情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-18-Tue-22:49

ベガルタvs東京V1969(3-0)

得点・失点ともに大量のヴェルディと対戦。監督がラモス?コーチに都並?だから何。実際にピッチに立つのは彼らじゃない。
それより水曜じゃなく火曜日開催なんだけど先週の土曜に続いてホームで連戦できるという幸運♪また次の土曜日に試合があるけど山形でダービーだから移動はそんなに辛くないのだ。ふっへっへ(笑)
更に、解説の渡辺一平ちゃんに随分褒められたから嬉しくて嬉しくて。昨年一昨年と恨みでもあるのか?と思うほどベガルタに対して辛口だった一平ちゃんが今日は褒めてたよ。

試合直前の選手コールでキンちゃんと洋介を間違ったことは全国に晒されてるから安心しろ( ̄m ̄*)
ったく。ベンチスタートの洋介コールが始まったからキンちゃんに何かあったのかと思ったじゃないかぁ~。
前半開始10分くらいまではヴェルディ優勢。相変わらず相手に主導権を握られる仙台はもうこれがデフォルトと考えるしかないのかな・・・(^_^;)バジーリオを中心としたPA付近での組み立ては要注意。
27分にキンちゃんにロングボールいれたのはクマかな?キンちゃんはもらってすぐ前をむいたけどシュートするかボルジェスに渡すか考えちゃったかも。すぐシュート打っても面白かったんだけどなぁ。これを口火にベガルタの時間帯が暫く続きました。キンちゃんとロペスのワンツー、CK3本。でもあと1歩でヴェルディに守られます。
ボールを持った直樹が平本のタックルに倒された。が今日はやたら流しまくる岡野主審はこのプレーもやっぱり無視。直樹はすぐさま起き上がると手を上手に使ってカウンターを阻止。直樹ってばここ2年ほどで凄く成長したなぁ~。
ここからまた暫くヴェルディ優勢の展開に。チアゴが簡単にボールを失う場面が目立ちます。逆にロペスは疲れて正座しながらもプレスしに行っていた。らしくないよ(コラ)もっと走り回れば良いのにと思ってたけど考え方を改めようと思います。君はもっと堂々と歩いて構わない。バイエルン・ミュンヘンの試合中にのんびり散歩するバラックを見てればロペスのトボトボ歩きなんてへっちゃらよ(笑)
ファウルをもらってリスタートは千葉直樹→ロペスのヘッド→中央のキンちゃんが足の裏で落とす→ヴェルディDFがクリアし損ねたところを梁がボールを奪ってまっすぐゴールへ向かってドリブル→GOAL!
すぐ傍にボルジェスがいたので守る側は見るべき人間が2人。人数は揃っていたのですが梁の強引なドリブルについていくだけになってました。本人曰く、右足が痛いから左足で振りぬいたそうで。ロスタイムに入ってからのこの得点は両チームに大きく影響を与えたようです。

後半は前線のブラジリアントリオが元気です(笑)先制点をあげると途端に張り切って仕事をするのが特徴。絵に描いたように張り切るからかなり笑えるんだけど、ひょっとして得点数に応じて能力給が増える契約してる?
2点目は55分。中盤でロペスがインターセプト→チアゴがボルジェスへロングフィード→DFの裏をついたボルジェスがシュート。という流れ。どんなにガイジン頼みと言われようが、彼らの能力はこれだけ高いのだ。ゴールへの最短距離を素早く測る能力にたけているのですよ。
57分に梁が下がって私だけの♥ 洋介投入ぅ~♪前節足を痛めてましたがもう大丈夫みたい。良かったぁ。バジーリオ封じに奔走したり、ロペスへのフィード有り、3点目のデータに残らないアシスト有りと活躍しました。圧巻だったのは60分くらい(多分)スライディングで平井を阻止したところ。その後ボールがまだ出てないことを確認するや立ち上がってチアゴへパス。自分も再度を駆け上がってフリーで貰おうと両手を広げるも・・・完全無視(笑)洋介ぇ~。チアゴが中央突破を選択したのは仕方ないと思うよ。今まで見てきて、啓太も同じ場面でことごとくスルーされてたもん。私はロペスとチアゴがサイドへボールを叩く場面と叩かない場面との違いが段々わかってきたぞ。けどうちのSBはまだ理解しきってないみたいです。
駄目押しの3点目はチアゴ。中盤でロペスがボールを奪うとヴェルディの守備をひらりひらりと交わしスルーパスに外側から走りこんできたチアゴが押し込んだ。この2人の間から洋介が頭を出していたんだけどアイコンタクトでチアゴに譲ったの。ヴェルディのGKにとっては目の前に2人いるもんだからやりづらかったはず。ボルジェスがもともと1トップぎみにいたしその横からクマも上がってきてた。嘘だ。PAに4人も選手が詰めてるなんてありえない(゚▽゚*)守るときは自陣に選手がひしめき合ってコースを潰すのにそこから素早く攻めあがるなんて。うーん。昨年のゆったりサッカーやってたチームとは思えません。

この後前がかりになったヴェルディの攻撃を体を張って防いだ守備陣に拍手。サンドバッグのように体全部で防いでたもん。5試合連続無失点はチーム新記録だそうです。これもありえない。ほんとに君達はベガルタなのか?守備がアレながらも高い得点能力でカバーしてきたヴェルディを無得点に抑えるという誇らしい結果に満足です。
そして得失点差が+11ってあんた、ダントツ1位だよ。9試合やってこんなにプラスだなんて。嬉しくって泣けてくらぁ。・゚・(ノд`)・゚・。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。