情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-16-Fri-00:20

W杯:コスタリカ-エクアドル

エクアドルが終始自分達のペースで試合を進めてコスタリカに勝利。ドイツとともに一次リーグ突破が決まりました。
エクアドルは強くなったなぁ~。前回大会は宮城スタジアムでメキシコとの試合を生観戦しました。あの時は失点しただけで選手もサポーターも意気消沈してしまい、国際舞台での経験不足が色濃く出てしまっていました。あれから4年の月日を経てエクアドルは成長した姿を我々に見せてくれたのです。最初のポーランド戦では細かく指示の行き届いた守備で勝利。そこで自信を得たエクアドルは今日の試合でピッチを大きく使った攻撃を披露。コスタリカのスター選手ワンチョペを見事に押さえ込み無失点で決勝トーナメント進出です。

試合の最中に聞こえてきた三拍子のリズム。エクアドルのサポーターがSi se puede!(やればできる)と言っていたのかしら?これは前回初出場を決めた時の合言葉。標高2800mのエクアドルはホームでは相手チームが息切れするおかげで勝てるけどアウェーではからっきし弱いと言われ(実際その通りだったしぃ・・・)予選もなかなか勝ち点を積み重ねることが出来ませんでした。そんな自分達でも頑張ればできるんだ!ってことでどこかの高校の校歌みたいに(笑)WCへ乗り込んだわけですよ。それを思うと私の胸が熱くなるのです。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。