情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004-07-12-Mon-19:23

9日目。

萩原-玉春日
行司は正直(まさなお)。玉春日の方が立会いが良かったです。
萩原も必至に回りこんで頑張りましたが負け。
でもその内容よりも正直に夢中。「逃げてぇ~。」ってずっと言ってました(笑)
五城楼は豊ノ島を喉輪で突き放したんだけど土俵際、豊ノ島の柔らかい体に負けました。丸っこい体つきしてるんだけど柔らかいのよねぇ~。

正面解説に来ていた秀ノ山さんは私見と断った上で、ドルジは死に体と発言。
同時と見て取り直しとなりましたが、審判がそう見たんですから仕方が無い。
相手も怪我をするからしがみついてはいけないと指導をしていた。とのことでした。
現役の親方なのに歯に衣着せぬ物言いはハラハラするけど面白いから続けてください(笑)
理事長懇談会の映像も流れてました。
土俵の下で見るのとテレビで見るのとは違うと仰いますが
物言いがついた時はビデオを見直すでしょ。
土俵下で見る人たちの目に一任するのならビデオはいらないよぉ~。
今回の件だって、ビデオ室で見てた親方は死に体と判断したのに
土俵下の親方達に蹴られたんだもん。いる意味ないじゃん。

って言ってる間に「舞の海のおじゃまします」はキャンセル(涙)

安美ちゃんは豪快な投げで勝ったけど、痛そうにしてたのが気がかりですぅ・・・・。
豪風は立会いが失敗だったけど白鵬が引いたお陰で勝ちました。うひ♪

で、北勝力は何した??病気?怪我?おかしすぎです。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。