情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-10-Sat-22:15

相撲塾 関ノ戸×琴欧洲 -5-

関:奇遇なんですけど、お互いの嫁さんが名古屋なんですよね。

欧:そうですね。偶然(笑)

関:どうですか。

欧:いいですよ。

関:出会いとか・・・ (客席から「聞きたい」の声) どこで知り合ったの?

欧:名古屋場所の時です。

関:紹介か何かで?

欧:いや、名古屋場所の時の宿舎が一宮で。女房の実家の近くで。同じ駅です。

関:ナンパ?

欧:軽い気持ちで言えば、そうですね。
関:え。うちですか?

欧:一応記事で読んでますけど。

関:写真撮ってくださいって言われたのが初めてで。それから付き合うまで2年くらいかかるんですけど。その撮った写真を送ってもらって。それが初めて会ったきっかけですね。後でびっくりしたんですけど、その時嫁さん19(歳)だったんですよ。知らなくてですね。びっくりしましたよ。10歳違うんですけど(会場から「え~~」と驚きの声)

欧:え~~(笑)

関:お子さん、男の子ですよね。

欧:はい。2歳です。

関:やらせるの、相撲?

欧:わかんないですね。

関:うちの子は頭からかますよ。ぶちかまし。

欧:親方のとこは何歳ですか?

関:5歳。

欧:結構大きいですね。

関:今ちょっと痩せちゃったけど、一時期28キロ。太ってる感じじゃなくて詰まってる感じ。

欧:巡業の時・・・

関:あ。親方に抱っこしてもらったね。あの時が、まだ1歳。ぶちかましますからね。

欧:さすが親子ですね。

関:稲川親方も男のお子さんがいるですが、教習所ではそん事ばっかですよ。「うちは左四つ」(笑)
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。