情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-02-17-Fri-00:10

トリノ五輪(スノーボードクロス)

大雪降ってますねぇ~。ここまで多いと「何か」起きそうですね。ウッシッシッシ(笑)おまけに今回のコースは難関コースだとか。X-Gameはこうじゃなきゃ。(いやここは五輪だから)

予選の上位はFont、S.Wescot、Holland、J.Anderson、Huser、Delerue兄弟、にスペイン代表のFontなど。この人は31番スタートでトップタイムを叩き出しました。ワックス何使ってるの?
Delerue兄弟の片方は1月に靭帯断裂してるのに出場してるそうです。うへぇー。そこに立ってるだけで奇跡ですって。勝利への執念ってやつですね。

決勝になったら晴れて太陽が出てきてる。ちぇっ。
第1組でいきなり転倒。来ました♪これです。クロスはこれじゃなきゃ。もっとコケろぉ~(笑)
第2組。予選では31番と遅いスタートだったスペイン代表Fontが2位で逃げ切り。むむ。この人五輪のオフィシャルサイトでもデータが入ってないんですが。ラッキーボーイとなるか。
第3組にいた世界ランキング1位のDelerueがスタートで接触からバランスを崩して3位。必死に追い上げますが3位のまま。なんと大本命がここでサヨナラです。
第6組で滑った日本代表千村は2位で通過。激しい2位争いで、転倒するんじゃないかと思う位の接触もありましたが耐えました。
決勝レースになったら選手をアップで捉えようと張り切りすぎてズームかけるからレース全体が分かりにくい。転倒したすぐ横を他の選手が抜き去るのにそこを写さないでどうするよ!!モーグルとハーフパイプもカメラ下手だったけどクロスもなの!?勘弁してよぉ~。

準々決勝の第1組に千村。レースの序盤にKrassnigとの2位争いで接触し転倒。残念でした。順位決定戦に回ります。この組の1位はS.Wescott。

準決勝は素晴らしいレース!S.WescottとJ.Smithが仲良く通過するかと思えましたが敗退した兄の分も頑張った弟P.Delerueが割って入りました。うひょー!3人がカーブの外側を回ってる隙に内側から来るなんて。良いなぁ。これぞクロス。
もう1つの準決勝はCM中で見れませんでした・・・・・(゚▽゚*)


イタリア代表のTAGLIAFERRIがタリアテッレに聞こえます(笑)


決勝に残った4人:
P.DELERUE(フランス)
S.WESCOTT(アメリカ)
J.Font(スペイン)
R.Zidek(スロバキア)

スタートの飛び出しはZidekとWescott。Zidekがリードを作り先頭を走ります。出遅れたFontがDelerueを抜こうと近づいた時にボードが接触して転倒。その間にZidekとWescottがどんどん先を行きます。2人の距離が離れていたのを連続ジャンプで詰め寄るWescott!間髪入れずコーナーで内から抜くとそのままZidekの行く手を阻みながらゴール。Seth Wescottが初代チャンピオンとなりました。おめでとうぅ~♪




ところでフリースタイルのエアリアルって中継無いの??見当たらないんですけど・・・・・
スポンサーサイト

COMMENT



凄いスピード

2006-02-18-Sat-09:06
ひえ~っ!あのスピードであの狭さでぶつからない方が不思議なくらいですよ~。
もちっと広~くしたら...つまんないか...。
決勝でウェスコットが抜いた所、凄かったですね。
クロス観戦、面白かったです!

楽しかった♪

2006-02-18-Sat-11:57
やはりSethは強かったです。昨シーズンの好調を維持してましたね。
普段のX-Gameではもっと狭いコースを滑ることもあるんですよ。
そこに大柄な男性4人がつっこむんだからそれはもうEXCITING!!

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。