情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-08-Thu-20:00

ミュンヘン(ドイツ)旅行記 -1-

「夏休みの有休とは別に1週間休みがもらえたら、どこに行きたい?」
きっかけは夫からの質問。
勤続20年のご褒美に会社から貰える特別休暇。夏休みは社員が交代で取るので1週間まとめて取れないこともしばしば。この特別休暇は堂々と1週間まとめて取ることができる。となれば、暫く行ってなかった海外旅行に使いたい。→どこへ?→ドイツでバイヤンの試合が見たい!
私の頭にはこれしか思い浮かばなかった。ミュンヘンでバイヤンの試合を見る。一択。
普段はJリーグが中心の我がサッカーライフ。2002年のW杯がきっかけでドイツサッカーが好きになり、CSでブンデスを見るようになって10年。サッカーは現地で生で見てなんぼ。1度で良いからドイツに行ってみたかった。その夢が遂に叶ったのです。

DSC03025.jpg日本時間13時発のルフトハンザでミュンヘンへ直行。オクトーバーフェストと冬休みの間のオフシーズンということもあり、機内はガラガラでした。日付変更線をまたぎ、同じ8日の17時過ぎにミュンヘン着。移動中は寝るのが人の常ですが時差ボケを避ける為機内ではなるべく寝ないようにしてました。椅子の背もたれ上部にモニターがついており映画やドラマなどで時間を潰します。日本語字幕は無いので吹き替えで我慢。

荷物を受け取ったら税関をくぐって空港の外へ。ここで問題なのがドイツ国内へ持ち込める物。仕事でドイツへ入国する場合は楽器やPC機材など高価な物の申告は必須。(バイオリンが押収されたバイオリニストがいました)
旅行客でも総額430ユーロを超える物は課税対象になるから税関で申告をし、一定の税金を納めなければいけない「らしい」。ただし出国の際に返金してもらえるという話も。6日間しか滞在しない・現地に住むドイツ人にプレゼントすることもせず持ち帰る。それでも申告が必要なの?デジカメとノートPCの購入金額を足したら430ユーロなんて軽く超えちゃうよ。そんなの無視しようと不申告のゲートをくぐれば、抜き打ち検査で捕まった場合の罰金が大変なことになる「らしい」。
DSC03053.jpg初めてのヨーロッパだし、ドイツはルールに特に厳しい国。初日からトラブルになるのはご免です。とりあえず赤いゲートをくぐり「ノートPC持ってきてるんだけど申告は必要か?」と聞いたところ「新品か否か?」と聞かれたので「古い」と答えた(厳密には買って丁度1年。新しくもなければ古いとも言えないんだけどw)。すると係員は「じゃ(申告せず)行っていいよ。」
なんと呆気ない結末。PCを見せろとも言ってこなかった。英語でバトる覚悟もしてたのに(゚▽゚*)向こうの気が変わらぬうちにサッサと空港の外へ出ましたよ。ええ。

もしあそこで新しいPCだと答えていたら税金払わされてたのかな。とりあえず、フランクフルトよりは緩いと思う。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。