情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-04-29-Sun-16:10

ベガルタvs水戸(2-0)

1.jpg去年の4月29日に引き続き、今年もGW第1弾は水戸との試合。好転に恵まれることを期待していたのですがずっと曇り空でした。気温も予報より低かったし。おかげで写真全部暗いじょ。ぐすん。レンズが暗いから仕方ないやねぇ~。明るいの欲しいけど、望遠となるとスタジアムで振り回すことが出来ない大きさになるから我慢なの。

気になってることが1つ。今シーズンからフェアプレーフラッグに対戦チームのキャプテンがサインを入れ、互いの健闘を誓うことになったのですがそのフラッグは使用後どこへいくのでしょうか?毎試合書き込むため試合の数だけフラッグを用意しているはず。誰か教えてぇ~。


2.jpg前半。
開始1分にいきなり水戸のボールが繋がり、シュートまで持ち込まれる。どよめくスタジアム。でもグダグダな応援。あんたらが調子下ろしてどうするよ。
今シーズンいまだ勝ち星無しの水戸。今日は守備に重点を置いた布陣で来ました。うちはパスが2つ目くらいで先を読まれてカットされまくり。ジグザグと、オーバーラップした選手に一旦ボールを戻すのと両方読まれるとキツイわ。
萬代、梁、ロペスはボールばかりを見て周りの味方の動きに気が付かないことがしばしば。サイドでボールをキープするユウキからボールを貰おうとロペスと萬代が一緒に動いちゃってゴール前がら空きとか、ゴール前のこぼれ球を萬代と梁が一緒に取りに行っちゃって被ったりとかね。試合後のインタビューで梁がそこら辺を気にしてました。やっぱりな。今日の梁は目立ててなかったよ。
水戸がゴールキックで長いボールを蹴る時、彼らの右サイドに人を固めてたのは何か理由があるんだろうか?後半は彼らの左サイドに人を固めてた。だからうちはシュナがついていくようにと選手達に両手を振って指示してた。
ボールポゼッションはベガルタの方が上だが水戸が持つ守備能力の高さにあと一歩手が出ないまま0-0で終える。


3.jpg後半。
辛抱強く自分達の攻撃を続けるベガルタ。
水戸CKで守備に着いた萬代。マークがうまくいかずただの小競り合いになり審判から2度注意を受けた。見かねたジョニウソンが間に入り、無理矢理マークの交代。このCKがちょっと危なかったのよね。村松は良いボール入れるしさ。萬代のセットプレーの守備における成長が待たれます。
このまま0-0で終えるんじゃないかという不安を抱いたまま70分に突入。ゴール前の混戦から田ノ上が押し込んでついに先制。そしてロスタイムにユウキが駄目押しの2点目。私の席とは反対のサイドだったからよく分かんなかったけど安心したよぉ~。

スポンサー様から商品が貰えるMVPと敢闘賞。MVPは先制点の田ノ上。敢闘賞は千葉直樹でした。直樹は疲労困憊だったらしく、即行でベンチに戻り田ノ上が表彰される姿を眺めていました。いつもは側に立って待ってるのにそれができないんだからかなりヤバイ。それを押し殺して90分フル出場するんだからなぁ~・・・。試合中にぶっ倒れないか心配よ。あの直樹が去年に引き続きなくてはならない存在になるとはねぇ(遠い目)

4.jpg最後にシュナイダーが出てきて予告どおりのパフォーマンス再び。今回はピンクに塗られたビールケースをお立ち台として持ってきた(笑) そして拡声器で話するんだけどまた聞こえない(^_^;) Sバックまで移動しましたが無理でした。Sバックのお客さんは聞こえないからという理由で帰っちゃった人もいましたよ。もっと大きいの買ってこなきゃね。
それでも2回目なので何の歌かようやく伝わりみんなで歌うことができました。ヒットパレードの曲だったのか。あれ、キーを下げないと歌えない人多いぞ。夕方のニュースを見たらシュナ自身歌えてなかったし(滅) 最後にみんなでシュナシュナ叫んで気が済むと晴れ晴れとした表情で引き上げるシュナイダーなのでした。

水戸のGK本間が当たってたわ。飛び出しも良かったしミドルシュートへの反応もGOO。負けちゃったけど水戸の選手の中で一番光って見えた。村松も攻守に効いてた。去年うちで全くと言っていいほど結果を残せなかったから余計にハツラツとして見えるなぁ~。
まだ1勝が遠い水戸だけど、戦い方をシフトしている最中だから苦しいのは当然。でも草津同様、やってることは間違いじゃないから腐らず続けるのよ。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。