情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-06-16-Thu-16:34

ドイツvsオーストラリア(コンフェデ)

まずはOlliに。お誕生日おめでとうぅ~♪って祝うほどの年じゃないけどさ。一応。  
左のバラック→ポドルスキ→右サイドのフリードリッヒのシュートをクラーニがうまく足を出してコースを変えて先制点。あれ、足出してなかったらゴール決まってないよぉ。うっひょぉ~。
だがそのあとDFの軽率なプレーでオーストラリアにゴール正面、PAギリギリの嫌な位置からのFKを与えてしまう。カーンが左寄りに立ち、体重も左にやや傾いてた所へグラウンダーのボールが入ってきてしまい失点。
サイドを何度も破られ、ちょいと危なっかしい場面がそれまでもありましたがね。
更に2分後にメルテザッカーが取り返してくれましたが、31分にDFの裏を突かれてまた失点。うーん。オーストラリアはクロスの制度はあまりよくなかったのにこの時だけ良いボールが入ってきちゃったよ。にしてもなんつー試合だ(゚▽゚*) 
60分にバラックがPKを決めて3-2に。65分くらいから段々だれてきた。オーストラリアの方が急に疲れが見えてきたという感じかな。PA付近まで行くんだけどシュートを打つ前に潰されちゃう。ドイツの方がチャンスが多かった。
やっとポドルスキが得点。4-2
ロスタイムに入ったとこで失点。なんでスココがフリーなんだよぉ(怒)さっきまでちゃんと押さえてたのにぃ。カーンも一度はアロイージのシュートを抑えたんだけど・・・・。しかもその時に頬から出血。勝ったが終わり方がしょぼいぞよ。攻撃は良いが守備がまずい。

粕:久々に良いニールを見ますね。
倉:あ、そうですか。ニールは意地悪な物と決まってますからね。「ニールとイライザ」
キャンディキャンディの話かい・・・・。

オーストラリアはフィジカルが強くなりました?ドイツだってフィジカル強いのに対等にやりあってるんだもん。このチームがW杯でアジア参入ですか。やめてけれ。戦いたくないよ(T-T)
やっぱり萌えるのはシュヴァインシュタイガーとバラックよ。バラックは前半あまり光ったとこがなかったけど後半は素敵でしたよ。DFに体預けられながらもしっかりアシスト。
シュヴァインシュタイガーはゴールラインすれすれをドリブルで果敢に攻め入る。味方が足を痛めて倒れると「リスタートは俺がやる!」といわんばかりにボールを抱きしめ離さない。これでもう少しお肌がツルツルだったら言う事無いんだけど(ヲイ)
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。