情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-09-Fri-16:52

ミュンヘン(ドイツ)旅行記 -3-

FC BAYERN ERLEBNISWELT(バイエルン・ミュンヘン博物館)
 Allianz Arena内に常設された博物館。試合が無い日でも訪問できます。むしろ、試合が無い日の方が空いてておススメです。

DSC02419.jpgマリエンプラッツ駅からU-Bahn6でFrottmaningへ移動。万が一駅名を忘れても、路線図のサッカーボールのマークを見ればわかります。
駅の改札を出ると、アレーナが見えます。ゆっくり歩いて15分前後かな。周囲は何も無いのでどんな方向音痴さんでも大丈夫。


DSC02426.jpg DSC02434.jpg
今日は試合開催日ではないのでゲートからすんなり入れます。そして奥までずんずん歩く。歩く。
看板が見えたら階段を上ります。するとFC BAYERN ERLEBNISWELT(博物館)に到着。
ここでバイヤンの歴史のお勉強です。他のチームも博物館を持ってるそうですが、バイヤンは「うちが一番凄い!」と自負してるとか。果たしてその中身は。

本当に凄かった。チームの歴史だけじゃなくドイツサッカーの歴史やテレビ中継の歴史についての解説もありました。ドイツにサッカーを持ち込んだコッホ先生に関する解説もありました。日本語のオーディオガイドも台本がしっかりしていて聞きごたえ十分。
出口でスタッフから簡単なアンケートを求められました。改善点はあるかと聞かれたけど、そんなん無いわw完璧でした。

DSC02437.jpg DSC02448.jpg DSC02453.jpg DSC02457.jpg
今まで獲得してきたシャーレの数々。圧巻の一言。
DSC02463.jpg DSC02479.jpg DSC02489.jpg
選手のインタビュー動画が見れるエリア。また、2001年のトヨタ杯で使用されたメンバー表や当時のスポーツ新聞の展示も!
DSC02470.jpg DSC02481.jpg DSC02496.jpg
国際親善試合で贈呈された記念の盾やらトロフィーやら。右はじのガラスの盾は浦和レッズと行った埼玉シティカップの時の物。FC東京とも試合をやったことがあるんだけど、それに関する物は見つからず・・・。
DSC02486.jpg
たくさんのワッペンが縫い付けられた服。通称バトル・ジャケット。

営業時間:月曜~日曜(除:クリスマス休暇、年末年始)
     10時~18時
※バイヤンのホームゲーム時は試合のチケットを持ってる人しか入れません。
※同じアレーナをホームに持つ1860ミュンヘンのホームゲーム時は休館。
料金:12ユーロ
オーディオガイド:3ユーロ

DSC02507.jpg DSC02504.jpg
博物館の出口を抜けるともうMEGA STORE。バイヤンのオフィシャルグッズがこれでもかと並んでる。ネット通販サイトを見てグッズの種類がJリーグの比じゃない事は知ってましたが実際に見ると凄い~。全部欲しい!!お店も広々としていて、そこら辺のショッピングモールに来たかのよう。試合が無い日に来て良かった。試合のある日は入場制限がかかって入店するのも一苦労ですからね。友人へのお土産も含めてガッツリ大人買いしてきました( ´艸`)

メガ・ストアの出口を抜けると続いてBISTRO。オサレなレストラン。ここで食べたサンドイッチのパンが硬かった((+_+))美味しかったんだけど超硬かった・・・・。
メガ・ストアとレストランも博物館と同じく日曜営業しています。※欧米は日曜休みの店が多いので、営業日チェックは大事。
DSC02511.jpg

レストランを出るとアレーナの正面ゲートが目の前。動線も見事。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。