情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-20-Mon-22:40

名古屋場所・9日目

正面の解説には荒磯親方(元・琴錦)喋りは上手いんだけど、合間に「えぇ~」とか「ん~」とか繋ぎのフレーズ多すぎです。無言の空白が生まれるの苦手なのかな?岩佐アナがいるんだからそんな心配いらんよw
あとかなりの早口だから長時間聞いてるのは疲れるぅ~。年配の方は大変だったろうに。 豊真将は堪えてるだけ。注意されてた立合いで左手を着くようになったのは良いけれど。

朝赤龍の横に食いついた嘉風。切り返しと上手投げの応酬で2人は土俵の中をグルグル。段々朝赤龍の廻しの結び目が解けてきた。でも動き回ってるから行司も待ったをかけられない。でもついに行司が声をかけた!が動きが止まらず嘉風が寄り倒して勝利。
朝赤龍:待ったと思ったら負けた。
嘉風:聞こえたけど攻めてたので・・・。
朝赤龍はお気の毒です。そうだなぁ~。土俵中央に戻った時が声の掛け時だったように思うけど、それは結果論か。

若荒雄の突っ張りに付き合って突き返す山本山。若荒雄の引きに乗じて前に出た山本山でしたが、2人の体が飛ぶのが同時だったため取り直し。山本山は行きも絶え絶えで立ってるのが精一杯。場所前はあまり稽古してなかったらしいからねぇ。とフォローを入れてみる。取り直しの一番も勝負がついた瞬間は最初の一番と似たようなもんだった(゚▽゚*)
時天空の立合いが低すぎる。これは酷いw
とても強い日と弱い日が交互にやってくる玉乃島。今日はとっても弱かった・・・。

琴錦が平幕で初優勝を決めた一番のVTRが紹介されました。平成3年秋場所・千秋楽。相手は今日向正面解説の舞の海。
相撲は琴錦にあっというまに吹っ飛ばされるという情けないもの(/ω\) イヤン 完全に力負けした相撲です。でも悔しかった舞様は自分の下がりを付け人に叩きつける様に手渡したんです。その姿を「負けん気が強くてステキ」なんて思いながら見ていた私。もう何年前のことかし・・・いやいや計算しちゃいけません。
荒磯:稽古もしたことが無かった。話もしたことが無かった状況での対戦。
舞の海:下からもぐりこんでいこうと思った。親方はそれほど体が大きくない。
荒磯:私の右がたまたまうまく救い上げたから。
舞の海:大変失礼だが、親方の瞬発力やはじく力はもっと無いだろうと思ってた。初めて立合い当たって凄いなと思った。
荒磯:こう見てると髪の毛大分薄くなったなと(笑)舞の海さんはすばらしい足腰で、やりにくかった。

黒海が全く当たらず変化で武州山に勝利。
満員の 観客含めて 肩透かし by 岩佐アナ
※節をつけて言ったわけではないのですが、文字数は合ってましたw

安美ちゃんステキ♪低い立合いから両差し速攻で岩木山を料理しちゃいました。支度部屋で琴錦-舞の海戦を見て参考にしたんですって。んまー口が上手いこと(*´∀`)σ)Д`*)プニ
岩佐:スッとした穏やかな表情をしてやることは辛らつ。

把瑠都は首かしげる回数が多すぎ。
豊響にやっと初日が出ましたヽ(^o^)丿左おっつけ右喉輪で琴奨菊に勝利です。あー良かった。ホッとした。荒磯親方も豊響が琴桜に似てるって言ってました。弟子が言うんだから本物だわ。
豪栄道に駄目だししまくる舞様・荒磯親方。関係者は皆耳が痛いだろうなぁ~。念のため言っておきますが、舞様は相撲協会の人間ではないけど境川部屋の師範代として部屋に出入りしてる間柄です。傍で見る機会が多いからこそマイナスポイントが気になってるんだと思います。

稀勢の里の張りざしが強烈に決まりました。
全勝を守った琴欧洲。魁皇との長い相撲。
今日の琴光喜は強かった。琴光喜コールに硬くなることもありませんでした。

ドルジ2敗。だからかち上げの真似っこはするなと言ったのにぃ(ノ∀`)アチャー しかも仕切りの時からやる気無しモード。千代大海が仕切り線から下がって突っ込もうとしてるのも察知できなかったか?勝負が決まった後一緒になって腹ばいになった千代大海も勝ったのにカッコ悪い(笑)けどこっちは必死だもんねぇ。・・・でも笑ってしまう( ̄m ̄*)

白鵬完勝。当たってすぐ両廻し。引き付けながら前に出る圧力もあるので鶴竜は何もできませんでした。何も無ければ全勝しそうな勢いですなぁ~。うひゃー。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。