情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-17-Sat-21:31

初場所・7日目

今日は地上波の放送は幕内のみ。「十両この一番」で北桜-海鵬の一番が紹介されました。北桜って突っ張るけど張り手はやらないタイプだったような?海鵬は持ってるけど。2人とも根は四つなのですが激しい突っ張り合いで面白かった~♪海鵬にもまだ闘志が残ってるぞ。

豊真将は将司と対戦。左がすぐ入り、腕を返しながら一気に寄りました。当たってからの二歩目がスムーズに出たよ。完勝♪
栃煌山も連勝です。明日中日はこの2人が対戦です。うわ。マショ頑張れ~。栃煌山ってマショにとっては苦手なのれす。

藤井:初日・2日目に続いて満員御礼です。
舞の海:朝6時に国技館の前を通りかかったら、当日券の列ができてましたよ。
舞様が日課にしている朝のお散歩、ちゃんと続いてるみたいです。健康のために頑張ってネ。

山本山が栃ノ心に勝利。
藤井:舞の海さんだったらどうします?小錦とは全く違うような・・
舞の海:この体型ですから私は差しません。栃ノ心が深く差しましたが山本山の腹が邪魔で下手にしっかり手がかかってないんです。
藤井:小手に振られるような相撲は取らない方が?
舞の海:そうですね。まんまとアリ地獄に向かって進むようなもの。

舞の海:学生時代、藤島部屋に稽古に行ったことがある。当時新弟子で貴ノ浪(音羽山親方)が塩かごを持って土俵の脇に立っていた。
藤井:後に対戦するというとこまでは考えてなかった?
舞の海:親方には大変申し訳ないんですけど、ノッポな少年がこんなに強くなるとは思ってなかったσ(^◇^;)
※入門時期は違えど、新十両が同じ。新入幕は舞の海が二場所先ですが、幕内でも目立つ力士だったので互いに意識してたように感じます。

時間一杯で最後の塩に戻った時天空が花道奥に向かって凄い形相だったよぉ~。メンチ切ってるチンピラみたいだった(笑) いつもは立ち遅れてばかりの時天空ですがこの日は素早く立って玉鷲を圧倒してました。

岩木山の入門エピソード。
三瓶:青森山田で事務職員をしている時、弘前実業の相撲部仲間が交通事故で亡くなった。「お前はやりたいことをやったのか?」と問いかけると友人に「おまえはどうなんだ?」と逆に聞かれたような気がして、相撲で勝負しようと考えた。青森空港で舞の海に相談して決めた。親は泣いて止めた。稽古がきつくて弟からの励ましのメールを見て泣いたこともあった。
舞の海:今でも覚えてます。青森空港で声をかけたら友達の結婚式に行くところで。冗談半分でプロに入らないかって言ったら1ヶ月後に来た。いつまでも悩んだりせずにすぐ行動を移したのは素晴らしい。
稽古を見たとき、五番取ったらすぐ息が上がる。膝も悪いので誘ったのは失敗だったかなと思った。


今場所の豪栄道は表情がすごく良いです。堂々としてるし気持ちがノってるように思います。
豊ノ島が魁皇の小手投げの餌食になりました。・゚・(ノд`)・゚・。 分かってても喰らってしまうのよね。にしてもあの痛がり方はヤバイ。本当にヤバイ。あーどうしましょ。
 ※肘の靱帯を痛めて中日から休場となりました。

期待していた琴欧洲-把瑠都の一番。呆気なく琴欧洲の勝ち。把瑠都が諸手で来たので琴欧洲は簡単に前褌を取ることができました。横に振ったら把瑠都は膝が悪いこともあってついていけません。
あ。把瑠都の付け人やってる里山が写ったぁ~♪

ドルジったら自分が嘉風を押し込めなかったのが悪いのにその怒りを嘉風にぶつけるんじゃないのぉ~(笑)
諸手突きで体を起こしたけどそこから前に進まない。嘉風が顎のあたりに一発張ったせいかはわからないけどドルジは慌てて左から張り手にいっちゃった。そうなったら嘉風は潜り込むに決まってる。中途半端な首投げは効果無し。懸命についていく嘉風の攻撃をなんとか回り込んで背中を押して勝利。あっぶねー。
嘉風は相当頑張ったんだけどなぁ~。また次があるさ。

安美錦はもう曲者でも何でもなくなっちゃったかぁ?白鵬の相手じゃなかった。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。