情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-20-Fri-21:44

名古屋場所・13日目

玉力道に遅れて立った白乃波。左を巻き替えてさぁこれからというところで足がついていかず。また白乃波の膝がカクンと落ちたぁ~。怖いよ。
1敗の旭天鵬は豪栄道と。豪栄道が前褌狙って低い立合いから両差し。旭天鵬は一度後退するが左上手を取って残す。その間に両廻しを取っていた豪栄道が左から一度投げで崩しての右下手投げ。2人とも倒れましたが旭天鵬が少し先に落ちたので豪栄道の勝利です。
将司を睨みつけ、威圧する岩木山。将司が右から張り差しにくると岩木山はラクに左を差して一気の出足。

十両の成績上位者
11勝2敗:岩木山、旭天鵬
10勝3敗:豪栄道

本場所とは関係ないのですが、ある女優さんのブログ
雑誌を読むということは、けっこうお好きなんですね(・∀・)ニヤニヤ

豊響がとっても強い相撲です。左おっつけが強烈だしお腹も押し付けながら出るので時津海は左前褌を取るのですがひきつける暇も無し。9勝目なので絶対敢闘賞ですよ♪花道奥にいた男性に「すげーなー」って言われて笑ってました(゚▽゚*)

立ってすぐ浅めの左上手が取れた海鵬。引きつけて出ようとしたら鶴竜に下手投げを打ち返されゴロリ。海鵬は腰をちょっとぶつける仕草も見せてたのですが駄目でしたぁ~。あの・・・無理を承知で書くのですが、もし二桁勝利できたら海鵬に三賞をあげることはできないでしょうか?不戦勝も1つ入ってるし番付がしただから対戦相手も極普通。先場所新入幕で10勝した龍皇に敢闘賞あげなかった記者クラブだから期待はしませんけどね(-ω-)

岩佐:(幕下優勝した)磯部がインターハイ個人戦で高校横綱になった時の相手が普天王。この内田が準決勝で朝青龍に勝って決勝までいった。
普天王が里山と対戦。勝ったのは普天王なんですが、里山が伝え反りの姿勢ですり抜けるところばかりがスロー再生されてるよ・・・・。成功したのなら何度も見たいが今日はいいです。はい。正直(まさなお)危機一髪の場面あり。

最後の塩に別れる時、安美錦がヨシッと一声高見盛にむけて発した。仕切りから気合の表情に満ちてます。高見盛が気合を入れ終わり、土俵に向き直って塩を撒いたらもう安美錦は土俵の中に立っていた(笑)そこは2人で呼吸合わせるとこでしょ(^_^;) 立合い頭で当たってすぐ左へ。いなしながら動くと高見盛りは止まれず。二本差して終了ぅ~♪安美錦勝ち越しです。やったあ!!(≧∀≦)/勝負がついた後も凄く気合の入った表情でカッコイイよ。関脇が近づいてきた♪

豊真将ったら成績が良いので琴光喜との対戦が組まれました。
昨日ほどは硬くなってないわ。淡々と仕切り続けて時間。豊真将が先に右手を着くが琴光喜に手をつく気配は無し。あ、こら。昨日までの立合いと違うじゃないか琴光喜。琴光喜が足の位置を変えたので豊真将は一旦起き上がって再び右手を着く。でも琴光喜が動かないのでつっかけた。また右手を着くも琴光喜はやはり動かない。3度目。豊真将は踏み込みが甘く左の脇はがら空き。右もおっつけなんぞ出るわけがない。ちょっと粘っただけで土俵を割ってしまいました。・゚・(ノд`)・゚・。
魁皇が休場したためドルジの14日目の大関戦が組めなくなり、豊真将があてられました。5月場所に続いて横綱戦です。あと、千秋楽のこれより三役・魁皇-千代大海もなくなります。千代大海の相手が豊真将になるのではないかと噂されてます。豊真将、これも試練よ。Mっ気のあるあなたなら耐えられるわ。


と書いてはみるものの、素直すぎるのが災いした取り組みが続いてるので元気出ませんよ。うわーん。


琴欧洲左上手がすぐがっちり、琴光喜が取った時のように四本指が深くはいってるので切れません。そのまま長身を生かして覆いかぶさるように寄り切り。うわーい。勝負がつくのに時間かかったけど勝っちゃった(゚▽゚*) 琴欧洲は10日目の琴光喜をそっくり真似しましたね。風呂場に入る直前にレポーターが白鵬へ「(変化は)頭にありませんでしたか?」と質問。白鵬はその問いに小さく頷いたそうです。ん?琴欧洲は結構変化するじゃないのよぉ~。それを考えてないというのはいけませんねぇ。立合い一発で左上手が取れずにここまできてたから今日こそ取りたかったんだろうな。

そして結びもとんでもない相撲。行司は昨日の結びと同じく木村庄之助。千代大海が手を土俵に着かぬまま踏み出すとルジもやや遅れて手を着かぬまま左肩をぶつけるようにして差しにいく。千代大海が「あ!」と思い力を抜く。ドルジも左を差して右上手の形になる時に一瞬力を抜いてます。けど立行司が「はっけよい 残った」の声をかけたので取組成立。だからそのまま千代大海を掴まえて寄るドルジ。千代大海は待ったと口に出してはいる様子(別角度のスロー再生で口が動いてた)だけど行司が「残った」と言った後なので聞き入れてはくれません。
なんてこったい。5月場所初日の露鵬-雅山戦を思い出しちゃったよ。あの時よりもわかりやすい状況でなぜ行司は止められなかったのか?千代大海もなんであのタイミングで手を全く着かずに踏み出してしまったの?

杉山邦博さんも首を捻っておりました。
琴光喜が12勝目をあげて大関昇進に大手だというのにその空気を消し去る後味の悪さ。
スポンサーサイト

COMMENT



三賞

2007-07-21-Sat-13:49
特に殊勲賞以外は、10日目辺りまで優勝争いに加わってないと
(印象が薄いのか)なかなか候補に挙がらない傾向にあるような…。

特に技能賞は星数ではなく相撲内容が条件かと思うので、
記者クラブの皆様の熟練した鋭い観察眼(???)を以て、
たとえ優勝争いで目立っていなかろうと11勝してなかろうと
話題の若手ホープでなかろうと、いい相撲を取り続けた
勝ち越し力士には賞をあげて欲しいですねえ。
でもドケチだからなあ…

2007-07-21-Sat-16:17
どうも選考が厳しいというか冷たいというか(^_^;)

今場所は全体的に相撲内容が悪いので
三賞選考に響くかもしれないですよねぇ~・・・。

2007-07-21-Sat-21:44
ある女優さん行ってみたけど~見たことないひとでした
SUSANさん知ってたの!?
若手力士と~なんて勘ぐっちゃうよねw
豊真将はないない!安心して~相撲一筋

14日目の朝青龍との取組後の悔しそうな顔~あんな豊真将みたの
はじめてのような気がするわ

2007-07-22-Sun-20:50
その女優さん、私だってつい最近知った人ですよ(笑)

豊真将って負けた後の方が表情出ちゃいます。
横綱戦の後は特に激しかったかも。

コメントの投稿

TRACKBACK


2007-07-20-Fri-22:27|どんより

平成19年名古屋場所13日目、当確

今日は後半のほうを観戦。○琴奨菊-出島●早々に負け越してしまった琴奨菊。今場所は得意の大天使ガブリエルがなかなか降臨してこない模様。しかし今日はキター! 二本差してがぶるがぶる。岩佐アナの「波打つ腹!」とい
2007-07-21-Sat-00:58|銀河後悔日誌

光る相撲で喜び櫻

 高校野球選手権大会の北北海道大会は、駒澤大学付属岩見沢高校が優勝。今回から南北海道より“国替え”となり、初年度でいきなり北の代表となった。 最近の南は“双子”の苫小牧が活躍し、どうしても阻まれていた。そう考えると、南の方が実力が…とは言うまい。 さて、
2007-07-21-Sat-10:18|がんばれ!FC岐阜!~kojiro-railway-blog

万感の思い・琴光喜-大相撲名古屋場所2007・13日目

名古屋場所も最終盤13日目 前日大関昇進の最低ラインに到達した琴光喜は豊真将と対
2007-07-21-Sat-12:22|黄金の右足

大相撲 名古屋場所 13日目

横綱白鵬11勝2敗{/ee_3/}(宮城野部屋)白鵬{/v/}琴欧洲立ち会い{/face_ang/}琴欧洲が変化{/cat_5/}簡単に左上手をとられてしまった{/kuri_5/}白鵬は右下手をつかんで何とか立て直そうとするが、琴欧洲に右下手も取られ・・・寄り切りぃぃい~~~!!!優勝から一歩後退し
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。