情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-22-Sun-23:58

名古屋場所・千秋楽(後)

ドルジを2場所連続で破ったことが評価されて殊勲賞受賞の安美錦。雅山の諸手をまともに受けながら左差しを狙うもうまくいかず右を差して深く廻しを取って頭をつける。左もおっつけながら前回しに手がかかり、下手捻りを見せながら前に出たが下がりを掴んでいた雅山の突き落としに屈す。安美錦が徐々に形を作っていただけに悔しいわぁ~(>_<)

琴光喜が土俵に上がり、勘太夫が四股名を呼び上げると館内から琴光喜コール。今日はタイミングが早いな。場所の前半は彼の性格を考えてか静かに見守るスタンスの客が多かったのに後半はもう我慢できなくなっちゃったのね(笑)
稀勢の里が存在感を見せた一番。何故三賞の候補にあがったのかよくわからないのですが、今日は左右のおっつけがとても強かったです。勝負がついたあとの稀勢の里の背中。表情はわかりませんでしたが背中に「どうだ!」と言わんばかりの気迫が見えました。立合いに頭同士でぶつかった時の衝撃音にしびれたわ。あの鈍い音がたまらんっっ。
北の富士:まだ終わったわけじゃないからね。気を取り直して四股でも踏んどった方が良い。
花道を引き上げる琴光喜がタオルで顔を覆う。泣くな!んもー。ドルジが負けて決定戦になる可能性がまだ残ってるのに完全に諦めちゃった様子。そういうところがやっぱり琴光喜ヽ( ´ー`)ノ


テレビカメラが琴光喜をずっとおっかけていたせいで、「これより三役」で行う豊真将の四股が見れませんでした。むっきー!琴光喜に優勝がかかっていたから仕方ないというのもわかるけど、負けてしょんぼりして泣き顔まで全国に晒すのはどうかな・・・。嗚呼、豊真将の初揃い踏みが見たかった。
四股を踏む時、足を下ろすと同時にどうしても自分の足元を見てしまうものですが、ドルジだけはいつもこっち向いてるんです。それを見るのがちょっとした楽しみになっていたし、この三番で今場所も終わるんだという標でもあるので見れなかったのが残念でなりません。しかも刈屋アナがそこをスルーしてしまったことに対してノーコメントだし。画面が切り替わったら琴欧洲と安馬の仕切り。「その前に揃い踏みは済んでおります」ぐらい言ってくれても良いじゃないか・・・。おまけに勘太夫最後の場所なのも言わなかったし。

豊真将について
舞の海:上位陣との相撲の経験が無いし、真っ正直な相撲を取ってる。強かさがあってもいい。相撲の幅も出てくるんじゃないかと思う。本人も師匠も、これだけの成績をあげてるが横綱大関を苦しめることができなかったので満足してないと思う。

あーん。豊真将ったらまた口でふーふー息してるぅ~。今場所最後の一番なんだから全部ふっきってぶつかっていけ!精神面でもう一皮むけてくれるといいんだが。
右を先に着いたが千代大海がちょっと嫌う。千代大海のあたりを下から宛がい堪える豊真将。徐々に前に出ましたが土俵際で千代大海に首根っこ押さえ込まれてバッタリ。前に落ちないと言われてた豊真将ですが、落ちる時は落ちるのよね。
立合いで遅れないことだけ注意して欲しいな。無理に先手を取ることばかり考えて、ずるがしこい人になるのは嫌よ。そりゃ中にはわざとじらしたり、合わせるふりしてとっとと突っ込んでくるとかいろいろやる力士もいます。豊真将にはそういう力士達を相手にしたら「ふふん。君はいつもソレやるよね」とか腹の中で余裕でかわせるようになってほしいです。
3日目の高見盛戦、10日目の北桜戦で自分の力を発揮。特に北桜戦で見せた右四つ左上手の相撲は彼が前から言っていた理想の取り口とほぼ同じといって良いでしょう。この相撲が1番でも多く見られるよう稽古してください。私なんぞが言わなくても稽古いっぱいするんだろうけど。なんせ錣山親方が大関に上げる気満々で日々過ごしてますから。うひ♪

結びはドルジ-白鵬。調子を落としている白鵬ですが、最後だし横綱戦なので火事場の馬鹿力でドルジを苦しめるかも?なんて思ってたのですが拍子抜け。胸を出して右差し狙いの立合いを見せた白鵬に対し、ドルジは頭を下げて右四つ左上手。この形に素早くなったかと思うとすぐさま引きつけて一気に寄りきり。
白鵬は優勝の可能性が消えて、気持ちが切れちゃったのかな。今場所は左がちゃんと取れた相撲が少なかったです。取れないなりに動いて勝ってはいましたが、地力だけで勝っていた感じもしていてまだ本調子とか全開!とか言える相撲じゃなかったですよね。なんやかやで稽古できなかったのが響いちゃったのかな。夏巡業で普段稽古しない力士とも胸を合わせられるからそこで調整してきてください。
ドルジは巡業に出るんだか出ないんだか怪しい。んもー。私の計画オジャンだよ。両肘に腰。もともと横綱になる前から腰痛持ちだったんだけど、更に悪くなったみたいですね。立合いでの腰の高さから予想はしてたけど、まさか骨折してたとは。どんな折れ方してるのかわからないけど(詳しい場所とかがわかっても医学的知識持ってないので意味無しw)今後の力士人生に影響出るんだろうなぁ。満身創痍で相撲内容も悪いのにそれなりに結果残せるって何なんだろ。

岩佐:21回目の優勝。おめでとうございます。
ドルジ:有難うございます!
岩佐:3場所ぶりの優勝の味はいかがですか?
ドルジ:今まで無い経験をしてしまったので名古屋で復活を考えて。初日は負けたけど熱い応援の中で頑張りました。有難うございました。
岩佐:初めての経験という言葉がありましたが2場所続けて優勝をのがしてどんなふうに気合をいれて臨んだのですか?
ドルジ:あちこち痛かったり、精神的に弱ったとこもあって。このまま負けてたら朝青龍らしくないなと思って。ここで勝たなきゃいけないと思いました。
岩佐:目の前で琴光喜が負けて優勝がかかり。一発で決める。さすがですね。
ドルジ:長い間ライバル意識持って。(自分が)地元で勝ったんですけど、彼にもおめでとうと言いたいです。
岩佐:大関確実ですからね。
ドルジ:今まで一生懸命やってきたから嬉しいす。
岩佐:白鵬、琴光喜が強い横綱を目標に民が挑戦してきます。
ドルジ:どんどん一生懸命やらないといけないです。
岩佐:名古屋では4年連続優勝。験が良いです。地元のファンにもひと言。
ドルジ:初日から千秋楽まで応援ありがとうございました。


場所前に注目されてた琴光喜が千秋楽まで優勝争いに絡み、大関昇進という目標も無事達成できたおかげで盛り上がったという感想を持ってるファンが多いみたいだから良かったのかな。それ以外では随分とあっさりした相撲が多く、個人的に応援してる力士ですらエントリに書きにくい日々が続いてたので大成功とは言い難いのだ・・・(゚▽゚*)
スポンサーサイト

COMMENT



2007-07-26-Thu-00:42
わーい!インタビュー掲載ありがとうございます^^
焦って録画もせずに家を飛び出してしまったもので。

ドルジ、今日モンゴルでヒデとサッカーしてたのTVに撮られちゃったみたいですねw
「だったら帰ってこい」
と怒られたみたい。
たまたま義理でちょっとボールに触っただけなのか、本当はたいしたことないのか、痛いけどサッカーしたくて無茶しちゃったのか・・・
まあいずれにしろドルジらしいやw

巡業は途中参加の可能性もあるみたいですね。
仙台には行くといいんだけど・・・

そうそうこないだのコメント書き方悪かったごめんなさい。
灰皿の件は玉飛鳥のことでした。

舞の海喫煙者とはびっくり!似合わないですね。
それからHPに書いてある「ここに舞の海へのメッセージ書いても・・・」の注意書きにいつも笑ってしまいます。
そんなうっかりさんがいるんだw

全体的には…

2007-07-26-Thu-09:37
たしかに優勝争いは盛り上がりましたけど、
取組自体は淡白なものが多かったですよね。

こういう場所を良い場所と評価していいのかどうか…

まあでも何となく暗い話題が多かった中で
久々に明るい要素を振りまけたのは良かったんじゃないかと。

2007-07-26-Thu-20:00
>あこあこまんさん
たまたまなんでしょうが、うっかりさんが続いたからトップページを書き換えましたw
中田ヒデとのサッカーのニュース見ましたよ。
ドルジらしいっちゃらしいんですが、流石の私もちょっとひきました。
奥さんや子供も白い目で見られてるんじゃないかと心配です。

>mimurastepさん
満員御礼の日も多かったらしいので、興行としては成功ですよね。
新大関が誕生して明るい話題ができたーと思ったら
横綱がやっちゃいました。うえーん・・・・・。

コメントの投稿

TRACKBACK


2007-07-26-Thu-00:57|未知の駅ぽんちゃけ峠

【名古屋】千秋楽:一応めでたしめでたしなのかなあ

十両の取組終了後の優勝決定戦と表彰式、そして幕内土俵入りと前半を見終わったところで表の田んぼでちょっとホリホリしたいものがあってこれより三役までに戻ってくればと思っていたらなんと家に戻った時には横綱対決でした。後半の土俵進行がかなり早かったのでしょうか..
2007-07-27-Fri-12:54|野さいスープ

新企画・大関予報

琴光喜が無事大関に昇進し、次の大関誕生まで最低あと半年はかかりそうな相撲界。有力な候補者はいても、即大関かというと予想が難しい状況です。そこで、我こそは大相撲ウォッチャーという方々に次の大関に最も近
2007-07-27-Fri-14:28|滑稽本

2007年大相撲名古屋場所千秋楽

朝青龍:優勝、歴史の主役白鵬:歴史の影に隠れる琴光喜:目標が低過ぎて論外整理すると角界の結論はこうなります。まぁ、まだ場所終わってないですけど(笑)、大局的に見ればこう結論するしか無い。白鵬は魁皇戦の「誤審」の方が格にケチ付けてます。アレで素直に
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。