試合ではあまりやらないほうが・・・・。(去年のドイツ-日本戦を思い出すわσ(^◇^;) )
レッズは体が温まってきたのとポンテが入ったのとで、こっちの試合の方が動きが良かった。闘莉王のシュートはバーが跳ね返してくれたから良かったけど、こっちはヒヤヒヤもん。あとポンテが結構狙われてた。レッズサポ、ごめんね。ガツガツ削られて倒されまくり(゚▽゚*)

第3試合Salzburg-Bayern Munchen(0-0)
Bullsは宮本がアウト。あら残念。BayernはPoldiが出てきた。・・・・SABAって誰?全く知らない子が出てきたじょσ(^◇^;)
前半はBayernの方にチャンスが多かったけど後半はSalzburgの方がよく攻めてました。バイヤンは疲れのせいか、第2試合で見せていた華麗なサイドチェンジが出てこない。互いにあとちょっと!ってとこでゴールを割れず、そのままPK戦へ。両チーム1勝1敗なのでPKで決着をつけようということなのです。
で、PK戦を制したのは我らがBayern。Bastiがいきなし止められてガッカリしたんだけど、Rensingがちゃんと仕事してくれましたよ。ほっ。

PK戦の準備をしてる時、優勝したチームに送られるトロフィーが映ってました。Bullという名の通りちゃんと雄牛。アレも立派なものがついてました。そこまで精巧に作らんでも良いじゃないか(滅)
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。