情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-27-Fri-23:59

九州場所・13日目

序二段に落ちてた風斧山が7戦全勝ですって!全然調べてなかったから今日知りました。ドルジの付け人やらせてもらってるんだよね。師匠の錦戸さんがある程度名の知れた力士だったおかげで情報番組が取材にきてたんだけど、そこで見た風斧山て力士向きの体型だし明るい性格も力士向き。早く上がってきて欲しいと思ってたのよね。うーん。序二段といわずもっと上に来て来て~。

序ノ口と幕下の優勝はどちらも阿武松部屋。寺下は覚えてますよ。インタビューの中で阿武松部屋は怪我に苦しむ力士が多いという話が出てました。確かに多いかも。あの部屋はバランスボールを使うなど、インナーマッスルも意識したトレーニングを取り入れてるはずなのに・・・。

玉鷲は筈押しが効いて9勝目。
中立:押された時に差しに行くと余計におっつけられる。宛がう方が残れる。
刈屋:でも押されるとすぐ差したくなるような気が・・・
中立:密着したくなるから。前傾姿勢を崩さずガマンすること。
舞の海:現役時代の中立親方のおっつけは厳しかった。同じ部屋で入門した頃は勝ってたけど、親方が幕内に上がる頃は稽古しても勝てなくなった。

嘉風が二桁目前で足踏み3日目。今日は猛虎浪が右前褌を取るのが素早かった。嘉風は立合いで負けてました。

刈屋:小城錦に勝てていたのに勝てなくなった。その理由は?
舞の海:もともと足腰が良かった。体も柔らかかった。こっちが差す時にどうおっつけたら相手が苦しくなるかを心得ていた。
中立:上手を取るにしろ、おっつけるにしろ、舞の海は低いから自分も膝・腰の落とし方を考えた。
舞の海:小城錦が曙と対戦する時は私もいろいろ相談にのって作戦を考えた。逆に自分が対戦する時はアドバイスをくれた。
土俵上の阿覧と山本山を完全無視して現役時代の話に没頭( ̄m ̄*)
おかげで花道担当の藤井アナに「会話が弾んでなかなかリポートを入れられないw」と言われる始末。
私はもっと聞いていたかったけどねぇ~。うふふぅ。

豊真将の連敗がやっと止まりました。下から宛がい木村山が弱気になったところで左を差して右おっつけ。やっと前に出る相撲が見れました。一安心。

昨日の猛虎浪戦で出た極め技。仕切りの最中、主語は常に翔天狼だったのに相撲は完全に若の里のものw 調子良いですよねーとか褒めた力士があっけなく負けるという展開はほんとに多いです。

中立:張りざしを食らった方は簡単に負ける。相手が何をしてくるかもう少し考えた方が良い。
刈屋:張り差しはリスクを伴うはず。
中立:張って来た方の脇が開くので自分はそこをつくようにしてた。あまりにも張られたときに簡単に横を向きすぎ。警戒して欲しい。
刈屋:張られても狙いを定めた立合いができるにするには稽古で張ってもらう?
中立:いやいや。張ってくる方にちょっと頭を向ければ良い。真っ直ぐいくから横を向いてしまう。差しやすくもなる。
舞の海:親方は細かいとこまで考えてる。
以前は声の良さばかりが際立っていた中立親方。今場所は喋りにかなり慣れてきたようで、おそらく本人が言いたいと思っていることを殆ど出せてる解説なんじゃないでしょうか。喋りにスピードも丁度良いのでこちらも疲れません。秀ノ山親方と玉ノ井親方の解説は速過ぎて私も集中力が足りなくなるんですものぉ(^_^;)

豪風になかなか勝てなかった豊ノ島。今日は双方の調子が相撲に出ました。豊ノ島の右筈で豪風を一気に土俵際。腰を下ろして膝に余裕を持っての押しで勝負あり。最後の押す姿がカッコイイわぁ~☆ミ

中立:琴欧洲は左の上手が欲しい。右を差して欲しくない。筈で持っていって欲しい。四つ身は横綱の方が一枚上手だから。
舞の海:白鵬に頭をつけるってのは?
中立:無理に下げる必要は無い。立合いは頭でいってもいいけど、その後無理に下げると振り回されたりするから。
相撲部屋ってどこも中継は録画して後で見直すようにしてるはずだから、このアドバイスもきっと琴欧洲の耳に入ることでしょう。次はもっと魅せてちょ。
白鵬が掬い投げで琴欧洲をひっくり返した時、琴欧洲の廻しの結び目が俵に当たってゴツッと音がしました。腰に響いたかもねぇ。内掛けは皆から余計だ余計だと散々言われてますなぁ~(・∀・)ニヤニヤ 掛ける時は相手の踵わなきゃ。あんな膝の曲げ方しちゃってもー( ´艸`)さすがに白鵬も慌てちゃったのかな。その後の巻き替え速かったなー。リアルタイムで見たときはよくわからなかったじょ。

ついにドルジの記録に並ばれちゃった。明日更新予定ですよ、と。記録は破る為にあるなんていうフレーズがありますが、それは抜かれる方の悔し紛れな台詞だと思う。白鵬は目の上のたんこぶが居て良かったじゃないかw はっはっは(゚▽゚*) 目の前に生きた敵がいるんだもん。ぶつかっていけるし見せ付けることもできるって良いなぁ~。ドルジは独りだったからさ。
2人の全盛期が一緒に来たら良かったのに。でも他の力士との差が益々際立つから今のままでよしとしよう。うん。後は自分らしさを追及してね。尊敬と真似っこを混同しちゃ駄目よ。

ドルジは琴光喜と。左肩から当たるも全然力が入っておらず、それ程力をいれずに立った琴光喜に逆に押し込まれる。左は勿論差せない。琴光喜が右四つ左上手で珍しく頭を付ける。休まず出て琴光喜は勝ち越し。
あちこち痛くても、そこを何とかするのが横綱でしょ。って舞の海は言いました。あーそーだよ、そーですよー。でもそれをしないのがドルジなんですよー。っつーか、もともと序盤から左差し優先で右はあまり使いたくない雰囲気かもし出してたの気づいて無い?そんなわけないよね。
それともわざと怒らせるようなこと言って奮起を促してるとか?もう遅いってw

今夜は焼酎がぶ呑み。
スポンサーサイト

COMMENT



中立親方はもっと評価されていいと思う

2009-11-30-Mon-00:52
ワタクシ一押しの中立親方語録を詳しく載せていただいて
ありがとうございます。

このときの中継は見なかったのですが、舞の海とのコンビだと親方も思う存分話せたのではないでしょうか?


ただ、千秋楽で北の富士が、
「若い親方にも理詰めでいい解説をするのがいるけど、稽古場で同じような指導してるのかな?」って誰かのことを言いたげだったけど、それって中立親方のこと?と思ったんですが…

私は7~8割の確率でそうではないかと踏んでいるのですがw

2009-11-30-Mon-23:21
中立さんの調子が良かったのは舞様と一緒だったからというのは一理あると思います。

北の富士さんが指していた親方って秀ノ山さんかな?と思ってました。
出羽と佐渡、部屋の力士を見た場合どちらがより苦言を呈したくなるかと言うと・・・。

2009-12-11-Fri-20:49
こんばんは。
ここのコメントの内容。
http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/diary/200912110000/
↑で使用させていただきました。
問題がありましたらお知らせください。削除いたします。

2009-12-11-Fri-22:01
名前くらい全然問題無いですよ~(*^。^*)

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。