情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004-08-15-Sun-19:05

オリンピック。

女子サッカーvsナイジェリア
黒人の持つスプリント能力は凄い。ボールを扱う技術より足の速さで試合に負けました。走るフォームが美しいんです。腕の振りがガチャガチャな日本代表とはエライ違い。スプリンターなんですよ。
ルーズボール目掛けて走っていると後ろからアッサリ奪われるという場面が何度も見られました。スペースを見つけて走りこむ時も守備に戻る時も物を言うのは足。同じタイミングでスペースを見つけてもトップスピードにのるのに時間がかかったら相手に取られてしまう。あのDNAを分けて欲しい。走る能力の差がサッカーにも影響するんだなと強く感じました。
日本の陸上・短距離界は男性にちらほらファイナリストが出てきたばかり。女性はオリンピック出場の為の標準記録を破ることすら難しく、世界から物凄く遅れを取っています。
「なんば走り」を身に着けたほうがいいのかな。

谷亮子の2連覇は凄い。野村の3連覇も凄い。野村が新聞の一面を飾れなかったのが残念。本人はまた一面に載れなかった(シドニーでも扱いが小さかった)と悔しがってたそうです。当たり前よね。脇腹を痛めてたことを隠したのがいけなかったかな(笑)3連覇は柔道史上初だそうなのでこっちの方が凄いんだけどなぁ。でも谷亮子は4回目の出場だしなぁ。
柔道はもともとお家芸と言われてたけどメダルは男子の方が多いからマスコミはヒロインをいつまでも追いかけたいんでしょうね。
野村も可哀想だけど一番可哀想なのは谷佳知じゃないかと思います。佳知は2億稼いでるし良い選手なのに一生「柔ちゃんの旦那」と言われ続けなくちゃいけないなんて。そりゃ不人気チームの外野ですよ。でもね、イチロー、田口と3人で最強の外野と呼ばれてたんですよ。今は弱いチームだけどさ・・・。佳知本人はそんなん気にしてなさそうだからいーか(^_^;)優勝が決まった時に感極まって泣いてるんだものぉ。翌日から自分も試合があるっていうのにぃ。
女子52キロ級の横澤は残念ながら銀メダル。初めてのオリンピックでこの成績は褒めてあげなくちゃ♪
柔道に限らずトーナメント方式の競技は2位の選手にとって悔しさが残るものです。3位は敗者復活戦から這い上がるから金メダルとは違った達成感を得られるんだけどね。たった一度の負けで2位だから。世界の中の2位というと聞こえはいいけど人一倍負けず嫌いの代表選手がそれを受け入れられるのには時間がかかる。その気持ちを考えると胸がキュンとなります。
男子66キロ級で優勝した内柴。決勝までオール一本勝ちでした。あわせ技ではないオール一本勝ちは五輪柔道史上2人目の快挙。因みに1人目は1992年バルセロナ五輪・78キロ級金メダリストの吉田秀彦なんですって!
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。