情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-12-Wed-16:22

新刊

大相撲国際化を論ずる愚かさ
著者名:赤嶺 逸男
出版社名:日本文学館

さて、この本はどんな内容なんでしょう?
そのうち書店でパラパラめくってみたいと思います。気に入ったら買うかも。
スポンサーサイト

COMMENT



no subject

2006-04-12-Wed-20:02
こんばんは。感想待ちます。よろしくどうぞ。

こんちわ。

2006-04-13-Thu-11:45
そう言われたら買わなきゃいけなくなっちゃうじゃないですか(笑)

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。