情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-16-Thu-21:14

名古屋場所・5日目

海鵬連敗(T-T) 今日は木村山の立合いが良かった。
白乃波は土佐ノ海と長い相撲。左四つで頭をつけて食い下がる白乃波。だんだん廻しが緩んできて土佐ノ海が必死に掴んだのは横褌の中に締まっていたはずの廻しの端っこ。確か一番最初に股間を覆ってから横にグルグル巻いていくわけだから・・・(/ω\) イヤン 向正面の審判席にいた田子ノ浦さんも気にしてました。横褌さえきちんとしてれば態勢に影響は無いと思うけど。土佐ノ海も必死で掴んでたからビロ~ンと長く引っ張り出しちゃって(^_^;) 白乃波が下手出し投げで勝利。頭をつけてたので白乃波の髷が物凄く乱れてました。あれは元結が1つ切れちゃってたぽいですね・・・ガンバレ床山。

因みに廻しの締め方についてはこのサイトのイラストで。
私はアマチュア相撲用の入門書Do Sports Series「相撲」という小さな冊子を持っています。自分で取ろうという気は全く無いんですけど、廻しの締め方がわかりやすく解説されてるんです。決まり手の紹介やアマチュア相撲ならではのルール説明も載っていますし、なんと怪我への対応方法も載ってるんです。子供が読むことも想定しての振り仮名つきです。
このブログで表紙画像を紹介しようと検索したら、発行元の一橋出版が今年の5月に自己破産してたそうです。もうこの本は手に入らないのかな?シリーズというくらいだから他の競技の解説書も出してただろうに・・。残念。

日馬富士の土俵入りでの所作って怒られない範疇に収まってるんでしょうかね?
両手を誰よりも高々と挙げるじゃないですか。下ろすタイミングも遅いし。全員で同じように振舞うのが良いんじゃないかしら・・・。

豊真将4勝目。昨日負けたけど連敗はしませんでした(*^。^*) 突き押しの玉鷲に対し、なかなか差せなかったので引く動きも見られヒヤリとしたのですが左を差して寄り倒し。
向正面に玉鷲の先輩、元玉春日の楯山親方が来てました。
舞の海:190cmという長身。これで腰を落として前傾姿勢で攻めるというのは窮屈。下半身を相当鍛えないと。
楯山:四つは動きが止まってしまうので無理かもしれない。
ま、2mを超す身長で突き押し相撲を取ってた曙という例もありますし。四つが駄目なら相撲の基本でもある押しを磨けば良いじゃない(^_-)

逃げる時天空を捕まえようと出る普天王。その2人から距離をおいて良い位置取りをしようとする木村恵之助。この3人で鬼ごっこしてるみたいで笑っちゃった( ̄m ̄*)
豊ノ島がやっと2勝目♪今日は差せました。左を深く差して腕を返して黒海を寄りきり。
安美錦は2日目から4連勝。今日は左前褌右下手の良い所を取れましたねぇ~。
雅山の突きを掻い潜って栃ノ心が取った左前褌。これを何があっても離すものかと固く握りしめてました。その左からの投げで雅山は土俵にベチャッ。

琴光喜が初日から5連勝。昨日は少し硬くなり始めたかなと思ったのですが、今日は勝ってそれを吹き飛ばせたみたい。岩木山が右を差しては切り、左を探っても腰を振られ。このせめぎ合いが面白かった!
琴欧洲も厳しい攻め。豪栄道のお株を奪うような出し投げ。豪栄道も必死に左を差しにいきましたが、琴欧洲が全く休まず隙を与えませんでした。
栃煌山ってどこか傷めてるのを隠してそうな気がする。

日馬富士が阿覧に負けて2敗に後退。立合いの当たり仰け反った阿覧。それを見て一気に押し出そうと日馬富士が突っ込むとヒラリと逃げられた~⊂⌒~⊃。Д。)⊃
中入りの時間に日馬富士の綱とりムードがイマイチ盛り上がってないという話が出てました。日馬富士って好きな力士の中の1人ですけど、綱取りと思っては見てなかったです。本人がなりたい!って目標を口にする分には全然問題無いんで、そのつもりでガンガンぶつかってってもらいたいですよ。でも苦手克服しなきゃ~(゚▽゚*)


ドルジの睨みにビビらず睨み返す豊響。さすが元ヤン。肝が据わってますwでも番付を考えて睨みすぎない気遣いも忘れてません。昨日・一昨日のドルジの立合いを考えたら豊響の当たりは効果あるはず。あとは張り手に注意。
豊響はドルジの左を警戒し、右を固めて左喉輪で攻めたいと語ってたそうです。今場所のドルジは左って差してもそんなに使ってませんよ。痛みが走るのを気にして投げは右からです。うーん・・・と思ってたらドルジに両差しになられて土俵下へ転落ぅ~。
今日のドルジの立合いは昨日よりは良かったです。豊響っておっつけは右より左の方が良いんですよ。右は脇が甘くて本人も気にしてるウィークポイントです。だから右で喉輪をやることが多いでしょ。ドルジは境川部屋へ出稽古に行ったことがあるからそれは知ってたはずなんです。自分の左は差せると思って今日のような立合いになったんだと思います。

白鵬危なげなし。旭天鵬が右を差そうとするのを切りながら前に出て廻しを引き付けて右の腕を返して・・・流れがあります。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。