情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-03-Sat-16:04

ベガルタvs湘南ベルマーレ(2-1)

開幕戦は勝利。早々に失点しながらも最後まで自分達のリズムを崩さずに戦い抜けた試合。選手達の談話を聞いてみると失点した場面は結構焦ってたらしいが、そうは見えなかったよぉ~。
どのチームよりも1時間早く試合が始まったので、J1J2の31チーム中、一番最初に勝ち点3をゲット。

それにしても小粒なチームになってもーた(^_^;)
ボールも人も動くようになったのに意外と交通整理が行き届いていて混乱せずにプレーできてるのは嬉しい。けど攻撃の迫力の無さはとっても寂しいのうぅ。FW2人の持って生まれた資質もあるけど、最終ラインまで下がることもいとわない守備範囲の広さも影響してる気がする。折角サイドから切り返そうにも中央に人が上がりきれてない場面が多々あったじょ。全力で走りこんできてるのはわかるんだけどねぇ~。萬代は北京五輪へ行くためにも結果を出さねば!
ボランチのショニウソンは確かに汗かき役で頼もしい存在。(だがこれと同じ仕事を一昨年クマがやってくれていたのを覚えているサポはどれだけいるのかな・・・・。)
千葉直樹の左膝に大きなテーピング。あそこまで大きく貼るのってとっても珍しいですよ。マスコミがこれを報じてないのは何故?脹脛に縦に一本テーピングしてたり膝下に細いゴムみたいに1周貼るなんてことは体調に合わせて何度もやってきたけど太股から膝にかけて前面にデカデカと貼るのは記憶にございません。しかもテープそのものがいつも使ってるのと違ってたし。今年はジョニウソンがいるから特別頑張りすぎる必要無いので辛い時は流してもOKですw
今日初めてじっくり見た田ノ上のプレー。スカパ実況ではポジショニングがいいと褒められてたけど、あれは湘南がロペスに気がいってる隙をついてただけじゃないかな、とσ(^◇^;) タメがあるキープ力はちょっと惚れたじょ。ロペスとコンビネーション良かったし。

踵を使ったおしゃれパスが増えたのはチーム内で流行してるからですか?(笑)
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。