情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-27-Sun-23:40

9月場所・千秋楽(前)

14日目の分は途中まで書いたんだけど、続きどうしよう・・・。


十両の優勝争い
4敗:玉鷲
5敗:海鵬、山本山、隠岐の海、豊桜

玉鷲は海鵬と対戦が組まれてます。隠岐の海ら5敗の力士が優勝決定戦に出る為には海鵬が勝って玉鷲を引きずり込まなきゃいけません。今朝の稽古場で
海鵬:俺にかかってるなぁ。
隠岐の海:よろしくお願いします。
という会話をしたそうです。部屋の雰囲気良さそう♪
隠岐の海が両差しで寄るのを山本山が残す。山本山の反撃で隠岐の海が剣ヶ峰。爪先で回り込み先に倒れたのは山本山。でも軍配は山本山。隠岐の海の足は出ていたのか~?・・・ちょいと間を置き物言いの挙手。春日山さんが手を挙げたのですが、その前から錦戸さんも放駒審判部長と目線を合わせて???という表情をしてたように見えました。「やっぱ軍配どおりでした。あはは( ゚∀゚)」でも良いんだからサッサと挙手してよ!
協議の結果、差し違えで隠岐の海が10勝目。再十両の場所をとても良い成績で終えましたね。自信を持って取ってるのでこちらも安心して見てられました。新十両の時はか弱かったもん。

支度部屋に三瓶アナが取材に行った時は「(海鵬は)勝つと信じてます。」と隠岐の海は答えてたらしいです。
いやーん。責任重大w
玉鷲の出足が良すぎて海鵬は何もできませんでした。すばらしい相撲で玉鷲が十両優勝です。決定戦見たかったけどしょうがない。
見たかったといえば、白馬の一本背負いも見たかった~。

土俵入りにて。
刈屋:場所の3道前、出羽海部屋に出稽古に来て。白鵬も来た。その時の稽古は、朝青龍はこの2年間で見た中で一番良い状態だった。
北の富士:そうですか。
刈屋:はい。
―――――――――以下無言の時約20秒。だがドルジのせり上がりの場面に一応救われた格好。
刈屋アナは"今だから言える"と自己フォローを入れてましたが北の富士さんの機嫌は悪いまま。刈屋アナは言いたくてしょうがなかったんだと思います。でも北の富士さん一番のご贔屓は白鵬です。空気読んであげて。

幕下優勝したのは木瀬部屋の臥牙丸。太い眉毛、目と眉毛の距離の近さはグルジアの特徴なんでしょうか。インタビューで「腰を割り、腰からぶつかるように立つ」と答えてたのが印象に残ってます。肥後ノ海、良い教え方してるんじゃない?

やっと4勝目の栃乃洋について。
舞の海:この(得意の)体勢になってから負ける相撲が多くなってるのが不安。
刈屋:初心に戻り、秋巡業で鍛えたいと言っていた。
舞の海:凄いファイト。私ならああもう良いかと思って静かに消えていく。
刈屋:そこが違うところ。
あ、こら刈屋っ。今軽く舞様のこと馬鹿にしたでしょっ。

将司は昨日勝って折角7勝目まで漕ぎ着けたのに霜鳳に勝てず負け越し。彼の後には誰もいないのでまた十両陥落です。なかなか定着できないねぇ。
6勝9敗の豊響。稽古不足だったから負け越したのは仕方ないかな。大負けせずよく踏ん張ったと思う。
岩木山の諸手の下から玉飛鳥が宛がいながら出て押し出し。
栃煌山は最後に今場所の一番良い相撲。大して目立たなかったけど11勝してるんですよねぇ。彼らしさが出てきたのは後半に入ってから。前半は眠ってた?w
敢闘賞の候補に挙がっていた武州山。今日勝てばという条件付きでしたが阿覧に負けて受賞ならず。あーん。こんな事なら条件付けずにあげても良かったのにぃ~。次いつチャンスが来るかわからんのに。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。