情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-01-23-Mon-11:11

始動。

22日にブラジルから新監督が来仙。日中の最高気温が40度という熱いブラジルから30時間かけてやってきた彼は非常に風格のある男だった。
やや低い声でゆっくりと話すその姿もボスと呼ぶ選手あり、親分と呼ぶサポありと独特の雰囲気を醸し出していた。高い声で話すブラジル人が多い中、彼は珍しく低い声。クラブハウスに着いたのが夜だったのにサングラスかけて登場したからなぁ~(笑)
そしてベガルタをJ1に上げることがミッションだと語った。そーいやゴツェも同じこと言ってたなぁ。
外国人監督を雇う場合はJリーグに書類を提出し、審査に通らないと駄目なんだとか。昨年のうちに打診をしてOKもらってたのに来日が遅くなったのはそのため。他のチームの中にはトレーニングを開始してるとこもあるのでベガルタも急ピッチでとりかからないとまた遅れを取りますぞ。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。