情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-16-Mon-20:14

春場所・2日目

地上波組は国会中継により、十両と幕内前半の取組が見れず。
幕内後半の取組の合間にリプレイで見せてくれるのはありがたいが、やっぱ仕切り無しで見ると味気ないね。

後ろの結び目もほどけてしまった時天空の廻し。1枚廻しが伸びまくってるんだけど出そうで出ない絶妙なバランス(笑)

把瑠都が琴奨菊を突っ張ったのですが菊は背が低いからなぁ~。いなされた時に一瞬両足飛びになり、上体が起きあがってしまいました。琴奨菊の逆襲にあうも土俵際足1本で残り、まさしく薄氷の勝利。
琴欧洲の張り差し狙いも関係無く栃煌山があっさり両差し。
大関に勝ったから殊勲インタビュー。「張って捕まえに来ると思ったので」ってバレてまーす。
藤井:張った方で差しに行くのが本当の張り差しかと思うのですが・・・
舞の海:いや私は張った方じゃない手で差すのがやりやすかったです。
私は舞様の言うやり方の方が一般的かと思ってましたが・・・。おや。

今日の稀勢の里の負け方は情けないぞ~(笑)稀勢の里の左おっつけに日馬富士が負けて差せませんでした。頭を押さえつけられ万事休すかと思ったら背中を丸めたまま左足を軸にピボットターン。稀勢の里は付いていけず自ら土俵の下へ。

魁皇の張り手は豪栄道の顔面を直撃。目の辺りを覆ってしまっては豪栄道の動きが止まるのも仕方ないです。

鶴竜がドルジに挑戦。一瞬鶴竜が廻しに手がかかりそうになったけど左を浅く差したドルジが右からもおっつけながら前に圧力をかけるのであっさり下がってしまった。勝負がついた後の「ふんっ」って表情はいつものドルジ。胸を出すような立合いはもう直せないけどその後の攻めが良いんだよね。
そして今場所は白鵬の相撲に存在感が出てきてます。左上手を取ってから腰を入れる流れが良いわ~。

まだ2日目だというのに千秋楽の結びに無敗対決で優勝を決めてほしいと語る舞の海。
随分気が早いよw でも大関陣の出来を考えると早くないのかも(゚▽゚*)
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。