情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-26-Sun-23:59

名古屋場所・千秋楽

幕下は8人で決定戦。ってデジャブのようだw 各力士の力の差が縮まってるのかな?優勝した木瀬部屋の深尾って見たことある体つきだな(顔じゃないよ。体だよ)と思ったら、去年序ノ口優勝した人でした。あの胸は1度見たらなかなか忘れないわぁ~。

北の富士さん、また日焼けした?( ̄m ̄*)

豊真将が垣添に勝って10勝です♪立ってすぐに腕をかかえられて振り回されました。そのせいか、無理に捕まえに行かず離れて取ることを選択。今日はこれで良かったと思います。
北の富士:体が良く動いてる。反応が良い。右を差して引き付けて出る相撲が何番かあった。ああいう相撲を取ると良いんじゃないか。
右四つ左上手の相撲のことかしら。それだったら錣山親方がやらせたいと言ってた取り口です。今場所はこの形になると動きが良くなるという相撲が何番かありました。「型」として確立して欲しいです。

全然得意の両差しになることができなかった豊ノ島。終盤追い上げてなんとか勝ち越し。今日は猛虎浪が諸手突きしてきてくれたおかげで差せました。うふふ。反り腰は強いのよ( ̄ー ̄)
安美錦が技能賞。今場所は5枚目だったので対戦相手が琴光喜を除いて全員平幕。そのせいで注目度はイマイチだったかもしれませんが、内容は前半から良かったよ。琴光喜に勝った時のインタビューは忘れられません。「いつでも大物を食ってやるぜ(・∀・)ニヤニヤ」っていう覚悟がカッコイイっ。
栃煌山は2勝目。こちらも両差しになれない日々でしたねぇ~。どっか体調が悪いのかもしれません。マショもくじけず今場所二桁だったから。栃煌山も来場所ねっ。落ち込んだら後は上昇するだけ。

把瑠都がまた吊り出した。寄るのが面倒くさい?(笑)廻しの取り方は雑だったけど、上手取れればどうにかなっちゃう。'05年に大阪場所を見に行った時、当時幕下だった把瑠都の取組がありました。腕力だけでひょいと対戦相手を持ち上げてしまったのです。利き腕の右に頼って持ち上げたから真っ直ぐじゃなかったので、足も使って相手を落とさないようにしてました。予想外の吊り方だったので笑うのも忘れて驚いたことを覚えてます。
舞の海:こういう相撲を目指して欲しい。何かニックネームがつけられるかも。
岩佐:昔は起重機という名前がついたが・・・。
舞の海:北の富士さん、何かないですか?
北の富士:考えとくね(笑)
楽しみにしてまーす(^_^)/

昨日の魁皇に続いて今日は千代大海が勝ち越し。大関弁当安泰だw
北の富士:8勝7敗だから、よくやったっちゅぅことじゃないんでしょーが。朝青龍・琴欧洲に勝った相撲があるんだからムチャクチャ言うことは無いんだよね(笑)
岩佐:ムチャクチャ言わないでください(笑)
北の富士:普通嫌味のひとつも言うんだけど、頑張ったかなという感じ。

2敗で白鵬を追いかける琴欧洲。千秋楽なので日馬富士と対戦。仕切りの表情は・・・どうにか縦線出ず。相撲も立ってすぐ左廻しを取って日馬富士を簡単に寄り切っちゃった。勝負がついた直後にカメラが捕らえた琴欧洲の表情( ̄m ̄*)大きく息を吐き出してやんの。んもう~。まだそんなギリギリの精神状態なんかい(*´∀`)σ)Д`*)プニ
ちょっと気になったのが溜まりの女性客。琴欧洲が水をつけるために立ってる横顔をカメラが写し、北の富士さんが岩佐アナと喋ってた場面。琴欧洲の奥に見えてた女性が携帯で誰かと話しながら団扇を取り出し振ったのよ。その団扇には手書きで会社名と人名らしき文字。何あれ?相撲見に来たんじゃないのなら帰ってください。一気に気持ち下がったわ~(;´Д`)

琴欧洲は勝ち残りで土俵下に。結びの一番・白鵬-朝青龍を見つめます。
見つめてたというか、私には「どうせ白鵬が勝っちゃうんだろうなぁ・・・」ってまたネガティブなこと考えて縦線出てたように見えました(゚▽゚*)

まず左を差しにいったドルジ。その後右を入れて頭をつけようとしたら白鵬に左を一旦切られて、左上手を取り直す。左から投げを打つようにして右で白鵬の左を切って頭をつけにいくんだけど、白鵬もおっつけて簡単にはやらせない。ここの巻き替えの応酬は見ごたえありました。巻き替えって上体が浮くから反撃を食らいやすい。今日の2人みたいに組んだ状態でやるのって上級編ですよ。結局一呼吸おいて攻めに出たのを利用して白鵬が投げ勝ちました。ドルジがちょっと勝負を急いだかな。
決定戦にならなかったので、ガッカリしてた客も一部いたように感じましたw年に一度の名古屋場所だもんね。欲張りたくなるわよね。

今場所の白鵬は立合いの踏み込みが早くて鋭かった。後半は疲れのせいか、良くない日もありました。それでも下半身の安定は抜群だし四つ身も良い。ちょっと前の「ぶった」感じもなくなってきたので、安心して見てられます。
反対にドルジは下降していく一方ですな。左を庇おうとして右を使ったら右肩が痛くなって、左だけで戦わなくてはいけなくなり黒星が増えた。もう1回くらい優勝させてあげたいんだけど。どうだろうな・・・。
スポンサーサイト

COMMENT



2009-07-28-Tue-19:41
こんばんは。

>各力士の力の差が縮まってるのかな?
私の素人的見解では、若い力士ががんばっている印象です。絶対的に抜きん出た力士はいないものの、新しい力士が出てくるのは見ていて楽しいです。

>巻き替えの応酬は見ごたえありました
ですよねぇ。感動的でした。
しかし武蔵丸のブログでは脇が甘いからだと…。
そーゆー事じゃないでしょ?って私は思ったんですけれどね。
どうでしょ?

2009-07-29-Wed-19:12
抜きん出た力士がいないのは同意です。
前の8人による決定戦とも面子が違いますし
相星対決で蹴落としていくのに8人も残ってしまったという点が
私には力の差が縮まってるように感じるんですよね。
これは見解というより、イメージ・印象でしかないですなw

丸ちゃんの意見こそ、我々素人には理解できない次元かと。
白鵬とまともに戦える力士の一番手はまだドルジなんだなと再認識しました。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。