情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-25-Mon-21:12

夏場所・千秋楽(後)

千代大海が勝ち越した~。今場所はもう駄目だろうと思ったのに。昨日魁皇が勝たせ(ry 以前は大関陥落したら引退する考えだと言ってたように記憶してたんですが、落ちても取り続けるらしいですよ。
魁皇と琴光喜も仲良く8勝7敗。

幕内の優勝争いは・・・
1敗→白鵬、日馬富士
2敗→ドルジ、稀勢の里
優勝争いに2敗で残っていた稀勢の里。立合いは張り差しは上手くいかなかったものの、上手を取って回り込む鶴竜の動きについていき13勝目。白鵬と日馬富士が負けて2敗になった場合のみ、稀勢の里にも優勝の権利が生まれるため支度部屋で待機。
日馬富士は昨日白鵬を破った琴欧洲と対戦。日馬富士がもろ手・喉輪押しで一気に土俵際まで攻めますが、突っ張りが滑って勝負をつけることができず。左は下手、右は琴欧洲が左を差してきたためバンザイ。土俵中央へ戻ってきて琴欧洲が左を持ち換えて前に出ようとするタイミングで日馬富士が首投げ。琴欧洲はドルジに投げられた時のように綺麗に転がってしまいました。
支度部屋のモニターでこの様子を見ていた稀勢の里。自分に決定戦進出の権利が無くなったためちょっと残念そう。期待してたんだろう~(*´∀`)σ)Д`*)プニ そのうちまたチャンスが来るわよ。

ドルジは昨日の日馬富士戦で腰を強打し、広範囲にテーピングをして登場。
左肩からぶつかっていきますが、昨日までと同様左は差せないし踏み込みもゼロ。白鵬の狙い通り右四つに組まされてしまう。白鵬がドルジの右を切って前に出る。ドルジは一旦右下手を取りますが白鵬の腰が低く、膝に余裕たっぷり。腰も痛めてるドルジはこれ以上残ることは不可能。無理せず土俵を割りました。
今場所のドルジは左がとにかく差せない。差せなかった後の流れも悪かったです。例え一発で左が差せなくても投げで揺さぶって巻き替え差し直すなんて動きは皆無だったんじゃないかな?よく3敗で済みましたよ。
白鵬は安美錦戦の前裁きにゃ痺れたなぁ~。後半少しずつ立合いの踏み込みが悪くなっていっちゃった。腰痛が復活したからみたいですが、毎場所のように腰痛出てますよね。まだまだ先は長いのに心配だわ。

日馬富士が勝つためには・・・
舞の海:左の上手じゃ体力負け。左を深く差したい。
    下手投げを打ちながら相手の膝を払う。あるいは切り返し。

北の富士:差すよりも前褌取って頭をつける。前に出て出し投げを打つ。

1敗の白鵬と日馬富士が優勝決定戦。
日馬富士が頭から当たってすぐ左下手を深く差しました。白鵬の右に食いついて、廻しを与えない作戦。白鵬は右足から踏み込んだけど甘かった。ちゃんと当たれてもないので立合いは失敗ですね。白鵬は右を小手に巻き、左で廻しを取りに行こうにも日馬富士が結び目の向こうまで深く差していた為下がりを掴むので精一杯。舞様の予想通り、日馬富士が右で白鵬の膝を払いながら左下手投げで初優勝を掴んだのです。

日馬富士は初日から良い相撲を取り続けてました。安馬が返ってきたなんて書くマスコミもいて、やっと「らしさ」が戻ってきましたね。私が友人だちと「優勝しちゃいなよ!」と携帯メールで言いあったのは場所の前半の何日目だったかな~?かなり早い段階から流れがきてるように感じてました。良い相撲を一番でも多く取った人に優勝して欲しいからネ。優勝おめでとう(^-^)
気の早いマスコミが来場所綱獲り!って言いだすかもしれませんが、1月、3月場所の内容を考えるとそれは絶対早い。我々は冷静に来場所が始まるのを待ちましょう。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。