情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-05-Wed-13:16

50代の女子大生

3月31日放送された東北放送TBCの独自取材による特別番組。
横審の内館牧子が相撲研究のため通った東北大学大学院での3年間を追いかける。と言いながら、過去にTBCニュースで放送に使った映像が幾度も出てきました。使い回すなっ!
でもナレーションはあの羽佐間道夫なのよねぇ~。ああ、ハンニバル♪

・週刊朝日での連載で相撲について書いてるよ。
・去年は「汚れた舌」というドラマの脚本書いたよ。
ってな彼女の紹介的なことから始まり、トンペーに入学したいきさつについて・・・

何故今相撲の研究を?
きっかけは男女共同参画を相撲の世界に当てはめ「土俵の女性が上がれないのはおかしい」と叫ぶ女性政治家が出たため。大阪府知事もその中の1人。
内館:あんなに土俵に上がる上がるって言い出したから、誰にも言われてないけど土俵を守んなくちゃって立ち上がったの。

大学に住み着いたニャンコ「トンペイ」に煮干をあげる姿が。赤坂で買ってきた煮干だぞぉと言いながら食べさせるのですが撫で方がぎこちないぞ(笑)飼ったことないだろー。でも動物は好きそうだ。

相撲部の監督就任(エントリクローズアップ東北も参照下さい)
05年相撲部の監督に就任した彼女。部員4人と廃部の危機だった相撲部に有名人が監督についたということですぐ10人に増えました。といっても自前の土俵が無いので近くの私大の土俵を借りての稽古です。彼女は相撲を取ったことはありませんが、四股は邪気を払う意味があるんだなど知識でサポート。部長も「精神的柱」と語ります。
監督就任後初の大会。昨年は最下位だったが・・・今年は団体戦で4位入賞♪「楽天と東北大のどっちが先に優勝するかったら東北大よね(笑)」

2005年6月
東日本学生相撲選手権大会。私大国公立合わせて23校が出場。この大会でも昨年は1回戦敗退でした。今年は部員達の積極的な相撲に笑顔の監督。Cクラスですが団体戦初優勝をとげたのです。
母校日大の応援に駆けつけた高見盛を見つけてTBCがすかさずインタビュー。「確かに大きい方が有利ですけどね。体が小さくてもいい部分はありますから、次はBクラス、Aクラスと頑張ってください」

卒論を書くための取材ということで、相撲教習所で行われている新弟子向けの授業を半年間見学してました。(エントリ"内館牧子の教習所通い"も参照してください。)力士以外の人間が参加するのは初。
相撲に対する意識をアンケート調査。「文献持ってきて赤線引いて・・っていうのだけじゃ認められない。フィールドワークを大事にするから、大変!」とか言いながら相撲部の学生達と広瀬川で芋煮会に興じる内館女史。監督だからどっしり構えてればいいものを気がつくと仕切ってたそうな(笑)
内館:仙台好きなのね。こんなにいいとこだと思って、そのたびに怒って、どっぷり良さに遣ってる人は分からないでしょ。新鮮な野菜が安いとかかわらで芋煮会をやることの凄さとか。東京じゃできないでしょ。秋川渓谷までいけばできなくもないけどさ。そう考えた時に、あそこで場所取りやって秋刀魚焼いたり芋煮たりという気持ちのよさね。暗くなったら残りの食材抱えて学校に帰る・・・あれは(東京には)無いですよね。

12月下旬が締め切りの論文のためスパート。「10得たものを1にするのが論文。創作は1を10にする作業だから。物凄く気を遣う。」とか。12月に滑り込みセーフで論文を提出。手書き原稿をワープロで打ちなおして製本して提出。博物館で資料をコピーしたり、自分で土俵祭りや作ってるとこにお邪魔して撮影し、張り付けるという作業もしてました。
タイトルは「土俵と言う聖域~大相撲における宗教学的考察~」土俵は守るべき聖域という考えの裏づけを原稿用紙300枚に綴ったもの。

その論文を読みたいんですけど。凄く読みたいんですけど。そして太田府知事にも読んで欲しいんですけど。どうにかなりません?
スポンサーサイト

COMMENT



no subject

2006-04-05-Wed-13:31
こんにちは。彼女の性格はさておき、彼女の相撲に対する思いは凄く好きです。同じ意見ではない部分もありますが、私は彼女を支持しています。さてその論文。私も興味があります。大学院ですよね?修士課程ですか?それとも博士?ここらへんにもよると思うのですが・・・。日本の事はちょっと詳しくない私。海外だと博士号の論文なら一般人でも誰でも製本されて閲覧可能なんですけど・・・。非常に呼んでみたいですね。どんな結論なのか。気になります。

興味あります。

2006-04-05-Wed-13:58
すごく読みたい、ってほどじゃないけど、機会があったら読んでみたいです。

素晴らしく公平な人間ではないけれど、しがらみが無さそうで、言いたいことが言える(言っても許される)立場だと思うので、活発に活動して欲しい一人です。

2006-04-05-Wed-13:59
>Gacktohさん
今回は修士課程です。いずれ博士課程に進みたいと言ってました。
私も論文の閲覧はよく分からないです。
中村部屋のおかみさんが本を出してますが、それは修士号を取ったときに書いた論文が元になってるはず。論文そのものではなかったような・・・。
そのまんまを世に出すのは駄目なのかも。んーでも読みたい。

>ちょきさん
他の横審メンバーを見ても、彼女ほど活発に意見を出してる人は見当たらないものね。
単なるミーハーおばさんがこうなるとは。いやはや(笑)

見たかったです

2006-04-05-Wed-22:56
へぇ~・・・内舘さんが相撲部の監督に就任というニュースは知っていましたが、この番組見てみたかったです。彼女の発言はたまに?という時もあるけれど、ズバズバ言いたいことを言ってくれるので胸がすっきりする時が多いです。論文も読んでみたい・・・

ちょっと見直した。

2006-04-05-Wed-23:41
内舘女史ってご自身の好き嫌いでモノを語るイメージが強くて好きじゃなかったんですが、論文のテーマの趣旨は物凄く共感できそうな気がします。うおー、読んでみたい!
太田知事はじめジェンダーフリー団体にもお勧めしたいですね♪

2006-04-06-Thu-13:44
>ぷりとちさん
歯に衣着せぬとはまさに彼女の口のこと。論文はどんな切り口で結論を引き出してるんでしょうね。

>ケイミックスさん
太田府知事とは是非サシで対決してもらいたいもんです(笑)

no subject

2006-04-06-Thu-14:48
随分前に廃部寸前の相撲部の監督になったっていうのはTVで見ました
相撲取ったことのない監督~顧問ならわかるけどと思ったような気がします
大学院に入学して論文まで書いてるとは・・
審査通ってからなら東北大の図書室で閲覧できると思いますよね
内舘さんなら文章はお手の物だから読みやすそうです
そのうち教授とかになってそうw そうしたらSUSANさん聴講できますよ

聴講!

2006-04-06-Thu-17:54
秋田の大学で講義をやるという記事が「Diary」にあったはず。
でも秋田まで行けませんわぁ~ヽ( ´ー`)ノ
確かに相撲を取ったことのない人ですが、
普段は私大の相撲部と合同になることが多いのでどうにかなっちゃってるみたい(笑)

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。