情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-11-Sun-18:00

ベガルタvsセレッソ大阪(2-0)

完封勝ちです。うっしっし♪

セレッソのプレスが弱いのでベガルタはボールが回る回る。ジョニウソンに対するチェックはそれなりに厳しくきてたけどジョニウソンは意に介さず。相変わらず先読みの上手さでセレッソの攻撃の芽を摘んでいた。早く生で見たいわぁ~。
ロペスへのケアが先週の湘南に引き続き少ないのは何故だろう。昨シーズン、あれだけロペスシフトを組まれていた側としては拍子抜け。これも生で見てみないとわからないけど、意外とロペスの動きが捕まえにくいものなのかもしれません。結構画面から消えてること多いのよね。その間にどこで何してるのかは来週のお楽しみ。ユーキや萬代へ向けての縦パスはかなり萌えるぞ。

先制点はCKから千葉直樹。梁のCKがぼよよんキックじゃなかったぁ~。きっと練習いっぱいしたんだね。あまり曲げることができないみたいだから低めの速い球という選択は間違ってないと思います。追加点はその梁が放ったミドルシュート。上半身のかぶせが甘かったのになんで地を這うようなボールになったのかは良く分かりませんがGKの逆をつくゴール。70分を過ぎても全然体力が落ちなかったのも素晴らしい。

セレッソはゼ・カルロスの蹴るセットプレーが結構脅威だと思います。落ちる良いボール蹴るのよ。でもそれ以外は・・・・。劣勢になった時も都並の表情ってマジ笑える。うちの監督やってた時も他サポにこんな感じで笑われてたんだろうな(滅) あちらは最後まで放り込みサッカーで、シュート数こそ上回っていたけどルーズボールに対する反応が鈍く攻撃が続かない。攻めのセレッソじゃなかったのか?
藤川がノースリーブ・短パンじゃなかったので都並の側にいることになかなか気づけなかったじょ。

2節を終えて連勝スタートできたのはうちとヴェルディだけ。次節はそのヴェルディと対戦です。いきなり天王山キタw
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。