情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-27-Fri-23:57

春場所・13日目

13日目と言えば、幕下以下の優勝力士インタビューが行われるはずですが、今回は無し。幕下以下もまだ優勝が決まってないんですって。
幕下は6勝1敗で7人。出羽鳳が入ってる。後1番残ってる力士は芳東と玉飛鳥。この2人も6勝1敗になる可能性が残ってる。明日は2人とも十両で取るそうです。入れ替え戦だ~。
三段目は前田と若力堂。前田は横綱・柏戸を生んだ櫛引町(現在の鶴岡市)の出身です。激励会が開かれるなど、地元では結構応援してもらってるみたいですよ。
千秋楽に優勝決定戦ラッシュなわけですね。地上波は15時放送開始予定ですが、その決定戦見れないな~。BS見れる人良いな~。

勝ち越した朝赤龍はニッコニコのインタビュー。

豊真将10勝目(*^_^*)
刈屋:勝ち越した後のインタビューで「三賞目指して頑張ります」と言ってた
↑あんたが言わせたんだろが~(笑)
頭で当たりあうが玉鷲に押し込まれます。右おっつけながら左を差すと一気に反対の土俵際まで持っていき、右筈押ししながら寄り倒し。素晴らしい。

山本山は昨日の嘉風に続き、小兵の豊ノ島と対戦。2人は高校相撲の大会で対戦こそありませんでしたが存在は知ってたそうです。豊ノ島はその頃から対戦したいと考えてたとか。だよねー(・∀・)ニヤニヤ 大きい人を倒すのって気持ち良いもんね~。
豊ノ島が両廻しを取って攻めるのですが山本山が上手を簡単に取れたのですぐには勝負がつくわけもなく。山本山が押し込んで右上手投げを打ったが豊ノ島は左廻しをギリギリまで離さず、そこを軸にして1回転。刈屋アナも言ってましたが、ドルジ-琴の若でドルジが婿殿の廻しにしがみついて物議をかもしたあの取組を思い出しました(笑)恐るべし執念。豊ノ島が向き直ったんだけど山本山に再び飛びかかった時にまた上手を取られ2回目の投げで勝負あり。
山本山:投げを打った後に攻めてくるなんて。焦った。
彼は小兵が相手でもビクつかず普通に取れるところが強み。

豪栄道:地元の声援が励みになる。栃煌山はそれほど意識しないが今日は思い切っていきたい。
栃煌山:しっかり当たって前に踏み込む。もちろん相手のことは気にしてる。
レポーターが話を引き出そうとあれこれ話しかけたのですが2人ともそれ以上は話したがらなかったそうです。それってメチャクチャ意識してる証拠ですよね(笑)
相撲は豪栄道の勝ち。豪栄道が立合いで栃煌山のもろ差しを許さず右を差しました。栃煌山は流れで左上手。豪栄道は素早く腰を回して密着しながら栃煌山を投げました。両差しができなかった栃煌山に次の手を考えさせる隙を与えませんでした。
豪栄道が勝ち越しです。

鶴竜がすぐ両差しになり稀勢の里をあっという間に寄り切り。稀勢の里は3連敗。今日は肘にテーピングしてませんでしたが、この内容。
武隈:あの稀勢の里。みんなが大関候補一番手と思ってた彼がこの負け方。これはやはり問題。鶴竜は褒めるべき。稀勢の里には敗戦を謙虚に受け止め、いろんなことを研究しないと。相撲が乱れてる。こういう時に使う言葉がある。舞の海さん言われたことあるでしょ?「顔じゃないよ」って。稀勢の里は顔じゃない。
武隈さんが解説の席でここまでズバっと言うのは珍しいです。この言葉に大きくうなずいた視聴者も結構いるんだろうなぁ~。
刈屋:因みに舞の海さんに「顔じゃないよ」と言ったのは朝青龍ですが、あれはどちらかというと2人でふざけて言った・・
舞の海:まぁ、そうですね。
刈屋:なんとなくじゃれあった中での言葉。
「引退しないでね」と言った舞様にドルジが逆切れして「顔じゃない」と吐き捨てたはず・・・。そうか、じゃれ合いだったのかw

琴欧洲頑張った。白鵬に対し真っ向から勝負を挑んで圧力かけることができてたよ。琴欧洲が左から絞りながら前に出たけど白鵬は上手く体をねじって上手投げ。2人とも豪快に舞いました。琴欧洲の絞りが弱いことは前にも指摘されたことがあったな~。稽古よ。稽古。
白鵬の着地が変に見えました。両膝を一遍に打ちつけたような?

魁皇と当たったドルジ。今日は無理に左を入れに行かず魁皇に右を取られないための立合い。それでも右もすぐには廻しが取れなかったため一度叩いてしまう。その後左で廻しを取り、右は絞りながら廻しを取ると寄り切り。やっぱ右に頼ってるね。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。