情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004-05-05-Wed-08:33

ベガルタvs山形

最初に画面に映し出された競技場。バックスタンドが時計台をはさんで綺麗に真っ二つ。左がホーム山形。右がベガルタ。互いにチームカラーの衣服を身にまとい応援する姿は圧巻。テレビ局は喜んだろうなぁ。あの絵はなかなか撮れませんよ。レッズや鹿島の赤とはまた違った迫力でした。
サポーターの声量は完全にベガルタの勝ち。どっちがホームがわからなかったぞい。
初めてダービーに挑んだ選手達も驚きと喜びが入り混じってましたね。
前半は支配されながらなんとか凌いだ。やはり連勝中のチームは勢いが違う。
シーズン前の練習試合では山形の仕上がりはイマイチだったのに。
ベガルタの方が連戦の疲れが見えてました。足が重たい。
そして今日も村上の左足の精度が悪い。頼むから彼にボールは渡さないでぇ~(-_-;)
DF面での余計なファウルは減ったけど敵にパスしたら意味無いでしょ・・・・。
30分くらいに萬代がイエロー。なじぇ?相手選手と接触したのは千葉だったのに。
後半立ち上がりは完全にこちらペース。プレスが効いて中盤で面白いようにボールを奪えるようになった。
でもシュートまで行くんだけど決まらない。洋介の上がりも遅い。財前はもっと遅かった。っつーか消えてた(^_^;)
3バックと高桑さんは集中が続いて今までで一番の連携を魅せてた。小原がちょいと怪しいバックパスしちゃってたけど1回だけだからいいや。
3バック全員が集中を切らすっていう場面が無かったからね。
ガスパルのクリアミスはいつものことだし(ヲイ)森川のミスが少なかったことが驚き。
にしても小原を借りようと思ったのは誰?あんた良い目してるよぉ~。
マリノスサポが寂しがった気持ちがわかります。あの子、本当に良い選手だもん。フィードはチーム一正確じゃないでしょうか。
後半20分に萬代がペナルティエリア内で接触から転倒。PK????と思ったらシミュレーションで2枚目のイエロー→退場。
うっそぉ~~~ん。前半のイエローが無ければなぁ・・・・。
このシミュレーションも・・・・厳しいなぁ。アウェイだから?いや。それを差し引いても厳しすぎる。実況アナも解説者も困ってたじょ。
10人になり、万事休すかと思われたがあちらの決定力不足に助けられた。さすがJ2。
疲労が溜まってるとはいえパワープレーで点取れないのは山形にとってはかなり痛い。ゴール前でゴチャゴチャして全然シュートが打てないの。あー日本で良かった(笑)
ベガルタは1人足りない状況で引き分けに持ち込んだのだから収穫。精神面での成長が伺える。
ボールをクリアした後GKとDFが拳をつき合わせて良いプレーをしたと互いを褒める。時には洋介が加わることも。段々信頼関係ができあがってきたのね。いいことよ♪

この後Jリーグのオフィシャルサイトを見たら、萬代の一枚目のイエローが審判に対する異議であることがわかりました。
文句言ったようには見えなかったけど。口が動いちゃったのね(^_^;) 若いなぁ。そんなとこまでマルコスの真似しないでちょ。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。