情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-06-22-Wed-22:20

アルゼンチン-ドイツ(コンフェデ)

バラック、カーンが欠場。カーンは怪我だから仕方ないとして、バラックは休養かな。決勝進出が決まったからなんだろうが、見てるこっちはつまらんぞ(-_-;)
まずはドイツが押し気味の展開。右サイドからの攻め上がりが多かった。左のシュヴァインシュタイガーは守備に負われてるというより動きそのものが緩慢。疲れがたまってるんだろうなぁ。29分にクラーニィがFKでこぼれたボールを押し込んで先制。
でも33分にリケルメの弾丸FKが決まって同点。あのボールは誰も取れないからFK与えないことが大事だったのに。しかも場所が悪かったじょ。
後半始まってすぐ。シュヴァインシュタイガーがイエローカード貰っちゃって次の試合に出れなくなっちゃった(T-T) 可哀想。前半から動きが悪いのにどうして交代させてくれないの?サイドチェンジする以外は全然勝負できてないじゃん。完璧に消えてる。
ってガッカリしてたらアサモアが今大会初ゴールで勝ち越しぃ~♪
アルゼンチンはアイマールが入って息を吹き返す。軽いタッチで素早くボールが回り始めドイツ的には嫌な感じ。前半もそうだったけど、アルゼンチンって2人以上の人間でボールを奪いに行くじゃないですか。都並がやりたがってるのってこれだってこと今思い出しましたわ。でも三日月がどこにあるのかわからん(滅)
70分にやっとシュヴァインシュタイガーが交代。
カンビアッソのびゅーちふるゴールが74分に決まった。何あれ。人間技じゃないよぉ~(゚▽゚*)

引き分けに終わり、ドイツはグループAを1位で通過。準決勝の相手は今夜行われるブラジル-日本の結果次第ですね。うーん。どのチームともやりたくない・・・・・σ(^◇^;)

コロッチーニの鼻は作り物みたいな鷲鼻。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。