情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-31-Thu-22:37

綱打ち

明日行われる明治神宮での土俵入りに備え、綱打ちが行われました。
「とくダネ」で生中継するとか息巻いてたクセにカメラは部屋の中には入れなかったので横野レイコが外からレポート。「ひぃふのみ!」の掛け声すら聞こえてこないんじゃ意味無いっすよ(;´Д`)
と思っていたら安美錦・安壮富士が暇そうにしてる姿発見。リラックスして笑顔はじけまくりですよ。ステキ素敵ぃ~♪安美錦が一瞬だけ「とくダネ」のカメラに笑顔向けてくれたのは偶然だろうか。それとも太刀持ちに決まったというレポートの声が聞こえたからだろうか。

悔しいから夕方に放送された日テレとフジテレビのニュースをチェック。
3本の綱を寄り合わせるのに一番嬉しくて楽しくて仕方ない!!という表情だったのは旭鷲山。腕より口の方が動いてるように見えました。
他にも一門の関取衆が集まり、若い衆も総出で綱作り。紅白のねじり鉢巻を頭に巻いて、下はいつも通り廻しをつけて白い布を化粧廻しっぽく前にたらします。綱を汚さないよう手には手袋。太鼓を叩いていたのは龍皇かしら。
テレビで断片的に見せられてるだけなのにワクワクしてきちゃうのは何故でしょう。

綱を締めて安治川親方の指導の下、土俵入りの稽古開始。
一通り頭に入れたら通し稽古をするのですが、参加した式守伊之助ったら軍配についた房を回すのが全然うまくいかなくて大失敗(>_<) ウソだぁ~。夏場所頑張ったのに。録画したのを何度も見ていたら段々ツボにはいってきたwやばい。
安美錦も太刀がちょっと揺れていた。ジッとしてるのって意外と難しい。

明日は全員うまくできますよーにっっ(-人-)
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。