情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003-06-29-Sun-15:55

日本代表OB戦

去年WCが行われたのを記念しての親善試合が宮城スタジアムで行われました。
県の主催で、韓国から水原高校(スウォン・WCの試合会場になった都市)のサッカー部の生徒と元韓国代表の選手たちを招待。
こちらはU-18の宮城県選抜チームと日本代表OBが出場。
梅雨なので天気予報では雨が降ったり止んだりすると言っていたのですが快晴。久しぶりに30度近くまで気温が上がりました。暑かったよぉ~。
高校生の試合は10時キックオフ。私たちは後半が始まるちょっと前から見てました。高校生の試合って生まれて初めて見たんですけど、思ったより上手でした。ちゃんとサッカーになってました。若いからバテないし。3-1で後半が始まり、選手交代でリズムを取り返した韓国が3-3の同点に。そして追いつかれて宮城選抜の気持ちが落ち込み動きが止まったところを韓国が3-4の逆転!
親善試合とは言えやはり選手たちは負けるのは嫌い。
最後の踏ん張りが効きました。
それにしても水分補給の回数が少なすぎ。1度も飲まない選手が殆どでした。今日みたいな炎天下こそ水分を取らないと死んじゃうぅ~。若さにかまけてちゃぁいけません。監督もちゃんと指示してあげないと。試合後の彼らの血液はきっと超ドロドロだったに違いない。まだ育ち盛りの子供だからこそ気をつけてなきゃいけないのよぉ~。
試合よりもそっちが気になってしまいました。

お昼休憩を利用してピッチ上では小学生達を対象としたサッカークリニック。
午後の代表OB戦に出場する元選手達が先生役です。
クリニックと言っても適当にパス練習やってミニゲームやってお終い(笑)
地元、利府高校の吹奏楽部の演奏(何でこの屋外でやらせるのさ。木管楽器が泣くってば(怒))。
ピッチ上では演奏そっちのけで選手達がウォーミングアップ。
なんじゃそりゃ?一体どっちを見ろと・・・・。
その後もいろいろと演目を消化していよいよ代表OB戦のキックオフ。
木村和司ったら始まって10分位でもう腰にて当てて立ち止まってる(笑)
都並も監督目指して南米に修行しに行ったりしてるのに全然動かないし。
あっちで子供たちとサッカーやってたじゃんかぁ~。サボるなぁ~。
田口は太りすぎ。もともと丸い体型だったけど益々丸くなってました。
後半になったら、一度ベンチに退いたはずの木村和司が再び登場。
それってありですか(笑)見てるこっちは楽しいから良いですけど。
CK、FKのチャンスが何度も訪れたのにゴールならず。
やっぱり韓国には勝てない日本でした。あはは(゚▽゚*)
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。