情の道

大相撲とベガルタ仙台が生活の中心。

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-21-Fri-23:57

コパ・リベルタドーレス杯準々決勝:LIBERTAD-RIVER PLATE

リベルタードは国内リーグが既に始まってますが、この試合のために1試合ずらしたそうです。

立ち上がりからホームのリーベル・プレートがパスを回せない。意外と押されてます。
12分、リベルタードにチャンス。FWロペスのヘッドがGKの正面へ。なかなか威力があったので1点入ってもおかしくなかった決定的場面。リーベルは右サイドのマークが手薄になった瞬間でした。
16分。ボネからロペスへのヘッドでリベルターが先制。今度はリーベルが左サイドをやられました。ロペスのヘッドは大きく弧を描いてゴールの隅へ。GKが手を伸ばさずに普通に見送ったらストンと入ってしまった格好。追うのをやめたのではずれるんかいなぁと私も気を抜いてたのでちょっとビックリ。
40分にリベルタードが2点目を追加。これきっついわぁ~。前半はとにかくリーベルのシュートが無い。一応枠内シュートは3本と表示が出てましたが記憶に残らない・・・・。今日の2トップは18歳と19歳の若者らしい。
後半開始早々にリーベルにチャンス!交代で入ったファリアスはわずかにオフサイド。解説の金田のおじちゃんも「ヨッシャー!!」と喜んだのに(笑)
選手交代の効果が出たと思ったのもつかの間。直後に中盤でのパスミスからリベルターに3点目を決められてしまいました(゚▽゚*) クロスはグラウンダーで難しいボールだった。リベロスのマークの振り切り方も上手かった。
そして、点差がついてウハウハなのはリベルタードのサポ達。歌うだけじゃ飽き足らず、物を投げ込み始めました。リーベルのCKではガジャロがターゲット。でも頑張るリーベルの選手達でしたが・・・・。ガジャロが一発レッドで退場してしまい、終了。

80分過ぎた頃からバックスタンドの観客が徐々にエキサイト。きっかけはわかりませんが、煽り合いが大きくなり機動隊突入。大きな盾と催涙弾を掲げて威嚇しますが、それで収まるような人達じゃない。逆に飛び掛ってくる習性があります。リーベルのサポーターが青くて四角い板ようなものを機動隊に向かって投げつけてます。また椅子壊したなぁ~。おまけに弾幕燃えてるし(笑)
試合は中断し、全員ピッチサイドに避難。審判たちが話し合った結果試合はこのまま終了させることに決定。

1stLegは2-2のドローだったため準決勝進出はLIBERTADになりました。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。