情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004-09-18-Sat-14:42

仙台カップ。

ブラジル、イタリア、日本、東北選抜のU-18が戦う仙台カップが始まりました。
今日行われたのは日本代表vsブラジルと東北選抜vsイタリアの試合。
リーグ戦を離れて素直にサッカーを楽しみました。
去年はブラジルとイタリアの力が抜きん出ていて一方的な試合展開が多かったのですが今回はそうじゃなかったです。
将来を見据え、あえて17歳で固めてきたブラジル、昨年よりやや小振りなイタリアに対しレベルが上がっている日本代表と東北選抜。特に日本代表は直前に別の所で代表の試合があったから余計になんでしょうね。ブラジルとほぼ互角の試合をやってのけました。結果は引き分け。決定力不足にイラつくブラジルって珍しい(笑)基本的な技術が日本より上なのは17歳でも同じなんだけどそれ以外は突出したところが無いという印象。相変わらず速いパス回しに俊足なんだけど、ん~・・・何というか、とにかく去年の方が圧倒的な強さを見せてたんですよね。
日本代表は去年のU-18より今年の方が良いかも。声が出てたしプレスも厳しい。でもプレースキックができる人がいないんだなぁ~・・・・。CK酷すぎ。FKは良い位置で貰ってなかったから仕方ない面もあったけど。CKがとにかく酷い。あれは練習で多少はどうにかなるんだからやってね。
東北代表の頑張りも目を引きました。最も体格的に劣るチームながら積極的にシュートを放つ姿が特に印象的でした。昨年は凄く大人しいチームだったのに。東北のユースもこの1年で随分レベルが上がったのですね。うれしいです。負けてはしまったけどけどこちらの試合も決して一方的な展開ではなかったし。
こんな良い大会が1500円で見れるなんて凄いお得だわ♪
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。