情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-02-14-Tue-14:18

トリノ五輪(スピードスケート男子500m)

いつのまにか1日で2本滑るルールに変わったんですね。そんなに早く終わらせたいのか(笑)
カナダのテレビ中継の解説はルメイ・ドーン。アメリカの解説はダン・ジャンセンですって。ブースも見たかった!

1本目終えての順位
1位:J.Cheek(34.82)
 100mのタイムが普通なのに34秒台きましたよ!
2位:D.Dorofeyev(35.24)
 100mが9秒72。でも本人不満顔。金メダル候補の1人ですが動きがやや硬かったかな。100mの入りを修正しなければ。
3位:L.K.Seok(35.34)
 韓国代表。バックストレートでイン・アウトのレーンチェンジがスムーズに行かずタイムロス。これが上手くいっていたらもっと速かったでしょう。
4位:及川(35.35)
 フライングを取られました。スロー再生で見てやっと気づく程度の肘の動き。今回のレフェリーはどの選手に対しても厳しい対応です。良く見てるなぁ~。2回目のスタートで飛び出すと100mは9秒59。日本人選手の中で一番動きが滑らかでしたよ。今シーズンのW杯で表彰台に乗った力は伊達じゃない。
びっくり!ユーティーのほっとブログ。。。」をどうぞ。
5位:J.Wotherspoon(35.37)
 世界記録を出したこともあったジェレミーも老けたなぁ~(笑)タイムは悪くないのですがいまいち存在感が無い。うーん。
6位:Y.Fengtong(35.39)
 W杯で行われている100mで表彰台に上がったことがあるという中国の選手。確かに9秒63と速かったです。残り400mはスピードダウンしてしまったけどこのタイム。他の中国代表達も100mだけは速かった。
7位:E.Wennemars(35.46)
8位:D.Lobkov(35.55)




11位:加藤(35.59)
 製氷作業に約8分待たされました。1つ前の組の選手が2人とも転倒し氷に傷がついたため。その様子を加藤が見つめてます。自分が滑るレーンにも傷がついてたもんね。あ。あ。そんな間近で見たら気になって集中切れちゃうよぉ~。この中断の影響か滑りは非常に悪かった。得意のスタートの爆発力が無く100mの入りが9秒8だった。これは痛い。
14位:清水(35.66)
 ピストルの反応はやはりダントツ。だがそれがスピードに繋がらない。100mの入りが9秒67とは彼の中では遅い方です。その後も伸びずにこのタイム。これが今年の清水なんです。五輪で彼を見るのはこれが最後になるだろうから目に焼き付けておきましょう。
15位:長島(35.67)
 一番ガチガチになってたのはこの子でした。最後のコーナーも押さえがきかず膨らんでしまいました。
16位:J.Bos(35.68)
 100mの入りが9秒98とちと遅い。今シーズンはずっと不調だと聞いてます。スカパーで見た欧州スプリントでも1本目は良かったが2本目が駄目。今日もラスト400mの伸びは流石だったけどタイムは平凡。

18位:C.Fitzrandolf(35.78)
 ソルトレイク五輪の金メダリスト。スタートで大失敗してしまいメダルの可能性ゼロ。

2本目の順位
1位:J.Cheek(34.94)
 2本とも34秒台を出したのは彼だけ。完勝です。お見事。
2位:L.K.Seok(35.09)
 この選手も低い姿勢でロケットスタートをするのですが、アジア勢は押しなべて姿勢が低いです。このスタートはアジア勢に合ってるやり方なのでしょうか。最後のコーナーで膨らみましたが一緒に滑ったJ.Cheekに引っ張られたのか良いタイムが出ちゃいました。悔しいぃ~。
3位:D.Dorofeyev(35.17)
 ジェレミーと一緒に滑りましたが彼よりもダイナミックな滑り。だがJ.Cheekが良すぎて銀。ベンチで泣いてたのは悔し涙かな。
4位:加藤(35.19)
 100の入りが9秒66。もうちょっと速く滑りたかったけど1本目の悪さを引きずってしまったかも。
5位:及川(35.21)
 100mの入りがまた速い。9秒59です。一緒に滑った中国のY.Fengtongも飛び出しが良かったので2人で引っ張り合った感じ。


8位:C.Fitzrandolf(35.34)
 2本目はきっちりまとめてきましたね。1本目の失敗が無ければなぁ・・・・。
9位:J.Bos(35.43)
10位:長島(35.47)

 1本目とほとんど変わらぬ滑りとなってしまいました。最後の100mが大きく失速。1000mにもエントリーしてるのでそちらで挽回してください。



17位:J.Wotherspoon(35.68)
 あちゃー。スタート遅かったしコーナーワークも大きく膨らむ始末。どうしたの??
21位:清水(35.78)
 スタートの1歩目が流れました。それが全て。お疲れ様でした。そして有難う。


最終順位
1位:J.Cheek
2位:D.Dorofeyev
3位:L.K.Seok
4位:及川
5位:Y.Fengtong
6位:加藤


9位:J.Wotherspoon

11位:J.Bos
13位:長島
18位:清水
スポンサーサイト

COMMENT



no subject

2006-02-15-Wed-09:34
ウォザースプーンの話題ばかりでしたが(笑)TBありがとうございました。
こちらからも返させてください。
カナダの中継、解説がルメイ・ドーンだったなんて豪華ですね。
なかなか本来の実力が発揮できない、というパターンが多い日本ですが、まだまだ競技は続くので楽しみなところです。
これからの日本選手団と、少しだけカナダの選手も応援したいと思います。

no subject

2006-02-15-Wed-12:44
TBありがとうございます。
期待していたよりは残念な結果に終わってしまった男子500Mですが、ここまでスピードスケート界を引っ張ってくれた清水選手や、次代を担う若手選手たちに拍手を送りたいと思います。
それではコメントにて失礼いたします。

no subject

2006-02-15-Wed-19:00
>10minさん
他の国の解説陣もきっと凄い人たちが集ってたんでしょうね。
世界一を決める戦いはまだ続きます。他の競技も目が話せませんよ。

>???さん
お名前入力忘れてますよー(笑)
清水選手はほんとお疲れ様でしたと言いたいですね。
加藤や及川という次世代の選手が育ちつつあるのでもう無理する必要も無いです。

コメントの投稿

TRACKBACK


2006-02-14-Tue-15:16|日々感動!

メダルは遠い・・・

スピードスケート500m男子期待の条治くんも6位に終わってしまった一発勝負の厳しさだね 金メダル獲れる実力はあるのに・・・清水選手もだめでした・・・そんな中、及川選手が4位に入りました 韓国の選手に抜かれなければ・・・銅いけたけどねよく頑張りました! お
2006-02-14-Tue-22:23|新「とっつあん通信」

惜しい!でも4位の及川選手には希望を見出せた!!

いやぁ今回ほど悔しいものはありませんねぇ(涙)スピードスケート男子500メートル。本日も生観戦であります。スタートのスピードに定評のある及川選手は1回目・2回目ともスタートの100メートルから素晴らしいレースを見せてくれました!一時はトップに立....
2006-02-14-Tue-23:03|炎(ほむら)

スピードスケート・男子500M

●優勝したのは、アメリカのジョーイ・チーク選手。●2位は、ロシアのドミトリー・ドロフェエフ選手。●3位は、韓国のイ・カンソク選手だった。いや~、惜しかった!{/ase/}及川祐選手が0.13秒の差でメダルを逃した。100分の1秒、1000分の1秒に凌ぎを削る競技だ
2006-02-15-Wed-09:35|10 minutes older

トリノ五輪~頑張れジェレミー

昨日のスピードスケート男子500m。なんと、ウォザースプーンがまたしても表彰台を逃した!!メダルだけが全てではないと思うが、実力がある選手なら4年に1度の栄光を掴みたいと思っても当然だろう。彼にとって五輪は鬼門なのか。とりあえず今回は転ばなかった。ホッ。あの
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。