情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-02-04-Sat-23:48

vs Leverkusen

開始2分半にいきなりKahnの見せ場。
左サイドから上がったクロスをパンチでクリア。低いクロスで目の前に何人か選手もいてごちゃごちゃしてましたがボールを良く見てました。流石♪
前半はLeverkusenが積極的で、中盤でのプレッシャーも激しかったためバイヤンはゲームを支配しきれてませんでした。
35分。バラックが胸トラ→左足で隅にゴール。サニョルからの速いクロスも美しかったがバラックのシュートも見事。何気なく決めてましたがあれは難しいじょ。この得点まで全く目立ってなかったバラックですが、その消えっぷりが逆に良かったのかも(笑)

後半は両チームぼろぼろ。試合前からピッチがぼろぼろだったのである程度は仕方無いのですが、ボールキープができずとにかく落ち着かない。相手に取られないようひたすら蹴る蹴る蹴る・・・。65分過ぎ位から少し落ち着いてきてたかなぁ。でもイエローが出始めて険悪に。ただ1人冷静に見つめてたKahnがさりげなくコントロールしてましたがね。
シュバインシュタイガーは決定的チャンスを3度も貰いながら全部失敗(ノ∀`) W杯は大丈夫なんでしょうね?
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。