情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-08-Sat-16:42

ベガルタvsザスパ草津

開幕戦でウェイながら降格組のV神戸に3-0の大勝をしたのにその後星が上がらず下位に低迷している草津との試合。
草津はうちの前線に並ぶブラジリアントリオにマンマークをつける作戦。あまりの張り付き具合にボルジェスが早速睨みつける。自分の目を指差しながら何か話しかけていたが、草津のDFは笑って流すだけ(そりゃそーだ)それを見た主審が心配して駆け寄ってました。何もお咎めは無かったけどさ。あの張り付きはサッカーじゃねーだろ。何の競技やりにきたの?気分良くなかったなぁ~。それだけうちの前線に力があるということなんだろうけど、ルール違反しないぎりぎりなら何しても良いという訳じゃない。
うちが無得点に終わってしまった悔しさよりも、怒らせることが目的でピッチに立った草津の選手に対する悲しさが際立つ試合でした。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。